あなたの「いいね」で「和」を世界へ

緊急調査!地元民のお墨付き!!京都紅葉絶景スポット10選 

f:id:kyotoside_writer:20171106195735j:plain

今年は紅葉の見ごろが例年よりも早い!?北部の方からそんな声も!急がなきゃ。KYOTOSIDE編集部は猛ダッシュで、取材でお世話になった方々に地元の紅葉自慢アンケートを実施、ジモティからオススメポイントや楽しみ方などのコメントいただきリアル&新鮮な紅葉情報をお届けします。イベント&ライトアップの情報も盛り込みました★

 

【1人目のジモティ】綾部市観光協会 白子あゆみさん“推し紅葉“

★今年の見ごろは11月中旬

 

 

f:id:kyotoside_writer:20171104165414j:plain

紫水ヶ丘(しすいがおか)公園」

豊かな水を湛える由良川を一望できる紫水ヶ丘。こちらは綾部で大評判の紅葉スポット綾部市/紫水ヶ丘公園です。おすすめは夕暮れ時。斜面を覆う紅葉は西日を浴びた夕暮れ時に訪れると目が覚めるような深紅の世界が広がります。

f:id:kyotoside_writer:20171104165448j:plain

平和の塔へと続く坂道は、錦秋に染まった紅葉のトンネルが続きます。丘の上からの夕日見物も忘れずに。お立ち寄りにおすすめなのが公園の真下にある「京 綾部ホテル 大家族の湯」の“天空露天風呂”。紅葉に染まった綾部の山々を眺めながら癒しのひと時が過ごせるとあって人気です。

 「山家(やまが)城址公園」

江戸時代に山家地区を治めた谷氏の陣屋跡・山家城址公園は長らく地元民たちだけの隠れ紅葉スポットでしたが、今年は11/17~19「山家もみじまつり」と題して初イベント開催。城門の白壁が朱色で染まった園内でひと際目を引きます。最終日は綾部もみじまつりとの連携イベントもあるので、もみじまつりのハシゴというのも一つの手ですね。またこちらから車で5分、「やまがハッピーアイランド in 綾部」で地元パティシエ自慢の絶品チーズケーキとコーヒーで癒しのカフェタイムも捨てがたいところ。

f:id:kyotoside_writer:20171104170005j:plain

■infomation□ 

やまがハッピーアイランドin 綾部
綾部市東山町井坪谷14-1
0773-46-0889
月曜定休
9:30~18:00
やまがハッピーアイランドin 綾部 

Facebookページ:

https://www.facebook.com/yamaga.happyailando.inayabe/

  

 「八塚もみじ公園」

綾部の紅葉のラストを飾るのが、綾部しょうぶ園に隣接する「八塚もみじ公園」。見頃は毎年11/25前後。「近隣では一番キレイな紅葉名所」と山の持ち主の方が自負しているほどの見ごたえ!。落葉が進んだ終盤はフカフカの紅葉のカーペットの上で冬のピクニックなんかも楽しそう。

f:id:kyotoside_writer:20171104170433j:plain

朝早いと地域特有の丹波霧で紅葉がよく見えないので、青空が見えてくるお昼くらいから夕方の間に訪れるようにしましょう!霧待ちの間、「空山の里」で地元の野菜を購入したり、その隣の「里山ねっと・あやべ」で特産品を観たり、お立ち寄り情報を集めたりしてはいかがでしょうか。

 ■infomation□ 

空山の里
綾部市鍛治屋町花ノ木6−4
0773-47-0704
9:00~17:00
日曜定休

https://ayabesatoyama.net/usage/neighbours/local-store

 

NPO法人里山ねっと・あやべ
綾部市鍛治屋町茅倉9
0773-47-0040
9:00~17:00
火曜定休

https://ayabesatoyama.net/

 【2人目のジモティ】京都府広報課 京都市在住 冨岡裕絹恵さん“推し紅葉“

「永観堂(禅林寺)」

★今年の見ごろは11月中旬~下旬

いにしえの時代から京都の紅葉の代名詞といえば、ここ永観堂です。世界各国から絶景を求めて参拝者が訪れ昼夜問わず大賑わい。約3000本にもおよぶ燃えるような紅葉が境内を彩ります。

f:id:kyotoside_writer:20171104173722j:plain

おすすめビュースポット1つ目は多宝塔。階段を上ると京都市内の景色まで見渡せます。夜のライトアップでは鮮やかに浮かび上がってくる紅葉&美しい夜景にうっとりしちゃいます。

f:id:kyotoside_writer:20171104172109j:plain

2つ目は放生地に架かる極楽橋からの多宝塔。雲のようにたなびく紅葉、秋色に染まる山並みと多宝塔、この光景を平安時代の人びとも愛でていたのかと思うと感激です。

f:id:kyotoside_writer:20171104172519j:plain

3つ目は放生地が鏡の世界となり、神聖な光が紅葉を映し出す光景もマストでご覧あれ。休憩は境内の庭園にある「みかえり茶屋」で紅葉と甘味で至福のひと時を💛みたらし団子や善哉などの甘味と一緒にお抹茶がいただけます。

