読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの「いいね」で「和」を世界へ

地元の味を気軽に楽しもう♪ Hotほっとご当地ラーメン5選

 寒さ厳しい日にこそ食べたくなる、湯気が立ち上る熱〜いラーメン。食べると体が芯からポカポカ温まり、思わずほうっと溜息が出ちゃいますよね。
 今回はそんな冬のご馳走・ラーメンの中でも、京都の特産品を使ったご当地ラーメンや、その店でしか味わえない、ちょっと変わった一杯をご紹介。旅先でのゴージャスなグルメもいいけれど、気軽に食べられるラーメンで、地元の味を味わってみませんか?

 

カニ雑炊とラーメンが……器の中で出会っちゃいました♥

中華小僧 安安

蟹飯麺 蟹みそ付き(950円)

f:id:kyotoside_writer:20170124083628j:plain

 冬の丹後グルメといえば、やっぱりカニ! 丹後半島の付け根、京丹後市網野町にある安安には、ズワイガニを使った変わり種の麺料理があります。そのメニューの名は「蟹飯麺(かにはんめん)」。一見したところはカニ雑炊……しかしその実態はラーメン!? というなんとも不思議なこの料理。「単体では小さくて商品価値が低いズワイガニの小指を使って京都丹後のソウルフードになるような料理はできないか」と、試行錯誤した結果生まれました。
 ベースのスープは、鶏ガラと数種類の野菜を煮込んだあっさり仕上げ。これにカニ身とご飯を入れて塩味をつけ、刻みネギと溶き卵を加えてとろみをつければ、雑炊風スープの出来上がり。茹で上がった麺にかければ、アツアツとろとろの蟹飯麺が完成です。麺は市内で作られた喉越しの良い細麺の玉子麺。お米も京丹後産のコシヒカリと、丹後の海・里の味覚ががっつり詰まったこの一杯。「片手に箸、片手にレンゲでカニのように食べていただければ(笑)」とのこと。カニ味噌は別の容器で出されるので、少しずつ加えれば味の変化も楽しめます。

f:id:kyotoside_writer:20170124083708j:plain f:id:kyotoside_writer:20170124083738j:plain

中華小僧 安安
京丹後市網野町網野54
0772-72-3666
11:00〜24:00
不定休
http://www5.nkansai.ne.jp/res/anan/

 

地元高校とコラボした、日本海の恵み満載の煮込みラーメン

松井物産本店

海洋高校ブイヤベースラーメン(1,200円)

f:id:kyotoside_writer:20170124083919j:plain

 天橋立のビュースポットとして知られる傘松公園行きのケーブルカー駅前にあるドライブイン。地元の土産を販売する他、レストランでは京丹後の味覚を味わうことができます。
 こちらでぜひ注目したいのは、「うまいもん甲子園 2015」で準優勝した京都府立海洋高校のブイヤベースラーメンを基に作られた一杯……その名も「海洋高校ブイヤベースラーメン」です。海洋高校のレシピでスープのベースを作ったら、そこにセコガニ・モサエビ・ブリやタイのあらなどをローストしてin! 魚介のエキスを存分に引き出した、よりコクと旨味のあるスープに仕上げられています。鍋で出される煮込みラーメンなので、麺は京都の老舗「麺屋棣鄂」の伸びにくい特別麺を使用。具材も丹後の海の幸が満載で、どんっとのせられたセコガニは迫力満点です。
 食べる際は、6種のトッピング(とんがらしにんにくラー油・すりおろし生姜・マーガリン・世屋みそ・カットレモン・小口ネギの)を駆使しながら、いろんな味を楽しみましょう。なお、大変手の込んだこの一杯は、1日10食の限定販売。味わいたい人はお早めに。

f:id:kyotoside_writer:20170124084031p:plain f:id:kyotoside_writer:20170124084122j:plain

松井物産本店
宮津市大垣48
0772-27-0028
11:00~14:00(物販は8:30〜16:30)
無休
http://www.kkmatsui.com

 

丹波名産の黒豆×薬膳素材で「元気の出るラーメン」

レストラン桂川(スプリングスひよし内)

黒豆豆乳薬膳ラーメン(1,058円)

f:id:kyotoside_writer:20170124084659j:plain

 京都屈指の観光地・嵐山を流れる桂川(大堰川)上流、京都府のちょうど真ん中、南丹市日吉町に造られた日吉ダム。その直下には、日帰り温泉や一年を通じ利用できる温水プール、家族や友達とバーベキューを楽しめる施設などを併設する複合施設道の駅「スプリングスひよし」があります。
 館内のレストラン桂川は、京都丹波の地元食材を活かしたさまざまな料理が味わえる食事処。カレーで天若湖を、ライスでダムを表現した名物の「日吉ダムカレー」のほか、「黒豆豆乳薬膳ラーメン」も人気を集めています。
 こちらのラーメンは、消化吸収のよい国産小麦のちぢれ麺と、薬膳素材を組み合わせた「元気の出るラーメン」。スープは、肉系と魚介系出汁のWスープに黒豆豆乳を合わせたパイタン風味の「白スープ」、じっくり程よく焦がしたニンニクの香りとコクが食欲をそそる「黒スープ」、花椒・山椒・唐辛子をブレンドした火鍋テイストの「赤スープ」の3種から選べます。トッピングはチャーシュー・九条ネギ・金針菜・美山平飼玉子・炒り黒豆。黒豆豆乳のコクと旨味が楽しめるうえ、薬膳素材も加わり病みつきになるオススメの逸品です。

