あなたの「いいね」で「和」を世界へ

これからが見ごろ! 秋風に揺れるロマンチックなコスモス畑へ

f:id:kyotoside_writer:20170905172344j:plain暑かった夏もそろそろ終わり。どこからか秋の気配がしてくるようになりました。このお休みは、だんだん見ごろを迎えるコスモス畑へでかけてみませんか? コスモスといってもピンク一色、形も1つではないのです! 濃いピンクから黄色、白、形も八重だったりと、とにかく多種多少。近くで見たら、きっとビックリするはずです。

約 800万本のコスモスが揺れる― 京都丹波/亀岡「夢コスモス園」

f:id:kyotoside_writer:20170904000532j:plain見てください~! このコスモス畑。まるで遠く山の裾まで続いているかのよう。こちらは京都府亀岡市にあるその名も、京都丹波/亀岡夢コスモス園」。JR京都駅から電車とバスを乗り継ぎ約30分足らずで、このような素晴らしい景色に出会えます。

f:id:kyotoside_writer:20170904000535j:plain
広さはなんと4ha(東京ドームより少し小さいぐらい)。ここに約800万本のコスモスが咲いていて、お花に囲まれた、こんな素敵な写真も撮れちゃいます!

f:id:kyotoside_writer:20170905175104j:plain
20品種ものコスモスが次々に咲いていくので、見ごろは9月下旬から10月末までと長いのも特徴。品種の一部をご紹介します。
左上は黄色がかわいい「イエローキャンパス」 見頃は10月中旬~10月下旬。右上は縁取りがキュートな「ピコティ」 見頃は9月中旬~10月中旬。左下は、名前がステキな「ハッピーリング」 見頃は9月中旬~下旬。右下は清楚な「センセーションホワイト」 見頃は9月中旬~10月中旬。

 

f:id:kyotoside_writer:20170904000541j:plainこちらは様々なイベント行われることでも有名で、中でも人気なのが「創作かかしコンテスト」。好きなかかしに投票すると期間終了後に抽選で【亀岡特産品】が当たるそうですよ。ぜひチャレンジを! 創作かかしは上のようなクラシカルなものから

 

f:id:kyotoside_writer:20170904000543j:plainキャラクターものやこんなかわいいものまで様々。中には

f:id:kyotoside_writer:20170904000544j:plain

あれれ?どこかで見たような・・・という方まで。今年はどんなかかしが登場するか楽しみです!

 

f:id:kyotoside_writer:20170904000539j:plainそして、夢コスモス園といえば忘れてはいけないのが「丹波味わい市」。丹波や亀岡の特産品や新鮮野菜の直売などが行われます。それから亀岡牛カレーライス亀岡牛コロッケ、特選たまごやきなどグルメも充実。おなかも満たされます。
また、週末や祝日にはライブイベント「コスモス演奏会」や「寄せ植え・ハンギングバスケットコンテスト展」などのイベント、朝摘んだばかりのコスモスの切り売りや、自分で摘み取ったコスモスを持ち帰ることもできちゃいます。秋晴れの空の下、一日中、遊べますよ。

京都丹波/亀岡 夢コスモス園
京都府亀岡市吉川町穴川野水
℡ 0771-55-9111(期間外はJR亀岡駅観光案内所に転送されます)
開 AM9:00~PM4:00受付終了(土日祝日は~PM4:30受付終了)
休 無休
入場料 大人500円(土日祝日は600円)
    小人300円
※9月23日(土・祝) ~30日(土)は期間限定料金になります。詳しくはHPを

 

 30種類もの色々な品種が楽しめます― 京都府立植物園

 f:id:kyotoside_writer:20170905190243j:plain日本最古の公立総合植物園として大正13年に開園した歴史ある植物園です。ピクニックにぴったりな広大な芝生の他、ばら園、バオバブで有名な日本最大級の温室などもあり子供から大人まで楽しめます。

f:id:kyotoside_writer:20170905190254j:plain
こちらのコスモスは10月中旬からが見ごろ。植物園会館前やワイルドガーデン、沈床花壇、洋風庭園東側に咲き誇ります。種類も豊富で黄花や八重咲き、筒咲きなど様々なコスモスが約30品種、4000~5000株も植栽され、ピンク、赤、黄、オレンジなどカラフルな花色が11月中旬まで楽しめます。(写真はピコティ)

 

f:id:kyotoside_writer:20170905190253j:plain

こんな八重咲きのかわいいコスモスもあるんですね。こちらは「ダブルクリック」。花色も豊富で豪華な印象のコスモスです。花弁が筒状になるなど変化も楽しめるそうですよ。こちらは11月頃まで咲いています。 

f:id:kyotoside_writer:20170905190839j:plain
ビビットな発色のこちらは「ソナタ」。草丈が低いコンパクトでシンプルな印象のコスモスですが、花径が巨大で約10cmもあるのだとか。花色は赤紫、桃、白色があります。

また、これからの季節はコスモスの他にもシュウメイギクやサルビア・レウカンタ、バラなど、秋の色鮮やかな花々で園内が彩られます。10月20日~11月15日に大芝生地特設展示場で開催される「菊花展」は毎年、好評の催しです。大菊、小菊、古典菊など様々な種類の菊約1000本が咲き誇り、こちらもオススメ。

京都府立植物園
京都府京都市左京区下鴨半木町
℡ 075-701-0141
開 AM9:00~PM4:00(受付)
入園料 大人 200円 高校生150円 中学生以下無料

 

「幻の都」に咲くコスモス― 恭仁宮跡(山城国分寺跡)

f:id:kyotoside_writer:20170905192154j:plain京都府木津川市。ここには奈良時代中期に平城京から遷都された「恭仁京(くにきょう)」という都がありました。わずか数年で遷都されたため「幻の都」と呼ばれ、万葉集にも登場します。
その中心部である恭仁宮跡の東側には10月初旬~11月初旬まで白やピンク、赤など色あざやかなコスモスが咲き競います。

恭仁宮跡(山城国分寺跡)
京都府木津川市加茂町例幣



 

 

 

 

 

 

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!

あなたの気になる記事が他にもあるかもしれません

ブラウザの戻るボタンを再度クリック頂くと元のページに戻ります。