 

■information□

永観堂(禅林寺)
075-761-0007
9:00~16:00受付終了(17:00閉門)
600円※秋の寺宝展11/7~12/6期間中は1000円
ライトアップ11/7~12/6
17:30~21:00(20:30受付終了)
600円
※昼夜入れ替え制

 「詩仙堂」

★今年の見ごろは11月中旬~下旬

一乗寺までカワイイ叡電で行くのが私のお気に入り。一乗寺駅から詩仙堂まで歩いて15分ほど。一乗寺エリアは小さなパン屋さんやお菓子屋さん、カフェ、雑貨屋さんなどが点在しているオシャレなスポット。

f:id:kyotoside_writer:20171104175004j:plain

いろんなお店をのぞきつつ歩くのが好きです。あと近くにはラーメン激戦区もあるので紅葉狩りの後はラーメン!!ラーメン好きの先輩に美味しいお店を教えてもらって訪ねます^^

f:id:kyotoside_writer:20171104174024j:plain

詩仙堂は徳川家康の側近として仕えていた石川丈山(じょうざん)が結んだ草庵で隠棲所としていたところ。漢詩や朱子学、煎茶、書などマルチに才能を発揮した文化人・丈山が設計した庭園はサツキの刈込と白砂が美しい風雅な佇まいを見せる唐様庭園。

f:id:kyotoside_writer:20171104174048j:plain

庭園は秋になると赤、白、緑のコントラストが目にも鮮やかに大変身します。縁側に座って庭園の紅葉をのんびり眺めていると遠くから丈山考案の“ししおどし”(僧都)の音色が聞こえてきます。

f:id:kyotoside_writer:20171104174112j:plain

猪除けの効果だけでなく、草庵のもの悲しさまでも演出&計算しているとは・・・丈山スゴイ。ちょっぴりセンチメンタルな気分になるのも秋らしくていいですよね。

■information□

詩仙堂
075-781-2954
9:00~16:45
500円

【3人目のジモティ】美山町観光協会 柳生みどりさんの”推し紅葉”

「大野ダム公園」

★今年の見ごろは11月10日前後~下旬

「虹の湖」と称えられる大野ダム。ダム周辺の山々が錦繡に染まり、鏡のような湖面に映る様はまさに絶景!!公園内水辺に植えられた約500本の紅葉が徐々に染まり美しいグラデーションも見所のひとつ。

f:id:kyotoside_writer:20171104175527j:plain

今年は台風の影響で美山のイベントはことごとく中止になってしまったので11/18.19(土日)に開催される「大野ダムもみじ祭」は待望の秋イベントです。美山のご当地グルメやライブなどの催し、スマホアプリを使った宝探しゲームも同時開催!

「唐戸(からと)渓谷」

美山かやぶきの里から府道38号線を約10キロ走ると雄大な渓谷が広がります。渓谷沿いの細い山道約3キロは、見渡す限りずーっと紅葉が続き別世界へと誘ってくれる知る人ぞ知るドライブコースです。

f:id:kyotoside_writer:20171104175651j:plain

途中、道の駅ふらっと美山で「よもぎ大福×美山牛乳」の最高コンビおやつをゲットして紅葉ドライブへ繰り出しましょう!

唐戸渓谷(芦生ロードパーク)

http://www.kyoto-kankou.or.jp/info_search/?id=503&r=1509341625.6462

問い合わせ:0771-75-1906(美山町観光協会)
※台風の影響により道路復旧作業の確認お願いします

 ▼美山感謝祭 楽農まつり(2017/11/23・祝日)
美山の絶品秋グルメを堪能できる収穫祭で美山のBIGイベントの1つ。
問い合わせ:0771-77-0014(美山町自然文化村)

★美山のお立ち寄り情報★

www.kyotoside.jp

www.kyotoside.jp

www.kyotoside.jp

 【4人目のジモティ】長岡京市在住アロマセラピスト(aromatable)本藤知夏さん”推し紅葉”

「柳谷観音(楊谷寺)」

★今年の見ごろは11月上旬~下旬

平安時代より天皇家や公家などをはじめとする眼病に悩む人々を癒す祈願所として信仰されてきた柳谷観音。人里離れた山深い場所に位置するため、寺全体が燃えるような紅葉に包まれます。f:id:kyotoside_writer:20171104181819j:plain

