あなたの「いいね」で「和」を世界へ

華やかで高貴な香りに酔いしれる…麗しのローズガーデン6選

f:id:kyotoside_writer:20170510071959j:plain

【写真提供:ガレリアかめおか】


桜の季節は終わりましたが、日本にはまだまだ美しい花がいっぱいあります。
プロポーズなど恋人に贈る花の定番といえば、そう!バラですよね〜♪
バラの花言葉には恋や愛にまつわるものが多いことが関係しているのかもしれませんね!?
ビジュアル的にも高貴で華やかなバラ。
見ているだけでうっとりするバラ。
美しいバラに囲まれる、まるでおとぎの国のようなバラ園に出かけてみませんか?

 

 

日本全国2位の品種数を誇る、まさしく「バラの園」
すとろべりぃあいすバラ園
見頃:5月中旬〜6月中旬

f:id:kyotoside_writer:20170504193548j:plain

2,000平米の敷地に1,100種類のバラが植えられています。有名なイングリッシュローズやオールドローズだけでなく、現代バラやランブラー種など様々なバラが観賞できるので、バラ好きには堪りません!バーゴラやアーチに絡まるバラはとても見応えがあり、うっとり見惚れること間違いなし。バラの苗、用土、薬剤のほか、バラに関するグッズも多数販売。オーナーの亀井毅志さんの「バラ愛」が伝わる、まさしく「バラの園」そのもので、バラに囲まれた別世界を味わえます。

 

f:id:kyotoside_writer:20170504193537j:plain

■■要チェック!■■

素敵なバラの花束やウェディングブーケを作ってもらうことができる(有料)だけでなく、自宅にローズガーデンを作りたい方には無料で設計をしてくれるんだとか!?

■■イベント情報■■

毎年開催される「ローズフェスティバル」。今年は〜6月18日(日)まで開催予定。期間中はバラ栽培実演講習会のほか、ローズブーケ作り体験会やステンドグラス作り体験会など様々なイベントを予定しています。詳しい日時についてはお問い合わせを。

 

すとろべりぃあいすバラ園

舞鶴市福来120番地
電話:0773-77-1267
開園時間:10:00~18:00(オフシーズンは17:00まで)
休園日:火曜日(ハイシーズンは無休)
入園料:大人300円、子ども100円(オフシーズンは無料)
http://strawberryice.jp/

 

 

 

「アンネのバラ」とバラのトンネルがお出迎え
綾部バラ園
見頃:5月下旬〜6月中旬

f:id:kyotoside_writer:20170509143133j:plain

2010年10月開園の「綾部バラ園」。造成から苗の植栽まで総勢500名を超える市民ボランティアによる手作り。今現在も綾部市内のほか福知山や舞鶴などの180名にも及ぶボランティアの力によって維持されています。園内には1200本のバラが植栽されていて、なかでも『アンネの日記』の作者・アンネ・フランクの父オットー氏から送られた苗木から育った「アンネのバラ」は、「綾部バラ園」のシンボルとなっています。

 

f:id:kyotoside_writer:20170509143204j:plain

■■要チェック!■■

ツルバラのトンネル「アンジェラ」が来場者をお出迎えしてくれます。写真栄え、SNS受けするのはもちろんのこと、トンネルの下で記念写真を撮ると、幸せが訪れるという言い伝えがあるんだとか!?

■■イベント情報■■

5月13日(土)〜6月25日(日)「春のバラまつり」を開催。期間中は休まず営業。バラ苗、肥料の販売も。

 

綾部バラ園

綾部市青野町亀無(あやべグンゼスクエア内)
問合せ:0773-43-0811(あやべ特産館)
開園時間:9:00~17:00
休園日:火曜日(祝日の場合は翌日。春のバラまつり開催中は無休)
入園料:無料
http://www.ayabe-gunze-square.com/rose/

 

 

 

道の駅で楽しめるバラのアーチが素敵♪
「ガレリアかめおか」のバラ庭園
見頃:5月下旬〜6月上旬

f:id:kyotoside_writer:20170504192959j:plain

国道9号線沿いにある道の駅「ガレリアかめおか」の西側に隣接するバラ庭園。自由に観賞することができ、約40種900本のバラが植えられています。道の駅から進んで行くと、まず目にするのが美しいバラのアーチ。このバラのアーチがなんともフォトジェニック。アーチをくぐる自分はまるで絵本の主人公になったかのような気分♪隣には芝生広場もあるので、レジャーシートを敷いてピクニックを楽しんだりするのにもgood。

 

f:id:kyotoside_writer:20170504193039j:plain

■■要チェック!■■

ガラス張りで近代的な建物が印象的な「ガレリアかめおか」と、この美しく咲き誇るバラとのコントラストが面白い。他にない風景や写真撮影が楽しめます。

■■イベント情報■■

「バラで人とまちをつなぐ2日間」をテーマに、5月20日(土)、21(日)「ガレリアばらフェスタ2017」が開催されます。バラの品種説明、育て方の相談のほか、記念写真撮影&無料プリントサービス(雨天中止。1回1組のみ無料)を実施予定。

 

がレリアかめおか

亀岡市余部町宝久保1-1
問合せ:0771-29-2700(公益財団法人生涯学習かめおか財団)
開園時間:9:00~20:00
休園日:なし
入園料:無料
http://www.galleria.or.jp/

 

 

 

約270品種、1300株のバラと雄大な自然を満喫
京都府立植物園
見頃:5月中旬〜6月中旬

f:id:kyotoside_writer:20170507115920p:plain

f:id:kyotoside_writer:20170506192547j:plain

「京都府 立植物園」は日本で初めてできた公立の総合植物園です。およそ24haの敷地には約1万2000種類の植物が植えられているので、季節ごとに様々な植物が見られます。植物園の南側、正門の近くに位置するばら園には、モダンローズを中心に約270品種、1300株ものバラが植えられています。園内からは 比叡山も望めるので、園内の花々プラス雄大な自然も同時に楽しむことができます。売店や休憩所のある植物園会館も側なので便利♪

 

f:id:kyotoside_writer:20170509142736j:plain

f:id:kyotoside_writer:20170506192311j:plain

■■要チェック!■■

京都の植物園・京都のばら園ならでは!と言える、「高雄(写真上)」や「大文字(写真下)」といった京都にちなんだ名前の付けられたバラが見られます。

■■イベント情報■■

5月18日(木)から21日(日)までは『第13回ばら園散歩』が行われます。17時から夕暮れに染まるばら園を職員さんに案内してもらえます。

 

京都府立植物園

京都市左京区下鴨半木町
問合せ:075-701-0141(京都府文化スポーツ部文化政策課 植物園)
開園時間:9:00~17:00(入園は16:00まで。5月は18:30閉園、入園は18:00まで)
休園日:12月28日〜1月4日
入園料:一般200円、高校生150円、中学生以下無料
http://www.pref.kyoto.jp/plant/

 

 

 

バラ&遊具も充実でファミリーにもオススメ
宇治市植物公園
見頃:5月下旬〜6月上旬

f:id:kyotoside_writer:20170504193220j:plain

総面積10haの敷地には春ゾーン、夏ゾーン、秋ゾーンと季節ごとにゾーン分けされていて観賞しやすくなっています。園内の「バラの小径」では約20種のバラを観賞することができます。原種のバラやイングリッシュローズを新たに植栽し、さらに宿根草と混植したバラ園は品種が多いとは言えませんが、車イスやベビーカーの方でもゆっくりと散策できる造りになっています。通路を挟んで遊びのフィールドも工夫されているので、ファミリーにも人気。駐車場近くにレストランや売店もあり、一日のんびり過ごすことができます。

 

f:id:kyotoside_writer:20170504193241j:plain

■■要チェック!■■

日本一を誇る大規模な立体花壇「花と水のタペストリー」は一見の価値有り!幅62m高さ18mの壮大な雛壇に、3675基のプランターが並べられ、季節にあった植物で、宇治市に因んだテーマやキャラクターの絵柄を楽しむことができます。

 

宇治市植物公園

宇治市広野町八軒屋谷25-1
電話:0774-39-9387
開園時間:9:00~17:00(入園は16:00まで)
休園日:月曜日(祝日の場合は翌日)
入園料:一般500円、15歳未満250円
http://uji-citypark.jp/botanical/

  

 

 

日曜限定オープン!家族が大切に守り続けるバラ園
コテージガーデン&ギャラリーハウス
DESIGN POINT
見頃:6月上旬〜下旬

f:id:kyotoside_writer:20170514213204p:plain

f:id:kyotoside_writer:20170514213223p:plain

ここ、美山の「コテージガーデン&ギャラリーハウスDESIGN POINT」では美しいバラやハーブを無料で楽しめることもあり、日曜は沢山の人が訪れます。赤、ピンク、白・・・と120種ものバラが咲き乱れ、敷地内にはバラのアーチや可愛いコテージも。「ここはヨーロッパ!?」と錯覚しそうになるような異国情緒漂う場所です。ところが、実はこちら、京都市在住の細川さんご一家の別荘というから驚き。週に一度ご家族がお庭の手入れに通っているのだとか。ご家族が大切に守り続けるバラ園です。

 

f:id:kyotoside_writer:20170512161916j:plain

■■要チェック!■■

お庭の美しいバラはもちろんのこと、奥様の昌子夫人手作りの押し花作品の数々も見物。美しさに圧倒される空間が広がっています。ガーデン開園日でもギャラリー閉館の場合もあるので、見られたらラッキー♪

コテージガーデン&ギャラリーハウス
DESIGN POINT
南丹市美山町白石上野々35-3

電話:0771-77-0278(つながりにくいので問合せはメールをオススメします)
開園時間:11:00~16:00
開園日:不定期・日曜日(変更もあるので、詳しくはメールにて必ず確認を。冬期閉園)
入園料:無料(管理・維持のため募金箱設置。ご協力を)
Hosokawa-miyama@rose-mary.com
http://www.rose-mary.com/rosegarden

 

 

 

 

中野里美

中野里美

花束で贈ったり、贈られたりすることの多い花の代表格とも言えるバラ。バラって見ているだけで、そこに存在しているだけで、高貴な雰囲気に包まれますし、自分が女性らしく、気高くなった気分がしませんか???私だけ!?(笑)ではないはず!そんな気分に浸れるバラ。女っぷりを上げに、ローズガーデンに行きましょ♪

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!

あなたの気になる記事が他にもあるかもしれません

ブラウザの戻るボタンを再度クリック頂くと元のページに戻ります。