あなたの「いいね」で「和」を世界へ

知って納得!オトナ女子の教養講座♡日本の伝統文様に注目!

かわいい〜!と思って買ったあの小物の柄。その柄、その文様にも、実は、ちゃ〜んとした名前と意味があるって知ってました〜?今回は、お慶びの席や、お祝いごとにふさわしい吉祥文様(きっしょうもんよう)や有職文様など縁起のいい日本古来の伝統文様につ…

ひんやり澄んだ秋夜はロマンチックな宮津のあかりイベントへ❤

急に寒くなり一気に秋が来た気がしますね。さて、今回は深まる秋に出かけたい宮津市で行われるロマンチックなイベント2つをご紹介! 1つは、ひんやりと澄んだ夜空に映える「ふゆ花火」。これから迎える冬を告げる花火大会です。秋冬の花火って、実は夏より…

心ときめく京文具&秘境の紅葉を訪ねて~黒谷和紙ともみじ祭~

今回はオール手漉き和紙で作られたこだわりの京文具と秘境のもみじをご紹介。 京都府綾部市の山間に、「日本一強い紙」といわれる黒谷和紙を生産する集落・黒谷があります。 秋の黒谷の紅葉を愛でつつ、心ときめく京文具ショッピングも楽しんじゃいましょう …

増殖する行列!?ウン千万の鎧!〜時代祭のヒミツ〜

京都三大祭の一つ・時代祭。例年、10月22日に行われる、秋の京都の風物詩です。各時代の装束に身を包んだ約2000人が、およそ2kmにわたって都大路を練り歩くビッグイベントとあって、毎年多くの人が観覧に訪れるのですが……。 残念なことに、今年は台風21号の…

もはや芸術!職人の手から生まれる夏の和菓子を堪能する

まるで魔法のように職人さんの手の中から生まれる美しい和菓子たち。この芸術ともいえる手技を間近で見てみたいと思いませんか? そんなわけで今回は江戸時代創業の老舗和菓子店・亀屋良長さんを取材。8月の生菓子の中から「朝顔」と「夏まつり」を実際に作…

夏の夜空を焦がす祈りの火—京都 五山送り火—

8月16日の午後8時——。町を囲む山影がすっかり闇に溶け込むと、東の空に赤い線が灯り始める。刻一刻と表情を変えながら、静かに浮かび上がるのは、力強い「大」の文字。京都市に夏の終わりを告げる「五山の送り火」の始まりだ。 「五山の送り火」は、お盆に…

お稚児さんは歩かない!? パンツは白! 〜祇園祭のヒミツ〜

7月の京都といえば、もちろん「祇園祭」。 町中にコンチキチン♪とお囃子が流れると、京都人はウキウキそわそわ。お店のディスプレイなども祇園祭仕様に変えられ、市街地はお祭りムード一色に包まれます。 日本三大祭の一つにも数えられ、今や海外にも知られ…

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!