あなたの「いいね」で「和」を世界へ

ご当地キャラからの挑戦状#2 まゆまろは逃げも隠れもいたしませんです〜

f:id:kyotoside_writer:20171027001435j:plain

まゆまろ:はふ〜ん…今日はこんなものが届いたので、ちょっとソワソワしますです〜

 

f:id:kyotoside_writer:20171027002035j:plain

まゆまろ:15時に、府庁体育館でお待ちしています…です〜 お手紙、体育館、お呼び出し…こっ、これはもしやラブレター…です〜? どうしよう、まゆまろ、告白とかされちゃうですかね〜(照)

 

f:id:kyotoside_writer:20171027002100j:plain

???:そのお手紙をお送りしたのはわたくし、玉です!

まゆまろ:!?!?

 

f:id:kyotoside_writer:20171027002124j:plain

まゆまろ:あれ!長岡京市のお玉ちゃんではないですか〜 

キャラクターファイル#2
お玉ちゃん
明智光秀の娘・細川ガラシャこと明智玉(後のガラシャ夫人)がモデルで、毎年11月に開催される「長岡京ガラシャ祭」のマスコットキャラクター。大好物はたけのこの佃煮。いつも笑顔の可愛いお姫様。
 

f:id:kyotoside_writer:20171027002148j:plain

まゆまろ:このお手紙はお玉ちゃんだったのですか〜 一体どうしたのです〜?(ドキドキしちゃうです〜)

お玉ちゃん:実は…先日、チャチャ王国のおうじちゃまとの対決を偶然拝見してまして…。

 

f:id:kyotoside_writer:20171027002212j:plain

お玉ちゃん:もうまもなく(11月12日)、長岡京市最大のお祭り「長岡京ガラシャ祭」が開催されます。玉は、このお祭りのマスコットキャラクターなので是非、KYOTO SIDEさんでも「長岡京ガラシャ祭」について取り上げて、盛り上げていただきたいと思っているのです!まゆまろさんとの勝負に勝てば、PRできるのですよね?

 

f:id:kyotoside_writer:20171027002237j:plain

まゆまろ:そ、そうですね〜(ラブレターじゃなくて、ちょっと残念です〜…)安請け合いすると、またM山に怒られちゃうですから、一応、ぼくと勝負して、お玉ちゃんの本気度を見せて欲しいです〜

 

f:id:kyotoside_writer:20171027002302j:plain

お玉ちゃん:本気度ですか…確か、おうじちゃまは1年間、大好物の抹茶アイスをガマンされるとおっしゃっていましたね。では玉は、たけのこの佃煮が大好きなので、もし勝負に負けた時はこの佃煮を1年間ガマン致します!

 

f:id:kyotoside_writer:20171027002324j:plain

まゆまろ:わかりましたです〜 お玉ちゃんがが勝ったら、KYOTO SIDEで情報発信できるようM山に責任もって交渉しますです〜 何で勝負しますです〜?

お玉ちゃん:玉は体力にはあまり自信がないので…「いろはかるた」でもよろしいですか?

まゆまろ:OKです〜 勝負は勝負ですから~まゆっと!がんばりますですよ〜

こうして、いろはかるた対決をすることになったまゆまろとお玉ちゃん、結果は…

 

 

f:id:kyotoside_writer:20171027002400j:plain

お玉ちゃん:やった♡♡玉の勝ちですね♡

まゆまろ:いたたた…勝負は勝負ですから〜 お玉ちゃんの勝ちです〜 KYOTO SIDEで「長岡京ガラシャ祭」のPRタイムを作りますです〜

 

ぜひ長岡京ガラシャ祭へお越しくださいませ byお玉ちゃん

f:id:kyotoside_writer:20171027125450j:plain f:id:kyotoside_writer:20171027125712j:plain

写真(左)光明寺、(右)揚谷寺 

玉が住む京都府長岡京市は、京都市内から電車で10分、ベッドタウンであるのと同時に美しい田園や竹林が広がりタケノコの産地としても知られる自然豊かなエリアです。平安京の前に都が置かれていた場所で、古都としての面影が残るまちでもあります。
市内にはキリシマツツジで有名な長岡天満宮や、紅葉名所として名高い光明寺や揚谷寺など、四季の情緒あふれる古刹にも恵まれていて、季節の花とともに歴史散策を楽しめますよ。

 

f:id:kyotoside_writer:20171027131915j:plain

ここで少し、わたくし・玉についてお話し致しますね。戦国武将・明智光秀の三女として生まれ、16歳の時に勝龍寺城の城主である細川藤孝さまの嫡男・忠興さまに嫁ぎました。時代のうねりに翻弄される人生でしたが、幸福な新婚時代を過ごしたのがこの長岡京の勝竜寺城。今は公園となっており、春は桜、秋は紅葉の名所としてたくさんの方が訪れてくださり、市民憩いの場にもなっています。忠興さまと玉の銅像もあるので、長岡京に来られた際はぜひ、逢いに来てくださいね。

 

■■長岡京ガラシャ祭

f:id:kyotoside_writer:20171027133540j:plain

そして、玉がいちばんPRしたかったのがこちら、今年で26回目を迎える「長岡京ガラシャ祭」です!
市制20周年を記念して始まったお祭りで、11月3日〜12日の間、ガラシャウィークとして市内で手作り市やコンサートが開催されます。
お祭りのクライマックスは、12日に行われる古代から近世まで長岡京ゆかりの歴史上の人物が市内中心部を練り歩く時代絵巻の行列巡行。今年は、京都市の時代祭が台風で中止になってしまったので…見られなかった方にもきっと楽しんでいただけると思います。

 

f:id:kyotoside_writer:20171027134410j:plain

お祭りの主役はわたくし、細川玉ことガラシャ夫人!玉が、夫である忠興さまの元へ輿入れした時の行列を再現しています。毎年、長岡京市民の中から選ばれる「忠興」と「玉」ですが、今年は入籍間近の本物のカップルが婚礼の儀を行いますの。ぜひみなさま、お祝いに来てくださいませ!

 

f:id:kyotoside_writer:20171027002803j:plain

お玉ちゃん:まゆまろさん、ありがとうございます。おかげさまでガラシャ祭をPRさせていただくことができました!たくさんの方に来ていただけたら嬉しいです。

まゆまろ:まゆまろもガラシャ祭に行きたくなりましたです〜 さあ、最後は美女と一緒に写真を撮りますですよ〜 お玉ちゃんとパシャリ〜♪

 

f:id:kyotoside_writer:20171027004354j:plain

まゆまろ:かるた取り対決であたまを使いすぎて、ぐったりです〜…

???:見〜ちゃった…!ぼくもまゆまろ君との勝負に勝って、ご当地PRを頑張るんだ!

次回、トンチで知られるご当地キャラがまゆまろと体力測定で一騎打ち!?

 

■■INFORMATION■■

長岡京ガラシャ祭

nagaokakyo-garasha.jp

 

“SENSE” NAGAOKAKYO

10月27日より、長岡京市が日常情報を発信する情報サイト「“SENSE” NAGAOKAKYO」がサイトオープンしました!こちらも是非、ご覧くださいませ!

sense-nagaokakyo.amebaownd.com

 

 

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!