あなたの「いいね」で「和」を世界へ

初夏の夜の風物詩 ほわんと灯り舞い踊るホタルのスポット8選

初夏の夜、水辺でぽわっと灯りがともり、ふわふわと漂いだすものがいたら、それはホタルによる自然のイルミネーションです。
ホタルは生き物ですし、場所や天候の関係で必ずしも見ることができるものではありません。出やすいと言われているのが、風がない蒸し暑い夜で、曇天で月明かりがないこともホタル飛翔条件と言われています。
お天気情報を確認したり、各お問い合わせ先に聞いてみて、この日はもしかしたら見られるかもしれない…という日にお出かけしてみてください。
夏のはじまりに、幽玄な初夏の夜灯りを堪能しましょう!

ホタル鑑賞のお約束
・ホタルは保護と育成のために捕獲が禁止されています。捕まえたらダメ!
・光があるとホタルは逃げてしまいます。懐中電灯や車のヘッドライトは控えてください。
 写真撮影もフラッシュはNGです。場所によっては撮影禁止のところもあるので注意!
・ホタルが出るのは夜です。大声で騒いだりせず、マナーを守って鑑賞しましょう。

 

■■宮津市の田原地区

見頃時期:6月上旬〜6月下旬 

宮津市北部に位置する田原地区は戸数20数戸の小さな集落です。豊かな田園風景が広がるこの地では、初夏になるとゲンジボタルとヘイケボタルの光の競演が繰り広げられます。毎年この地区では住民によるアットホームな手作りイベント「田原ほたるまつり」が開催されており、村民の案内によるホタル散策も行われるので、里山でロマンチックなホタルナイトはいかがでしょう?

【問い合わせ】
0772-45-1604(宮津市役所総務課秘書広報係)
※宮津市へのアクセスはこちらから↓ ※田原地区へは車のみ
http://www.amanohashidate.jp/1/access.html 

f:id:kyotoside_writer:20170530124727j:plain
【イベント情報】
第20回田原ほたるまつり
2017年6月10日(土)17:00〜21:00
田原農産加工センター広場(@宮津市田原81)
田園のあぜ道に約600個のペットボトル提灯が設置されます。祭り会場では地元産のそばやあんころもちなどたくさんの出店のほか、ミニライブやそば喰い大会を開催。午後8時頃から地元人による案内でホタル鑑賞が行われます。
イベント問い合わせ:0772-28-0889(ご担当:中村さま)

 

■■与謝野町の岩屋川ホタル護岸

時期:6月中旬〜7月中旬頃

与謝野町を流れる二級河川・岩屋川(いわやがわ)。この川の上流には、ゲンジボタルが生息し、初夏になると淡い光を放ちながら辺りを浮遊する光景が見られます。ただし、ホタルは年々減少傾向とのこと…守っていくためにホタル護岸整備が行われています。岩屋川の上流はホタルのほかにも京都府天然記念物のオオサンショウウオも生息しているそうですよ。

【岩屋川ホタル護岸・場所】
京都府与謝郡与謝野町岩屋
※与謝野町へのアクセスはこちらから↓
http://www.town-yosano.jp/wwwg/info/detail.jsp?common_id=878

【問い合わせ】
0772-43-2258(岩屋区事務所:午前中のみ連絡可)
0772-43-0155(与謝野町観光協会)

 

■■綾部市の上林川支流

時期:6月初旬〜中旬 

綾部市の東部を流れる清流・上林川(かんばやしがわ)の流域は、多数のホタルが生息していることから地元では「ほたる川」とも呼ばれ親しまれているホタルの名所です。2014年より有志によるイベント「ほたるの夕べ」も開催。初夏の夜、ゆったりと飛び交うホタルの乱舞を見に行きませんか?