f:id:kyotoside_writer:20170124084221j:plain f:id:kyotoside_writer:20170124084304j:plain

レストラン桂川
所在地 南丹市日吉町中宮ノ向8 スプリングスひよし内
代表番号 0771-72-1526
レストラン営業時間 11:00〜19:00(18:00LO) ※3〜11月は〜20:00(19:00LO)
※施設により営業時間は異なります。
定休日 水曜(祝日の場合翌日)、12月30・31日
HP www.springs-hiyoshi.co.jp

 

これぞ山里のラーメン! 猪肉のあっさりした脂の旨味が絶妙

ラーメン専門店 キャプテン

いのししラーメン(1,290円)

f:id:kyotoside_writer:20170124091130j:plain

 所在地は地域の9割以上が森林という、緑豊かな山里・京北町。京都駅からはJRバスで1時間強。比較的たどり着きやすい秘境ラーメンとして親しまれているのが、「ラーメン専門店 キャプテン」です。
 こちらの名物は、地元産の猪肉のチャーシューと九条ネギをトッピングした「いのししラーメン」。京丹波一帯で獲れる新鮮な猪は、ドングリやトチの実などの木の実を多く食べて育っているので、脂身がおいしく、気になる匂いもないとのこと。例えるなら、猪界のイベリコ豚(?) ビタミンや不飽和脂肪酸を豊富に含むので、疲労回復にもオススメです。
 麺は中細のストレート麺。ベースのスープは、猪肉・豚肉の端肉とゼラチン質の少ない豚の背骨、上質な背脂を使い、あっさり系に。味は醤油・味噌・味噌とんこつ・塩の4種類から選べ、野趣あふれる中にもさっぱりした脂の旨味が楽しめます。
 また、西の鯖街道沿いに位置することから、昨年からは「へしこラーメン」も登場。能登生まれの魚醤油・いしるなどを使った、魚介系スープのこのラーメンもぜひお試しを。

f:id:kyotoside_writer:20170124091353j:plain f:id:kyotoside_writer:20170124091451j:plain

ラーメン専門店 キャプテン
京都市右京区京北細野町下の垣内17
075-852-0489
11:00~19:30
水曜休
http://kww.jp/cap/

 

まるで粕汁!? 酒造の町ならではの体ポカポカ酒粕ラーメン

玄屋

酒粕ラーメン(800円)

f:id:kyotoside_writer:20170124085602j:plain

 良質で豊富な地下水が湧き、昔から酒処として栄えてきた伏見。現在も20ほどの酒蔵が集まり、それぞれに味わい豊かな日本酒を醸しています。そんな伏見のご当地ラーメンとして知られるのが、玄屋の「酒粕拉麺(さけかすラーメン)」。地元の酒蔵・月桂冠の酒粕を使った、個性派の一杯です。
 一見すると味噌ラーメンのようなビジュアルですが、器を前にすると感じる圧倒的な酒粕の存在感。湯気とともに芳醇な優しい香りが立ち上り、思わず食欲がそそられます。鶏ガラと豚骨のスープをベースに、酒粕と醤油で味付けしたスープは、とろみがあってまろやか。細めのストレート麺によく絡み、酒粕のコクと旨味が存分に楽しめます。
 盛られた具材は、大根の千切りと細切りの油揚げ、ネギ、チャーシューと、和風ラーメンならではの取り合わせ。豚モモ肉を使ったーチャーシューは薄めながらもしっとりとして食べ応えがあります。テーブルに備え付けの七味やゴマをかけて、味を変えながら食べるのが通。アルコール分はしっかり飛ばされているので、お子さんでも味わえます。 

 f:id:kyotoside_writer:20170124085735j:plain f:id:kyotoside_writer:20170124085830j:plain

玄屋
京都市伏見区東組町698 パークテラス桃山 1F
075-602-1492
11:30~19:30
木曜休(臨時休業あり)

profile

村岡真千子

おいしいものが好きです。中でもラーメンはベスト3に入るほど大好きです。凍えた体をほっこり溶かしてくれるおいしい湯気!そして五臓六腑に染み渡る熱々のスープ!!く〜たまりません。長めのお休みが取れたら、各地の逸品を求めて「ラーメン旅」がしてみたいです。

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved