あなたの「いいね」で「和」を世界へ

ダムって何?「大野ダム」の豆知識!

日本列島を襲う台風は年々大型化し、各所に大きな爪痕を残しています。秋は読書や食欲の秋と健康的で穏やかな季節ですが、台風などの自然災害が牙をむく厳しい面もあります。台風に伴う水害には、その対策として「ダム」の役割が全国的に注目されています。…

暮らしをちょっと上質に〜京都の職人技が息づくモダン雑貨・厳選7選〜

脈々と受け継がれてきた職人技が生み出す伝統工芸品は、他にはない輝きを放つ憧れの品。ですが、いざ手に入れるとなると、ちょっとハードルが高いものですよね。 今回はそんな方にぴったりな、伝統の技を生かしつつ、日常にすっと馴染むスタイリッシュなアイ…

【保存版】京都に行ったら寄ってみたいレトロ建築15選

“京都のレトロ建物”というと日本の伝統的な家である「京町家」のイメージが強いですが、京都府域には数々の近代建築が当時の美しい姿を保ったまま、たくさん残っています。洋館や銭湯、教会、喫茶店など、京都に残るさまざまな美しいレトロ建築を、麗しい写…

えっ!意外な組み合わせの「たけのこ×スイーツ」を味わう/竹の里・乙訓エリア

お取り寄せも可能な京都のおすすめスイーツ企画。最終回となる今回は、竹の里・乙訓エリアで人気のスイーツの中から、特産品の“たけのこ”に注目!「え!こんな組み合わせもあるの!」と思わずびっくりしてしまうスイーツをご紹介。たけのこの新たな可能性に…

京都タワーだけじゃない! まだまだある京都の注目タワー

京都で“タワー”といえば、京都駅前にそびえ立つ京都タワーを思い浮かべますが、実はそれだけではないって知ってました?? 京都には、ほかにも魅了的なタワーがあるんです。今日はそんな京都のタワーをご紹介します! 近畿百景の一位にも選ばれた360度の絶景…

ご存知でしたか? お茶の京都・山城エリアは日本茶(抹茶・煎茶・玉露)のふるさと

宇治茶の一大産地として知られる京都府南部の山城エリア(お茶の京都)は、ただいま新茶のシーズン真っ只中!新茶の爽やかな香りを嗅ぐだけで、新緑のパノラマを見渡しているような清々しい気分になりますよね。新茶に限らず、日本茶には緑茶カテキンやビタ…

丹後から世界へ!丹後ちりめんと共存する新ブランド「TANGO OPEN」

京都府北部・丹後の織物といえば表面に凹凸状のシボがある「丹後ちりめん」が有名。でも“なんとなく高級そう”、“着物を着ないからよく分からない”という方も多いのでは? いやいやこれが、そんなことないんですよ。この度、丹後ちりめん創業300年を記念して…

食べて元気になろう!今が旬の美味しい京野菜

季節の変わり目や、さまざまな報道で身体の健康に気を使う今の時期……ぜひ「京野菜」が持つ高い栄養価について、知っていただきたいと思います!抗酸化能力に優れ、免疫力アップにも役立つ、今が旬の3つの京野菜についてご紹介。健康な食生活を目指しましょ…

今さら聞けない「節分に豆まきをして“鬼”を退治する理由」とは!?

今年も節分の時期が近づいてきました。京都に限らず全国の神社仏閣で、さまざまな節分行事が行われます。ご家庭でも、豆をまいたり恵方巻を食べるなど、節分は昔からわたし達の暮らしの身近にありました。それにしても、なぜ節分に「豆」をまいて鬼を退治す…

今が旬、脂がたっぷりのった京鰆(きょうさわら)を食べに舞鶴へ行こう!

皆さまの好きなお魚は何ですか? 今の季節は寒ブリも美味しいし、カレイの煮付けもいいですよね。それから、ふ~っくらと焼かれた鰆の西京漬けもハズせません。ところで関西では昔から瀬戸内海の鰆(さわら)を食べてきたのですが、15年前から京都でも大量に…

ジビエを食べてみたい方に!森の京都ジビエフェアに行こう!

京都府は、府域の74%を森林が占めています。その中でも、“森の京都”と呼ばれる京都府中部の5市町(福知山市、綾部市、京丹波町、南丹市、亀岡市)は森林が80%を占めるエリアであり、多くの野生鳥獣が生息する場所で狩猟も盛んに行われています。 そんな森…

電車でカタコト♪あの町この町 丹鉄久美浜駅 〜久美浜を歩く〜

ぶらり途中下車をして町を歩く、時々連載の「電車でカタコト」シリーズ。今回は京丹後市の久美浜町です。豪商の館で郷土料理を食べたり、パワースポットを訪ねたり、酒蔵を訪ねたり。久美浜町は見どころいっぱいの町でした! 旅のスタートは久美浜県? 京都…

建築好きも必見!この秋はアートにあふれた京都府立堂本印象美術館へ

大正から昭和にかけて京都で活躍した日本画家・堂本印象(どうもと いんしょう)。京都市にある京都府立堂本印象美術館は1966年、印象が自らデザインして建てられました。この美術館は2018年3月にリニューアルオープンし建築当時の姿に甦りましたが、訪れて…

京都には「なれずし」に鯖を使う伝統食があった!

「鯖(さば)なれ寿司」ってご存知ですか?いえいえ、鯖寿司ではなく「鯖なれ寿司」。なれ寿司といったら滋賀県のふな寿司などが有名ですが、鯖をなれ寿司にするってどういうこと?? 京都には鯖寿司ではなく、なれ寿司にする地域があるんですって。一体、ど…

京都の誇るべきグローバル企業【グンゼ】は下着から人工血管まで@綾部市

関西の創業者オシドリ夫婦「マッサン」、「まんぷく」に続き、朝ドラでいずれモデルになるかも!?と京都府民から期待が寄せられているグンゼ株式会社。世界にその名を馳せる有名企業グンゼの発祥は京都府綾部市で、今もなおこの地に本店を置いています。 今…

綾部市で多い名字、1位の四方(しかた)さん、2位の大槻さん そのルーツに迫る!

自分の住んでいる地域に●●さんって名字多いな~とかめずらしい名字とか、子どもの頃素朴に疑問に思っていたことありませんか? 今回は、綾部市に多い名字がテーマ。現地に出向いて名字のルーツを独自調査してきました! 大槻家に残る、門外不出だった家系図…

「変人」は褒め言葉!?誰でも参加できるユニークな「京大変人講座」に迫る!

西に自然豊かな鴨川が流れ、東には銀閣寺などの観光名所が点在する、京都市左京区の京都大学。東大と並ぶ「日本の頭脳」であると共に、その自由な学風に惹かれて一風変わった研究者や個性的な学生が全国から集まってくることでも知られています。その京都大…

【京都通】ならおさえておきたい八幡市の面白い社寺 飛行神社・らくがき寺

京都通ならおさえておきたいシリーズの2回目は、京都府内でも指折りの個性派社寺、八幡市の「らくがき寺」と「飛行神社」をご紹介。石清水八幡宮のすぐそばなので、3か所セットで巡るのがおすすめ。きっとあなたの旅に、インパクトを与えてくれるはず! “ら…

2020年大河ドラマをより面白く見るための「細川幽斎」予備知識

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀の盟友であり親戚でもある戦国武将・細川幽斎(ゆうさい=藤孝)。 前回は幽斎の人物像をご紹介しましたが、幽斎を語る上で欠かすことができない強烈なエピソードが西軍1万5000人vs幽斎軍500人で戦った「田…

2020年大河ドラマにも登場する戦国武将・細川幽斎(藤孝)ってどんな人?

田辺城資料館内にある細川幽斎像。南禅寺天授庵蔵の肖像画を元に制作されたもの 2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の出演者、第2弾が発表され話題を集めています!大河ドラマでは主人公・明智光秀と苦楽をともにした盟友であり、親戚でもある細川幽斎(ゆうさ…

京都府立図書館〜そこはレトロな明治モダン建築の世界〜

KYOTO SIDEでは、これまで「レトロ・クラッシックな京都の近代建築を巡る旅」と題して、亀岡の「楽々荘」、大山崎町の「大山崎山荘」、京都市の「京都府庁旧館」、さらに「京都文化博物館」をご紹介してきましたが、今回は、岡崎の地に移転開館して110周年、…

雨や猛暑の日、お出かけはどこ行く!?そうだ、図書館へ行こう@国立国会図書館関西館

最近、図書館へいついきましたか?京都府南部、精華町に美術館をしのぐレベルで心地良い図書館があります。その名も、国立国会図書館関西館! 仰々しい字面の名称なんで、なんだか近寄りがたい気もしますが、実はバックヤードも見られるガイドツアーを開催す…