【問い合わせ】
0773-42-9550(綾部市観光協会)
※綾部市上林へのアクセスはこちらから↓
http://www.ayabe-kankou.net/tourism/nature/kanbayashihotaru.html  

f:id:kyotoside_writer:20170530131148j:plain

【イベント情報】
ほたるの夕べ
2017年6月10日(土)16:30〜21:00
綾部市観光センター(@綾部市八津合町縄手1)
上林川及びその支流沿い
フード・ドリンクの出店や屋外ステージでのミニコンサートも開催されます。上林川支流沿いを散策しながら、飛び交うホタルを自然鑑賞します。
イベント問い合わせ:0773-54-0002(ほたるの夕べ実行委員会/中上林地区自治会連合会)

 

 ■■南丹市美山町の町内各所

時期:6月中旬〜7月上旬

日本の原風景が残る里山、南丹市美山町。かやぶきの里でも知られ、美しい山や川、森に囲まれた自然豊かな美山町では、ホタルが見られる場所が点在しています。その時々で、オススメの場所を観光協会さんがご紹介してくれます。
ホタルの出没期間中、宿泊される旅館によっては、ホタルの鑑賞スポットにご案内する所もあります。予約の際に、ぜひ確認してみてください!

 【ホタル鑑賞ツアーがある旅館・民宿】
かやぶき一棟貸しの宿 美山FUTON&Breakfast
美山町自然文化村 河鹿荘
料理旅館きぐすりや
京都美山 料理旅館 枕川楼
民宿 みやま
※その他、宿泊予約時にご確認ください。

【問い合わせ】
0771-75-1906(美山町観光協会)
※美山町へのアクセスはこちらから↓
http://www.miyamanavi.net/access/

 

■■南丹市日吉町のひよしフォレストリゾート山の家

時期:6月上旬〜6月下旬 

北山杉をはじめとする多くの木々に囲まれた緑あふれる自然に包まれた南丹市日吉町。「ひよしフォレストリゾート山の家」は、古民家風のお宿とコテージを備えた森のリゾート宿泊施設です。近くに流れる木住川から自然湧出の天然温泉があり、川沿いには生畑地区桜千本計画中の桜並木が続き、6月上旬よりホタルも楽しめます。6月中旬にはホタル&BBQの恋活イベントも開催されますよ! 

f:id:kyotoside_writer:20170530133111j:plain

【イベント情報】
恋活〜KOIKATSU〜 ホタル&BBQ
2017年6月16日(金)19:00スタート
ホタル鑑賞とBBQ(飲み放題付き)がセットになった30歳以上の独身男女(各10名限定)限定の恋活イベントです。雨天決行。
参加費:男性5000円、女性3000

ひよしフォレストリゾート山の家
京都府南丹市日吉町生畑ツノ元下16
http://yamano-ie.jp
【問い合わせ】
0771−72−3535(ひよしフォレストリゾート山の家)
※アクセスはこちらから↓
http://yamano-ie.jp/access/

 

■■京都市北区の北山杉の里・中川町

時期:6月中旬〜6月下旬 

市内から車で30分ほど、神護寺を擁する高雄エリアの北に位置する中川町は、京都の銘木“北山杉”の産地です。600年の歴史がある林業景観は文化的景観として高く評価され、川端康成の小説『古都』などでも取り上げられてきました。空気の綺麗な町の真ん中を流れる清流・清滝川沿いに自生するホタルは、6月中旬から下旬が見頃です。

 【イベント情報】
京都 北山杉の里 中川 カジカカエルとホタルのよくばりツアー
2017年6月17日(土)・24日(土)16:30〜20:30
※雨天中止
日本一美しい声で鳴くと言われるカジカカエル(河鹿蛙)。このカジカガエルの鳴き声と、自然の中で舞うホタルを一緒に鑑賞できます。北山杉の集落ツアー&古民家での軽食も楽しめます。
参加料金:大人3500円、小中学生2000円※小学生未満無料
募集人数:各日 15名(先着順)
応募方法↓
お申し込みは開催日3日前までに電話、FAX、メールのいずれかで予約必須。
参加希望日、お名前、ご住所、TEL、生年月日(保険加入の為、必要になります)
電話:075-406-2340(平日)中川出張所
   090-3824-9027(休日)自治会 石岡
FAX:075-406-2620(北区中川出張所)
メール:kitayama.nakagawa@gmail.com

