あなたの「いいね」で「和」を世界へ

夏休みに行きたい!2018夏 注目の京都グランピング&キャンプ施設

f:id:kyotoside_writer:20180618134954j:plain

海や川で遊んだり、外でBBQをしたり、夜には星空を眺めたり…大自然と触れ合えるキャンプは夏休みにぴったりの体験です。
最近では、テントを張る必要なし、持ち物もなし、手軽で快適、しかもラグジュアリーなグランピングも大人気。今回は国内でも珍しいキャンプテント、今夏新規オープンのグランピング施設、森のプライベートヴィラなど、京都府内でこの夏要チェックな注目のグランピング&キャンプ施設をピックアップしました!

国内でも珍しい!?「世屋高原家族旅行村」の空中テント@宮津市

f:id:kyotoside_writer:20180618164057j:plain
海の京都・宮津市北西部にある世屋は標高400〜600mの高原地帯で、日本の伝統的な里山の原風景を残した地域です。上世屋で大自然に囲まれたロケーションでキャンプやハイキング、そしてさまざまなアクティビティが楽しめる施設が「世屋高原家族旅行村」です。全室から雄大な若狭湾を望める宿泊施設しおぎり荘や、木造の戸建てキャビン10棟、炊事場や水洗トイレも付いているキャンプ場など、さまざまな形態での宿泊が可能です。そして、ここで今、最も注目をあつめているのが…

f:id:kyotoside_writer:20180618164001j:plain

これ!テントサイル(空中テント)です!!
なんと、従来のテントと違って、空中に浮いています…一体どうなっているのでしょう。

f:id:kyotoside_writer:20180618164018j:plain

テントサイルは、木などの支柱的なものを3方向から、平帯状のロープでしっかり固定して浮かせるハンモックテントになります。人が入れば真ん中に集中しそうな重心もちゃんと分散されるそうで、入ってみると非常に快適で心地よいのだとか。利用した方からは“フワフワして気持ちよかった”“上も下も風が通るのでとても涼しかった”などの感想が。こちら世屋高原家族旅行村のテントサイルは、最大3名まで宿泊可能だそうです。写真を見ると、まるで秘密基地のようですね。これは、大人も子供もワクワクすること間違いなし!

f:id:kyotoside_writer:20180618164204j:plain

世屋高原家族旅行村での楽しみは、キャンプだけではありません。さまざまな珍しいアクティビティを体験できるのもここの魅力です。バギーやカート体験、そして化石発掘体験(要予約)なんかも!15,000〜16,000万年前の主に葉っぱの化石が出るですが、たまに淡水魚の化石が出るそうですよ。他にも、期間限定のメープルシロップ体験など、盛りだくさん。キャンプと一緒に是非体験したいですね^^

 

世屋高原家族旅行村  
<料金>
※キャンプ場価格を表記(しおぎり荘、キャビンは下記HPを参照)・税込表記
1区画1,000円〜 (当日13時~翌日12時) 
テントサイル ¥7,500円(1泊2日)
ドームテント ¥1,000円(1泊2日)
ロゴスキューブテント ¥2,500円(1泊2日)
スノーピークテント ¥5,000円(1泊2日)

予約・問い合わせは「世屋高原家族旅行村 しおぎり荘」まで。下記HPを参照
https://www.seyakogen.com/accommodation
※事前予約が望ましいです(当日予約では対応できない日もあります)

京都の奥座敷“京都丹後”にオープンするSiena Hills(シエナヒルズ)@宮津市

f:id:kyotoside_writer:20180618165709j:plain

宮津市日置で今年の7月21日にグランドオープン予定のSiena Hills(シエナヒルズ)
近隣には、日本三景・天橋立や、美しい舟屋のまち・伊根町があり、宿泊のみならず海の京都観光もしっかり満喫できる立地がポイント。丹後の美しくのどかな自然に感じる“懐かしさ”と、近代的な“新しさ”を融合させた体験型リゾート施設です。ここシエナヒルズ内には「グランピングテント」と「ヴィラ」、2タイプのラグジュアリーな宿泊施設があります。

