読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの「いいね」で「和」を世界へ

食卓の笑顔を守る!! レトルト戦隊☆カレーンジャー5

ウマイ 森の京都 海の京都 お茶の京都

f:id:kyotoside_writer:20170128142848j:plain

さっぱり系のレッド! 渋さが光るグリーン☆ 癒し系のイエロー♡ 意外性抜群のホワイト♪ パワフルなブラック!!
僕たち揃って……「レトルト戦隊☆カレーンジャー5(ファイブ)」!!!!!
“今日の献立かいじゅう”、“ちょっとしたお土産おとこ” etc、みんなを日々困らせる怪人たちと戦う、正義のヒーローさ。
調理が手軽なうえにかさばらない! 京都のおいしい食材をぎゅっと詰め込んだ、ステキなカレーで、今日も食卓の笑顔を守るんだ!

賀茂とまとカレー

f:id:kyotoside_writer:20170128142958p:plain

大地のエネルギーが力の源! さっぱり系のナイスガイ

f:id:kyotoside_writer:20170128143120j:plain
 農産物を通じて“五感で感じるおいしさ”や四季、京都の食文化を伝え続ける「京野菜かね正」。本社がある上賀茂周辺には京野菜農家が多いことから、「地場ものを使ったカレーを作りたい」と、このカレーが開発されました。
 使用するトマトは、受粉作業を蜂に任せ、厳選農家が丹精込めて作った「賀茂とまと」。木で完熟させて収穫するため味が濃く、甘みと酸味のバランスが秀逸な上賀茂自慢のトマトです。そんな大地の恵みと鳥ひき肉を合わせて仕上げた「賀茂とまとカレー」は、ポタージュのようにさらっとした口当たりで、後を引くトマトの程よい酸味が◎ トマトやナスなどの野菜をトッピングして食べると、さらにおいしくいただけます。購入は京野菜かね正 通販サイトから。


f:id:kyotoside_writer:20170128151728j:plain 賀茂とまとカレー 540円(販売元:京野菜かね正)

宇治抹茶カレー

f:id:kyotoside_writer:20170128145556p:plain

大切にしたい和のココロ……気合の入ったMr.いぶし銀

f:id:kyotoside_writer:20170128150425j:plain

 香料・着色料は不使用、ブレンドした抹茶は数種類!見た目にもインパクト抜群なこのカレーは、宇治茶の老舗・伊藤久右衛門が生み出した、まさに“お茶屋さんにしか作れないカレー”です。袋を開けた瞬間に分かる宇治抹茶の豊かな香りと、抹茶そのものともいえる鮮やかな色。これらを際立たせるために、費やした歳月はなんと1年。「抹茶の種類や配合の量、スパイスとのバランスなど、試行錯誤を繰り返しました」との言葉通り、絶妙なバランスに仕上げられています。具材はカレーらしく、国産の鶏肉・ニンジン・ジャガイモがゴロッと。スパイスの香りの中にのぞく抹茶のほろ苦さがクセになる……オトナ向けの味わいです。購入は伊藤久右衛門各店ほか、公式オンラインショップ、電話(0120-27-3993)でも注文可(送料別途)。

f:id:kyotoside_writer:20170128151925j:plain 宇治抹茶カレー 540円(販売元:伊藤久右衛門)

まいづる海軍金曜日カレー

f:id:kyotoside_writer:20170128145753p:plain

お母さんのような優しさで、相手をほっこりノックアウト

f:id:kyotoside_writer:20170128150452j:plain

 長い航海で曜日感覚を失わないよう、海上自衛隊の金曜日の献立はカレーライス——というのは有名な話。しかしこのカレーはその習慣から生まれながらも、ほかとは一味違います。ゴロゴロと入った具材は、ジャガイモ・ニンジン・タマネギ・牛肉に……ん?こんにゃく?? 一般的な具沢山カレーの見た目ながら、味のベースは和食の定番のアレ!そう、舞鶴の旧海軍が発祥ともいわれる肉じゃがとコラボした、まさかの“おふくろの味的カレー”なのです。カレー自体は刺激の少ない優しい味わい。そして具材を噛み締めれば確かに感じます。ほっと和むあの味わい、そう、甘辛い肉じゃが感を!舞鶴のご当地色満開のこのカレーは、舞鶴赤レンガパーク内のまいづる智恵蔵舞鶴港とれとれセンター内の夢やで販売中です。



f:id:kyotoside_writer:20170128151931j:plain まいづる海軍金曜日カレー 648円(販売元:まいづる興産)

美山牛乳カレー

f:id:kyotoside_writer:20170128145727p:plain

意外性No.1 !? チャレンジ精神旺盛な、やんちゃボーイ

f:id:kyotoside_writer:20170128150520j:plain

 白いルーに浮かぶのは、ジャガイモ・ニンジン・タマネギ、ショウガ……誰が見ても「ホワイトシチュー」なこの一皿。しかしてその実態は、美山牛乳を使った紛うことなきカレーなのです!作ったのは、かやぶきの里として知られる南丹市美山町の「美山ふるさと株式会社」。特産品である美山牛乳の消費拡大を願って開発された、森の京都のご当地カレーです。食べた瞬間に広がるのは牛乳のマイルドな風味と甘味。しかし後からスパイスの風味が追いかけ、舌をピリリと刺激します。ご飯はもちろん、パンに合わせたり、チーズをかけてグラタン風「焼きカレー」にするのもオススメ。美山町自然文化村の売店、道の駅「ふらっと美山」、美山のめぐみ牛乳工房(イオンモール京都桂川店)で直接購入できるほか、電話(0771-75-0815)でも取り寄せ可能です。



f:id:kyotoside_writer:20170128151937j:plain 美山牛乳カレー 540円(販売元:美山ふるさと株式会社)

京都水族館「京都海カレー」

f:id:kyotoside_writer:20170128145725p:plain

必殺技はイカスミパンチ!力強い頼れるお兄さん

f:id:kyotoside_writer:20170128150546j:plain

 「水と共につながる、いのち。」をコンセプトに、親しみやすい展示で人気を博す京都水族館。“山あり・海あり・文化あり”の京都の水族館ならではのものを、と開発された人気商品が「京都海カレー」「京都山カレー」「京都焼鯖カレー」のカレー3部作です。その中から今回は、黒褐色で見た目も珍しい「京都海カレー」をご紹介。
 封を開ければほわっと香る、豊かな海の薫り。それもそのはず、このカレーには宮津湾で水揚げされたスルメイカがふんだんに使われており、具材もスルメイカの切り身やゲソがたっぷり。20種類のスパイスを調合したルーはイカスミ配合で、パンチの効いた濃厚な味わいに仕上げられています。パスタと和えたり、カレーうどんにアレンジするのもgood!京都水族館ミュージアムショップで購入することができます。

f:id:kyotoside_writer:20170128151944j:plain 京都水族館 京都海カレー 620円(販売元:京都水族館)

 

※金額はいずれも税込みです。

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved