あなたの「いいね」で「和」を世界へ

進化系!?京都で注目のお茶スイーツは「宇治抹茶のおやつパン」【3選】

 宇治茶のメッカ・京都では抹茶の和菓子や洋菓子の人気が上昇するとともに、バリエーションもどんどん増えていることはご存知でしょうか?

いま、本格的な宇治抹茶を使ったおやつパンたちも大注目されています!編集部が宇治茶の産地・山城(やましろ)エリアからおすすめの「宇治抹茶のおやつパン」を3つご紹介~。

懐かしのコッペパンが進化系スイーツに!

リーブルの「宇治抹茶コッペ」

地元の常連さんや嵐山・淀川・木津川サイクリングロードを走るサイクリストたちで賑わうパン屋さんはなんと毎朝6時OPEN、約80種類の商品がスタンバイ!

創業以来43年、パンの味を守り続けるとともに、京都府南部の名産品を使った新商品開発にも取り組んでいます。それがコチラ、あまーい香りが食欲をそそる「宇治抹茶コッペ」150円

f:id:kyotoside_writer:20180519115545j:plain

創業時から変わらぬ製法で作る素朴な味わいのふわふわコッペパンに、風味豊かな宇治抹茶のチョコレートをたっぷりまとい、ちょっぴり甘めの抹茶のホイップクリームをサンド。昔懐かしい味わいとSNS映え💛するフォルムもたまりません!!

f:id:kyotoside_writer:20180519115606j:plain

Information

リーブル 

075-982-4927

八幡市八幡源氏垣外35–6

6:00~18:00

木曜定休

京阪八幡市駅から徒歩10分

Pなし

facebook @リーブル
instagram @リーブル

 

 

香り高い和束茶がキメテ!ご当地感溢れる抹茶コルネ

パンと和菓子のお店 mochiriの「鹿背山コルネ」

mochiriのすぐ近くに聳える山がモチーフの「鹿背山(かせやま)コルネ」216円。鹿背山は、平城京の次の都・恭仁京のランドマークだったんだとか。

「見ても楽しい、食べても美味しい」をコンセプトに女性店主が手掛ける動物のパンや上菓子など、店内には楽しくてカワイイ商品がいっぱい~。

f:id:kyotoside_writer:20180519115232j:plain

 

宇治茶の中でもとくに香り高い和束(わづか)産の抹茶を存分に味わえるようにとの思いから、幾層にも織り上げたサックサクのコルネに濃厚な抹茶クリームをたっぷりと詰め、くちどけのよい抹茶チョコをコーティング。爽やかでほろ苦い抹茶の上品な美味しさを堪能できる逸品です。

 

f:id:kyotoside_writer:20180519115434j:plain

Information

パンと和菓子のお店 mochiri

0774-27-4867

木津川市城山台7-16-7

10:30~18:00

月曜・火曜・土曜定休

※イベント出店などで不定休有

奈良交通バス「木津城址公園」徒歩5分

Pあり

Instagram @mochiri_

 

 

食いしん坊も、抹茶もん好きも、大満足!

ベーカリーあたかの「宇治抹茶クロワッサンサンド」

サクッふわ~もっちり3食感の大きなオリジナルクロワッサンに、宇治抹茶のクリームを惜しげもなく挟んだボリューム満点の「宇治抹茶クロワッサンサンド」170円は男子学生さんのリクエストから生まれた商品です。

f:id:kyotoside_writer:20180519115709j:plain

宇治抹茶のふくよかな香りとコクがふんわりと口の中で広がり、クロワッサンの塩味と相まって絶妙のバランス!で、女子でも一気にペロリと食べられちゃう美味しさ。

「毎日食べてもらえるパン」をコンセプトに家族でお店を営んで40年、毎日約70種類のパンを取り揃える地元・男山で評判のお店です。男山団地周辺のノスタルジックな雰囲気もパンと一緒にぜひ味わって。

 

f:id:kyotoside_writer:20180519115747j:plain

Information

ベーカリーあたか

075–982–2255

八幡市男山石城9–2

7:00~19:00

日曜・第1土曜定休

京阪バス「くすのき小学校」停から徒歩3分

Pなし

  

お茶のスイーツパスポート2018

京都のブランド産品「宇治茶」の生産を支えている主な町は宇治市、木津川市、宇治田原町、和束町、南山城村の京都府山城地域。そんな山城地域のバリエーション豊富なお茶スイーツが1冊のパスポートに!特典付きが嬉しいですね。ぜひともお茶スイーツ巡りをしてみましょう。

★京都やましろ お茶のスイーツパスポート2018

 

 ~KYOTOSIDE編集部おすすめ記事pick up~

5月は新茶の季節~。新茶ならではの魅力をお届けしてます!

▶究極の新茶を飲もう

http://www.kyotoside.jp/entry/20170522

▶和束で新茶摘み体験

http://www.kyotoside.jp/entry/20170512

 

 

 

 

 

 

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!