■GLAMP DOME 京都天橋立(グランドームあまのはしだて)

f:id:kyotoside_writer:20180618171004j:plain

まずは、ドーム型グランピング施設「GLAMP DOME 京都天橋立」をご紹介です!
直径幅7m×高さ4.3mと大きなドーム型テントが8張、玉ねぎのように先が尖った形のロータスベルテントが3張、大人数利用が可能なTRIPLE BASE CAMP1張(最大8名まで収容可能)の合計12張。
宿泊のみならず、日帰りグランピング体験もできるそう。

f:id:kyotoside_writer:20180618171038j:plain

気になるテントの内装ですが、テント毎に「北欧」や「西海岸」など、異なるテーマのインテリアデザインがされているのがこちらの施設の特徴。また、ドーム型テントでは写真のように、テントの一部がスケルトン仕様になっており、テント内に居ながら眼の前に広がる丹後の海や自然を望むパノラマビューを楽しめます!
テント内はすぐれた断熱材を使用した二重構造になっており、外気温の影響を受けにくく、悪天候でもびくともしない頑丈性が自慢。空調も完備されているので1年中快適に過ごせます。

f:id:kyotoside_writer:20180618171141j:plain

各テントにはプライベートデッキが併設されていて、ここでBBQや夜は星の観察もできるそう。ドーム型テントは清流沿いの敷地にあるため、春夏には川遊びも楽しめますよ。ちなみに、グランドーム京都天橋立では春はいちご狩り、夏は川遊び&海水浴、秋はお芋掘りと焼き芋体験、冬は雪山のソリ遊びなど、年間を通じてファミリー層に嬉しいアクティビティがあるそうです。

f:id:kyotoside_writer:20180618171216j:plain

 食材や調理器具、BBQコンロなど調理に必要なものは一式揃えてあるので、こちらも準備不要です。新鮮な丹後の海の幸を使用したグランピングメニューは、外で食べればこの上ないご馳走ですね。

ドームテントエリア内にはシャワールームも備え付けてありますが、ぜひオススメしたいのが宮津日置に湧き出る源泉温泉「金温泉」を使用した貸し切りのお風呂(2箇所に設置)。塩分濃度が高い赤湯であり、抜群の保湿効果を誇る源泉なんですよ。浴槽は大人4~5名程度入れる大きさで、ゆったりと1日の疲れを取ることができます。

 

GLAMP DOME 京都天橋立
<料金> 
※ルームチャージ制(人数が多いほどおトク!)/最安値を表記/シーズンにより金額は異なる/税抜価格
ロータスベルテント ¥55,000〜
ドーム型テント   ¥58,000〜
TRIPLE BASE CAMP ¥70,000〜

予約・問い合わせは下記HPを参照
http://www.glamping-resort.jp

 

■MARINETOPIA THE SUITE(マリントピア・ザ・スイート)

f:id:kyotoside_writer:20180618171434j:plain

次は、全10棟のヴィラ型の宿泊施設「MARINETOPIA THE SUITE(マリントピア・ザ・スイート)」です。1室当たり最大敷地面積1,600㎡、全室にプライベートプール&ガーデンが付いている国内最大級のプライヴェートヴィラとなります!!
テントではなくゆったりとした建物内で、よりプライベートな空間でのグランピングを楽しみたい方にオススメの施設です。

f:id:kyotoside_writer:20180618171455j:plain

広々とした室内は、まさに非日常の別荘感覚!宿泊だけに限らずパーティーや体験教室、更には企業研修など、さまざまな用途で利用可能なのだそう。
間取りは2LDK+囲炉裏スペース。眼前に広がる広大なお庭には、イロハモミジやドウダンツツジといったさまざまな樹木や植物が植栽されており、春夏は青もみじ、秋には美しい紅葉が見られるそうです。また、全室に天然温泉の浴室がついています。

f:id:kyotoside_writer:20180618171546j:plain

ヴィラの室内にはキッチンも併設されており、持ち込んだ食材で好きに調理することも可能です。
大きな窓から丹後の景色を見渡しつつ、専用の囲炉裏スペースで海の幸・山の幸を頂くなんて贅沢の極みですよね。オプションで、シェフによる出張料理のオーダーもできるそうですよ(事前申し込み)。

MARINETOPIA THE SUITE(マリントピア・ザ・スイート)
<料金> 
※ルームチャージ制(人数が多いほどおトク!)/最安値を表記/シーズンにより金額は異なる
スタンダード ¥78,000
スタンダード・ドッグ ¥73,000〜
スイート ¥158,000〜
スイート・ドッグ ¥163,000
デラックススイート ¥168,000〜

予約・問い合わせは下記HPを参照
http://www.marinetopia-suite.com

 