紅葉ビュースポットは上書院(11/11~12/3特別拝観)からの浄土苑(名勝庭園)の眺め。はらはらと舞い落ちた紅葉が庭の刈込を赤く染め上げ見事なコントラストに。

f:id:kyotoside_writer:20171104181303j:plain

また朝一のキラキラした光が差し込んだ上書院から見る紅葉が素敵でイチ押しです。2階の毛氈に座って外の景色を眺めると、見事に枝を広げた優美な紅葉が目の前に広がりまるで一幅の絵画のよう。まさに芸術の秋です。

f:id:kyotoside_writer:20171104181912j:plain

奥の院から眼力稲荷へと続く参道は赤や黄色のカラフルな紅葉の絨毯が広がり写真を撮りながらのんびりと歩きましょう♪やわらかな木漏れ日を利用するとふんわりとした女子力の高い紅葉写真が撮れちゃいますよ。

f:id:kyotoside_writer:20171104180825j:plain

柳谷観音 紅葉ウィーク・柳谷アートフェア2017(11/11~12/3開催)

期間限定!!女子好みのコンテンツが盛りだくさん^^こちらから要チェック♪

 ■information□

柳谷観音
075-956-0017
9:00~17:00(16:50受付終了、奥の院は16:00まで)
紅葉ウィーク・柳谷アートフェア2017(11/11~12/3開催)の期間中は16時閉門

~柳谷観音お立ち寄りスポット~

Gokan+

www.kyotoside.jp

 

「長岡天満宮」

★今年の見ごろは11月中旬~下旬

学問の神様・菅原道真公を祀る神社。桜や躑躅(ツツジ)、梅の名所として名高いですが、秋は色づく木々に秋を感じながら八条ケ池の水辺を散歩するのが楽しみです。休憩スポットは駐車場すぐ横、オープンテラスもあるフルーツカフェ「花の木」がお気に入りです。

f:id:kyotoside_writer:20171104182707j:plain

夕日に照らされるタケノコ料理で有名な「錦水亭」の水辺に浮かぶ建物と紅葉もフォトジェニック。池の中に位置する展望所・六角舎の窓をフレームにして秋の景色を撮影してみるのも面白いですよ^^

f:id:kyotoside_writer:20171104182758j:plain

境内唯一の紅葉スポットは日本庭園「錦景苑」。滝を覆うように立つ大小の紅葉が見事に調和します。庭園内には貴船石の銘石でつくられた菅原道真公の歌碑も。

f:id:kyotoside_writer:20171104183033j:plain

11/18~12/3までの期間はライトアップ(無料)が行われます。風雅な雰囲気の中、暗闇に浮かび上がる艶やかな紅葉に酔いしれましょう。阪急長岡天神駅から近いのでお仕事帰りにふらりと立ち寄るのもおすすめです。

■information□

長岡天満宮
075-951-1025
9:00~17:00(10~3月)
ライトアップ
11/18~12/3
16:30~20:00

 【5人目のジモティ】精華町在住デザイナー村井ひとみさん”推し紅葉”

「けいはんな記念公園」

★今年の見ごろは11月中旬~下旬

けいはんな学研都市の建設記念にオープンした公園で南山城エリア屈指のメガサイズを誇ります。なかでも現代風日本庭園・水景園(有料エリア200円)の中にある高さ10メートル、長さ123メートルの「観月橋」から足元に広がる真っ赤に染まった紅葉(もみじ)谷の紅葉は圧巻。上から眺めてもよし、下から見上げてもよし!!

f:id:kyotoside_writer:20171104184338j:plain

夜には闇夜に輝く幻想的なライトアップも行われます。水面が鏡となりそこに映り込む光と紅葉が織りなす光景はとってもロマンティック♡園内にはカフェやギャラリーもあるのでデートにもおすすめです。午後からライトアップまで園内で半日ゆっくりと過ごしてみるのはいかがでしょうか??

f:id:kyotoside_writer:20171104184341j:plain■information□

けいはんな記念公園 管理事務所
0774-93-1200
9:00~17:00(入園は16:30まで)

紅葉のある水景園は有料エリア200円
ライトアップは11/3~11/26の土日祝
日没から21:00(20:30受付終了)


カフェ:土日祝の日中(10時~16時半)が基本
11月23日(木・祝)は特別イベントとして12:00~21:00は観月楼にて紅葉を愛でながらのお茶席も。(お菓子付き500円)
ギャラリー:ライトアップ時は開放中
11月展示予定 3~5日:くじらのクー/10~12日:落直子展/18~19日:福岡雅子展
※17日(金)、24日(金)25日(土)26日(日)ギャラリー開放なし

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!