あなたの「いいね」で「和」を世界へ

雨の日じゃなくても行きたい。福知山のおしゃれすぎる?! コインランドリー

f:id:kyotoside_writer:20180423205124j:plain

JR福知山駅から歩いて約15分。昔ながらの喫茶店やお店、住宅が立ち並ぶ一角に、オシャレなコインランドリーと西海岸スタイルのカフェがあるって、ご存じでした?

その名も「CALIFORNIA LAUNDRY CAFE & CO.」。オープンしたのは昨年の秋ですが、すでに地元の人は元より、兵庫や大阪から車で訪れる人が沢山いる話題の人気店に! これはKYOTO SIDEとしては行ってみないとっ! ということで訪ねてきました。

 

f:id:kyotoside_writer:20180423205215j:plain花水木通と広小路・新広小路通の交差点を東へ。白木の屋根にミントグリーンドアという、おしゃれな外観が今回、訪れるコインランドリー&カフェの「CALIFORNIA LAUNDRY CAFE & CO.」。
コインランドリーとカフェって、一体どういうことでしょう。ミントグリーンの扉がカフェの入り口のようです。早速、入ってみましょう。外観からして素敵すぎてテンションがあがります。

開放感あふれる、おしゃれな西海岸風インテリア 

f:id:kyotoside_writer:20180423205357j:plain中はとっても広くて開放的!
北欧スタイルに次いで今、人気のある西海岸風インテリアです。おしゃれすぎます!!

 

f:id:kyotoside_writer:20180423205412j:plainデザインは大阪で人気のコーヒー専門店「ブルックリンロースティングカンパニー」などを手掛けたデザイン事務所DRAWERS(ドロワーズ)さんと聞いて、なるほどです。

 

f:id:kyotoside_writer:20180423205523j:plain

足場板を利用した天井

西海岸スタイルは開放的でリゾート感があり、かつヴィンテージ感のある古材や木目を使うのもポイントなんだそうですよ。どこを見てもハイセンスで、家のインテリアのお手本にしたくなります。

 

f:id:kyotoside_writer:20180423205404j:plain

中央のソファー席は家のリビングみたいに寛げそう

f:id:kyotoside_writer:20180423205627j:plain

壁には西海岸の写真

f:id:kyotoside_writer:20180423205637j:plain

サインは職人さんの手書き

f:id:kyotoside_writer:20180423205803j:plain

肌触りがとても滑らか!

店内ではオリジナルグッズも販売。型からオリジナルで制作したというTシャツは手触り最高です。他にもカリフォルニア州で栽培されたサンホーキン綿を使用した今治タオルやトートバックなんかもありましたよ。どれもシンプルなデザインでこれからの季節に重宝しそう。

スウェーデン製の洗濯機&乾燥機がハイセンス

f:id:kyotoside_writer:20180423205859j:plain

テキな外観だと公衆電話もおしゃれに見えてきます

気になるカフェメニューは後でゆっくり楽しむことにして、続いては、お隣のコインランドリーへ行ってみましょう。

 

f:id:kyotoside_writer:20180423210008j:plain扉を開けるなり目に飛び込んでくるのが、このインテリア。すてき! 近所にあるコインランドリーとは全然違いますよ。奥のショッキングピンクの壁で写真を撮ったらインスタ映えしそうだなあ。

 

f:id:kyotoside_writer:20180423210030j:plain
洗濯機もスタイリッシュですよ。こちらは海外から船で運んできた外国製の製品なんだとか。もちろん性能もバッチリで、一番大きい乾燥機だと30㎏(毛布4枚ぐらい)を40分で完璧に乾燥させることができるか。ちなみに10分100円。おしゃれだからといって高いわけではないんですね。むしろ近所のコインランドリーよりも安いカモ!です。

 

f:id:kyotoside_writer:20180423210042j:plain
ところで、「どうしてこの地にコインランドリーとカフェを?」と店長の林直也さんにお尋ねしたら、「そもそもコインランドリーを作りたかったというオーナーが、関西で雨が多い場所を探していて、福知山の物件に出会ったのだそうです」とのこと。なるほど、コインランドリーが先だったんですね。そして降水量の多い所を探すというのもユニーク。


洗濯機・乾燥機の使い方は書いてありますが、「もし分からない場合はカフェのスタッフに聞いてください。使い方が聞けるコインランドリーって、そうないでしょ(笑)?」と林さん。しかも時間に1回ランドリーなどの掃除が行われているのだとか。これは嬉しい!! コインランドリーに行くのを躊躇する理由に清潔さというのがあるんですよね。これは近所にあったら毎日、通いたくなります。

 

洗濯が終わるのを待ちながら、コーヒーを

f:id:kyotoside_writer:20180423210207j:plainそして、さらに嬉しいのが洗濯を待つ間、隣のカフェでお茶ができるということ! これ、本当に嬉しいです。

 

f:id:kyotoside_writer:20180423210301j:plain

店長の林直也さん

コーヒーはブルックリン ロースティング カンパニーのスペシャルティコーヒー。マシンはラ・マルゾッコ社のものだそうで、これも本格的。「コーヒーが苦手とおっしゃっていたお客さんが、ここのコーヒーなら飲めると言ってくださるんです」と林さん。

 

f:id:kyotoside_writer:20180423210350j:plainそしてコインランドリーとカフェを併設したことで、「今までカフェに縁の無かった方や近所のおじいちゃん、おばちゃんまで来て下さるのが嬉しいですね」。

 

f:id:kyotoside_writer:20180423210430j:plain

カフェメニューはカウンターで注文してお会計

f:id:kyotoside_writer:20180423210201j:plainフードメニューも豊富です。こちらはタマゴサンド(580円)。パンは地元のラントブロートさんのパンドミを使用。バターを塗ってカリっとトーストしたパンにオリジナルの辛子マヨネーズをたっぷり塗って、ボンレスハムとふわふわの卵を挟んだもの。卵はグリーンファームソーゴさんの赤玉子。表面にたっぷり塗ったバターと辛子マヨネーズが良い仕事をしています!

 

f:id:kyotoside_writer:20180423210204j:plainこちらはチキンオーバーライス(720円)。NYの屋台料理だそうです。ターメリックライスの上には数種類のスパイス(ちょっとカレーのような感じ)でソテーした鶏肉とヨーグルトソース、甘いチリソースを。

 

f:id:kyotoside_writer:20180424135416j:plainパスタは週替わりで、本日はチキンとトマトのアボガドクリームパスタ(リングイネ)。パンとサラダがつきます(820円)。

11時まではモーニングもあるそうですよ。朝、たまった洗濯ものを持って訪れ、洗濯→乾燥までの間、カフェでコーヒーとモーニングを食べる休日…なんていうのも素敵。まもなく梅雨。雨の日は、お出かけもできないし…なんて時、ちょっとお出かけ気分を味わうことができておすすめです。

 

CALIFORNIA LAUNDRY CAFE & CO.

f:id:kyotoside_writer:20180423210601j:plain

京都府福知山篠尾新町3丁目116番1号
TEL  0773-48-9119
営業 カフェ10:00〜18:00 ( 17:30L.O. )
   ランドリー 9:00〜18:30 (ラスト17:30 )
無休

 

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!