GRAX PREMIUM CAMP RESORT 京都 るり渓の上質な空間「GRAX HANARE京都 るり渓」@南丹市

f:id:kyotoside_writer:20180618171821j:plain

京都でグランピング…というと、代名詞的な存在が森の京都・南丹市のるり渓高原にある「GRAX PREMIUM CAMP RESORT 京都 るり渓」です。煩わしい準備がいらず気軽に始められる新しいスタイルのキャンプが人気で、オシャレ&フォトジェニックなグランピングテントからバンガロー、トレーラーハウスまで46のグランピングサイトを有しています。隣接のるり渓温泉での入浴が可能で、周辺にはるり渓十二勝が見られる渓流遊歩道や広大な公園ポテポテパークなどがあり、大自然を満喫できる京都府内屈指のグランピング施設なんです。

るり渓の詳細はこちらもチェックしてくださいね!

■GRAX HANARE京都 るり渓

f:id:kyotoside_writer:20180618172009j:plain

そんな「GRAX PREMIUM CAMP RESORT 京都 るり渓」に2017年9月、新しいリゾート空間「GRAX HANARE京都 るり渓」がオープンしました。全10棟の大型コテージ(グランピングヴァケーションヴィラ)の宿泊施設です。
HANAREの名前は、くつろぎの“離れ”のイメージと、「HAPPINESS(ハピネス)」「NATURE(ネイチャー)」「RESORT(リゾート)」の頭文字から名付けられ、大自然の中で幸せな時間を過ごしてほしいとの思いが込められています。

f:id:kyotoside_writer:20180618172142j:plain

建物は2階建て。1階にはガス暖炉のあるリビング、キッチン、寝室、ジャグジー付きのお風呂とトイレが備えられ、2階にも寝室があり最大5人まで宿泊可能。
また1棟ごとにプライベートデッキが付いており、中に家具なども入った小さなコットンテントがあるのがポイント。建物だけでなくテントでのグランピング気分も楽しめちゃいます。

10棟の内1棟は、より広いプライベートデッキにハンモック、天体望遠鏡も利用できますよ(グランピングヴァケーションヴィラ・ツキヨテラス)。

f:id:kyotoside_writer:20180618172258j:plain

GRAXはなんといっても充実のグルメも魅力です!!
食材・食器・調理器具はGRAXが準備してくれるので、こちらも手ぶらでOK。あとは自分達でワイワイ調理していただきます。
GRAX HANAREの夕食メニューはバーベキュー!前菜からTボーンステーキ&丹波高原豚ステーキほか、デザートに至るまで大満足の内容。朝は地元の野菜や食材を使った朝食セットが付いており、自分でグリルで焼き上げるふわふわのパンケーキが人気です。(※夕飯・朝食は宿泊料金に含まれています。有料追加メニューあり)

GRAX HANARE京都 るり渓
<料金>
※最安値を表記/人数とシーズンにより金額は異なる
グランピングヴァケーションヴィラ 大人2名利用1名あたり¥16,500〜
グランピンヴァケーションヴィラ・ツキヨテラス 大人2名利用1名あたり¥18,500〜

予約・問い合わせは下記HPを参照
http://www.graxhanare.jp

 

通常のグランピングはこちらから▼
GRAX PREMIUM CAMP RESORT京都 るり渓
料金・予約・問い合わせは下記HPを参照
http://www.grax.jp

 

■リラクゼーションエリア「ランタンテラス」

f:id:kyotoside_writer:20180618172528j:plain

2017年4月にるり渓温泉施設内オープンした「Kyoto Glamping Place Lantern Terrace」(通称ランタンテラス)は、グランピングをイメージしたリラクゼーション空間となっています。
温泉やプールをしっかり満喫した後は、2万冊を超える漫画や書籍を自由に読めたり、心地よく揺れるテント型のハンモックに寝そべってみたり、一人でのんびり出来る半個室ブースでおこもりも。なんとグランピングテント内でゴロゴロできるスペースもありますよ!岩盤浴やハーブテントなど、極上の美容と癒やしが詰まったランタンテラスは、GRAX HANAREの宿泊者は無料で利用できるそう。もちろん、日帰り利用もOKです!

この夏は豊かな清流と雄大な自然に囲まれたるり渓で、一味違う上質なグランピング体験はいかがでしょうか?^^

Kyoto Glamping Place Lantern Terrace(ランタンテラス)
京都るり渓温泉施設内
営業時間:7:00~24:00(宿泊者は6:00~24:00)
料金:大人(中学生以上) 平日1,500円/土日祝1,800円
小人(4歳〜小学生) 平日1,000円/土日祝1,300円
定休日:無休

 

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!