あなたの「いいね」で「和」を世界へ

京都はんなり歳時記〜恋が叶う!?三室戸寺のハートの紫陽花〜

梅雨時は植物たちがすくすく育ち、生命力に満ちは触れる季節。せっかくだから傘の端を少し上げて、自然を楽しみながらお出かけしてみましょう♪ 艶やかな木の葉や輝く苔、雨だれに揺れる花々にきっと元気をもらえるはず。今回オススメするのは、今から1200年…

甘い香りに包まれて…美山で乙女チックカモミール詰み体験♥

「美山にカモミールを詰みに来ませんか?」そんな素敵なメールが来たのは、GWがあけてからすぐのこと。連絡を下さったのは、以前お世話になった美山の料理旅館きぐすりやの若主人。なんでも、自家栽培しているカモミールの花を、毎年人を募って手摘み収穫し…

知ってますか?宇治茶の一大産地・和束町。究極の新茶を飲もう!

日本茶の歴史を辿ると、お茶を飲む習慣を広めたのは建仁寺の僧・栄西。「茶は養生の仙薬なり」と、薬として中国から持ち帰ったのが始まりといいます。1191年、鎌倉時代のことでした。 ♪夏もちーかづく八十八夜~トントン。茶摘みの唄にあるように、八十八夜…

びっくり、橋が回る!天橋立の珍スポット、その名も廻旋橋

日本三景のひとつ「天橋立」。京都市の次に、府内で観光客が多く訪れる場所ですが、今この天橋立で観光客の注目を集めているのが「天橋立廻旋橋」と「天橋立パーク&クルーズ」です! 廻旋橋(かいせんきょう)とは天橋立と文殊堂のある陸地をつなぐ橋なので…

葵祭でアルバイト!? 斎王代の選び方は?? 〜葵祭のヒミツ〜

5月15日は京都三大祭の一つに数えられる葵祭の日です。 平安装束に身を包んだ総勢約500人、全長約800メートルの行列が都大路を練り歩く姿は、王朝絵巻さながら。当日は一目見ようとする人々で沿道が埋め尽くされます。 さて、そんな有名な葵祭ですが、ふと疑…

期間限定!新茶摘み体験♥ ~茶摘みでプチプチ、おもひでポロポロ~  

KYOTOSIDE編集部さかもとです。近年世界から大注目の高級ブランド茶「宇治茶」。その約半数を生産している和束町(わづかちょう)で新茶摘み体験が開催されると聞き、友人と参加してきました。 「摘む」という行為。幼き日にみたジブリの映画『おもひでぽろ…

鮮やかな新緑が彩る大パノラマ〜嵐山〜

“山紫水明”という言葉がぴったり合う嵐山。平安時代に貴族の別荘地だったこの場所は、悠久の時を越えて今も変わらず、人々の心を惹きつけています。桜や紅葉も良いですが、この新緑の時期は澄みわたる清流、青々とした竹林など、情緒あふれる京都らしい風景…

国民的人気キャラへの道#2 〜芸人さん路線でいってみるです〜

4月某日—。 前回、京都府庁広報課より「国民的キャラクターを目指して欲しい」と言われたまゆまろと、酉年にちなんだキャラクターということで呼ばれた、ゆっぴ〜、深草うずらの吉兆くんの3体。作戦会議(という名の花見)のために、京都府庁旧本館の中庭…

京都あるある大賞第2弾「京都の公園の桜、どちらがお好き?」投票結果発表

先日、皆さんにご参加いただいた京都あるある大賞第2弾「京都の公園の桜、どちらがお好き?」の投票結果を発表します( ̄^ ̄)ゞ 今回エントリーしたのは、桜で有名な公園「嵐山公園」と「円山公園」! 一方は、平安時代から風光明媚の地として愛されてきた京…

これぞ日本の春!強者どもが夢の跡地に咲く桜

今回は歴史と桜、両方楽しめる京都の桜スポットをご紹介します。お城あるところ、そこにはさまざまな歴史ドラマあり。特に京都府内のお城には、たくさんのエピソードが残っています。もうお城自体がなくなった場所もありますが、遺構は残っているんですよ。…

そうだお花見に行こう!サクラサク水辺の桜さんぽ道

京都には数え切れないほどたくさんの桜スポットがありますが、今回は穏やかな水辺に咲く美しい桜絶景が見られるスポットを中心にご紹介します。ピクニックシートとお弁当を持って、レッツお出かけ^^2019年最新の桜の開花情報は、3月後半開設予定の特設ペー…

編集部からの挑戦 この桜なんだろなくい〜ず!!

もうすぐお花見シーズンの到来ですね!あっという間に咲いたかと思うと、わずか数日で儚く散る桜……日本人ならみんな大好きですよね♡ではでは、皆さんがお好きな桜の光景を頭に思い描いてみてください。 その桜、ソメイヨシノじゃないですか( ̄ー ̄)ニヤ...一口…

モノクロの景色にさよなら♪♪春の訪れを告げるツバキの名所5選

八幡市立松花堂庭園・美術館 モノクロの景色が広がる冬から、カラフルで華やかな春へ。立春はとうに過ぎたとはいえ、まだ肌寒さを感じるこの季節。街頭やふと立ち寄った先で、ひたむきに咲く花を見かけると嬉しくなるものです。梅に桜、水仙と、春先に咲く花…

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!