【問い合わせ】
上記電話申し込みの番号にお問い合わせください。
※イベント詳細・アクセスはこちらから↓
http://kitayama3.jp/nakagawa/event/2125/

北山杉の里 中川
http://kitayama3.jp/nakagawa/

 

■■宇治市植物公園の「ホタルナイター」

時期:5月20日(土)~6月11日(日)

日本一を誇る大規模立体花壇「花と水のタペストリー」でも知られる宇治市植物公園。園内の小川で育った約50〜70匹のゲンジボタルがモミジ林の中を飛び交う様子を鑑賞できます。足場の良い植物公園の中なので、お子さん連れや女性同士でも安心して楽しめます。土日は混み合うことが多いため、平日の夜がオススメですよ。

毎日更新のホタルナイター情報↓
http://uji-citypark.jp/botanical/publics/index/41/

f:id:kyotoside_writer:20170530135119j:plain

【イベント情報】
第12回ホタルナイター
2017年5月20日(土)~6月11日(日)
21:30まで開園(最終入園21:00)
●ホタル関連イベント↓
ホタルの生態パネル展示
6月1日(木)〜11日(日)

宇治市植物公園
京都府宇治市広野町八軒屋谷25-1
開園時間:9:00〜17:00(16:00受付終了)
入園料:大人500円、中学生以下250円
休園日:月曜、12月28日〜1月4日
http://uji-citypark.jp/botanical/
※アクセスはこちらから↓
http://uji-citypark.jp/botanical/publics/index/14/
【問い合わせ】
0774-39-9387(宇治市植物公園)

 

■■けいはんな記念公園の水景園「ホタル観賞会」

時期:5月26日(金)~6月18日(日)の金・土・日・月曜

相楽郡精華町にある「けいはんな記念公園」は“自然との調和”をテーマとしたけいはんな学研都市の建設を記念して整備された広大な敷地を持つ京都府立公園です。季節の景観が美しい水辺の回遊式庭園である水景園では、毎年初夏に「水景園のホタル観賞会」が行われています。日本庭園を舞う、幽かなホタルの光の舞をお楽しみください!

http://keihanna-park.net/event/hotaru_0526/

【イベント情報】
水景園のホタル観賞会
2017年5月26日(金)~6月18日(日)の金・土・日・月曜
19:00〜21:30(21:00受付終了)※水景園は17:00で一旦閉園。
料金:一般 400円/小中学生 200円 *未就学児無料/各種割引は適用外

f:id:kyotoside_writer:20170530140536j:plain

●ホタル関連イベント
能楽師が挑む前衛古典パフォーマンス!~日本史エンターテイメント奏狂言「虎の巻」~
6月3日(土)19:00~19:45(18:45開場)
蛍が飛び交う幻想世界で能楽師、大蔵彌太郎千虎が和楽器演奏と宗家伝来の侍言葉で生ライブを行います。詳細は下記ホームページまたはお問い合わせください。
http://keihanna-park.net/event/kyogen_0603/

けいはんな記念公園
京都府相楽郡精華町精華台6-1
水景園開園時間:9:00〜17:00(16:30受付終了)
入園料:一般 400円/小中学生 200円 *未就学児無料/各種割引は適用外
休園日:年末年始(臨時休園あり)
http://keihanna-park.net
※アクセスはこちらから↓
http://keihanna-park.net/access/
【問い合わせ】
0774-93-1200(けいはんな記念公園)

 

江下祥子

江下祥子

京都市内でもちらほら、ホタルの出没情報が出ています^^
ホタルが出るということは、その土地や水がキレイであるということです。この豊かな自然環境をみんなで守っていきたいものですね。

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!