あなたの「いいね」で「和」を世界へ

日本初の◯◯!ダム湖は龍!? 実はすごいぞ日吉ダム@南丹市

f:id:kyotoside_writer:20180528140921j:plain

6月といえば梅雨。しとしとと降り続く長雨は、この時期ならではの風情を醸し出してくれるとともに、時として恐ろしい牙を剥くことも。そんな水害から地域の安全を守ってくれるのが、下流の水量を調節してくれるダム!

コンクリート丸出しの風貌は無骨だけれど、どっしり構える姿を見ていると、安心感とともにどこか美しさも感じられるような…。近年は「ダム女(じょ)」と呼ばれるダム好き女子たちも登場し、観光地としても人気が高まっているんだとか。

今回は数あるダムの中から、今年で完成20年を迎えた「日吉ダム」のヒミツと楽しみ方をご紹介します。

 

日吉ダムってどんなダム?

f:id:kyotoside_writer:20180528134740j:plain

桂川の上流、南丹市に造られた多目的ダム。貯水池の広さは甲子園球場の約70個分(2.74平方キロメートル)、貯められる水の量は東京ドームの約53杯分(6,600万立方メートル)。←もはや広すぎて想像が追いつきませんが、とんでもなく大きな貯水池があるってことですね;^_^A この貯水池を使って水の量を調節して洪水に挑んだり、水枯れを防いだり、水を安定的に供給できるようにしているわけです。

 

日吉ダムのここがスゴい!

1.姿が美しい

f:id:kyotoside_writer:20180531161606j:plain

ダム本体の高さは67.4メートル、長さは438メートル。その長い横幅で水をしっかりせき止め、重厚に佇む姿から「軍艦ダム」の異名でも呼ばれています。そしてダム本体だけでなく、周囲の施設や自然と一体感のある景色を生み出していることが評価され、1999年には日本建築学会賞を受賞!プロも認めた美しいダムなんです。

2.ダム湖の形が龍!?

f:id:kyotoside_writer:20180528134429p:plain

地図:google map
日吉ダムによって誕生した湖は、水没した地区の地名を採って「天若湖」と名付けられました。その天若湖を地図で見ると…その形はまるで龍!? 地元の人々の間では、天若地区にあった天稚(あめわか)神社※のご祭神が、地域に発展と平和をもたらすために、ダム湖を龍の形にしたと言われているんだとか。
※現在は別の場所に遷座

3.地域に開かれている!

f:id:kyotoside_writer:20180531162209j:plain

日本で初めてダム内部の見学施設を造ったのは、何を隠そうこの日吉ダム! 周囲の広場ではピクニックやバドミントンなどを楽しむ人々が集い、広場とつながる道の駅「スプリングスひよし」では、温泉やグルメを満喫するほがらかな笑い声——。日吉ダムは「地域に開かれたダム」として評判となり、今ではなんと年間約55万人が訪れる人気スポットになりました。

 

開館時間内ならいつでも見学できる!

f:id:kyotoside_writer:20180528135427j:plain

そんな日吉ダムは、開館時間内であれば申込不要で自由に見学することができます。ダム内に設けられた「インフォギャラリー」では、日吉ダムができるまでをジオラマや実物の材料などを使って紹介。また、非常時に水を放流するためのゲートを間近で見ることもできます。
●開館情報:10:00〜16:00、水曜(祝日の場合は翌平日)休

f:id:kyotoside_writer:20180528135442j:plain

また、隣接する「日吉ダム防災資料館(ビジターセンター)」では、水の役割や恐ろしさ、日吉ダムについてを、パネルや映像、模型を使って分かりやすく紹介。また、亀岡市・南丹市の地震ハザードマップが展示されており、地域の防災についても学ぶことができます。
●開館情報:10:00〜15:00、土日祝休

 

f:id:kyotoside_writer:20180528135504j:plain

そして忘れちゃいけないのが「ダムカード」! 表にダムの写真、裏に大きさなどの基本情報が記載された日本全国統一規格のカードで、マニアやダム女ならずともつい集めたくなるアイテムです。管理所でもらうことができるので、ぜひゲットしてみてくださいね。

 

一緒に楽しみたい道の駅「スプリングスひよし」

f:id:kyotoside_writer:20180528135800j:plain

日吉ダムのほど近くにある「スプリングスひよし」は、KYOTO SIDEでもおなじみのご当地キャラクター「ゆっぴ〜」が駅長を務める道の駅。温泉や温水プール、レストランなどを併設する大人気施設です。夏休みにはBBQガーデンやキャンプフィールドで自然を満喫するのもオススメ! 海水に似た成分を含む源泉100%の露天岩風呂や、韓国式蒸氣房・チムジルバンを岩盤浴と融合させた「健美房」でのんびり癒しのひと時を過ごしたら…

 

f:id:kyotoside_writer:20180530160936j:plain

ジャーン!! そのあとはぜひ、レストランで「日吉ダムカレー」918円をいただいちゃいましょう。いつのころからか、日本各地のダムで広まったこのカレーは、ご飯でダム、カレールーで貯水池を表現。ご飯に穴を開け、自身でダムを放流してみるのがお決まりです♪ 日吉ダムの上流にある発電ダム「世木ダム」を再現した「世木ダムカレー」も今年新登場したので、食べ比べを楽しんでみるのもおすすめ。
●営業情報:温泉・温水プール10:00~21:30(受付終了21:00)、BBQガーデン10:00~17:00、レストラン10:00~20:00・LO19:00(12月~2月は~19:00)、売店10:00~20:00(12〜2月は~19:00)/水曜休(祝日の場合振替休館日あり)

 

■■問い合わせ■■

●日吉ダム
南丹市日吉町中神子ヶ谷68
0771-72-0171(独立行政法人 水資源機構 日吉ダム管理所)
http://www.water.go.jp/kansai/hiyoshi/

●スプリングスひよし
南丹市日吉町中宮ノ向8
0771-72-1526
http://www.springs-hiyoshi.co.jp/

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!