“京都のお伊勢さん” 天橋立にある元伊勢・籠神社と海の京都の葵祭

平成の次の元号が「令和」に決まりましたね!新しい時代のはじまりが近づいています。皇室とも縁深い伊勢神宮は皆さんご存知かと思いますが、「元伊勢」と呼ばれる神社が、京都府宮津市にあることをご存知ですか? 天橋立で有名な宮津市の丹後半島に鎮座する…

きっと誰かに教えたくなる!! 京都縦貫自動車道の「あれ、なんだ??」

京都の南北を貫く京都縦貫自動車道。全線開通から約4年、舞鶴若狭自動車道とのアクセスも向上し、舞鶴と福知山方面へ行くのにも便利になりましたね。ところで縦貫道を走っていて、「あれ、なんだ??」って思う光景ってないですか? 今回はKYOTO SIDE的、京…

桜が一年中咲いている場所!? 京都・亀岡の桜天満宮と「桜石」

石の断面にキラキラと輝く桜の花びら――このかわいい石を、皆さんはご存じですか?花の模様が刻み込まれたかのようなこの石の名は「桜石(さくらいし)」。この桜石の産地が京都府亀岡市だと聞いて、KYOTOSIDE編集部は早速亀岡を訪れてきました! 亀岡市にあ…

セーラー制の制服の誕生は京都⁈ -意外に知らない京都初の○○シリーズ第2弾-

みなさんの学生時代、制服は何でしたか? やっぱりセーラー服は一度は来てみたい女子の憧れですよねー。 京都の歴史を紐解けば、あなたの身近にあるあんなものやこんなものが、京都発祥だったとは!? 意外に知られていない京都発祥の○○シリーズ。第二弾は「…

知っているようで知らない人形供養の意味とは?@“京のあわしまさん”粟嶋堂宗徳寺

いよいよ雛祭りですね。雛祭りといえば雛人形!!ということで、今回は人形にゆかりのあるお寺“あわしまさん”の呼び名で親しまれている粟嶋堂 宗徳寺(あわしまどう そうとくじ)をご紹介します~。 記事の前半は見どころを解説、後半は年間約1000件も依頼の…

会員限定スーパードルフィーのための美術館に潜入!京都嵐山「天使の里 霞中庵」

昔から“ものづくり”がさかんな京都。故に京都発の有名企業や商品もたくさんあります。そんな中、ホビー業界で注目を集める企業が京都に!今回は、リアルで美しいスーパードルフィーを製作する株式会社ボークスにお話を伺いました。 プラモデル屋さんから始ま…

西舞鶴の漁師町に佇む総二階の木造レトロ銭湯「日の出湯」へ

西舞鶴駅から自転車で15分。「舞鶴のベニス」とも称される古い漁師町・吉原地区にレトロな木造の銭湯がありました。五老ケ岳の伏流水を汲み上げたお湯は肌当たり最高ですよ。 ここは西舞鶴のベニス? 西舞鶴駅から自転車で15分。伊佐津川を渡ると雰囲気のよ…

刀剣女子&男子必見!京都・亀岡の刀工 将大さんに聞いた「日本刀の楽しみ方」

世は空前の刀剣ブーム――。年末の紅白歌合戦でも刀剣男士が大活躍し、社会現象を巻き起こしている日本刀。武士の時代は人々の身近にあった日本刀ですが、今や美術工芸品。その刀剣がなぜ今の時代、こんなにも注目され熱い支持を得ているのか……それは、日本人…

え? 京都って白味噌のお雑煮だけじゃないの!? あなたの家のお雑煮はどれ?

京都のお雑煮といえば「白味噌」仕立てのお雑煮オンリーと思っていたのですが、京都府内の観光案内所や道の駅などでお尋ねしたら、実は京都府内でも実にバラエティに富んでいることが判明!!まだまだ調べたらいろんなお雑煮が出てきそう。みなさんの家のお…

いよいよ平成最後のお正月! 京野菜を使ったお正月で新年を迎えよう

いよいよ年末ムードが高まってきましたね。お正月の準備は進んでいますか(^^♪ 平成最後のお正月は京野菜を使った、ちょっと本格的な料理を作ってみませんか? それぞれに面白い云われや言い伝えがあるので、それを話題に食べるのも楽しいですよ~。 え! これ…

『海軍割烹術参考書』を再現した海軍料理がいただけるレストラン@舞鶴

海軍さんの肉じゃが戦争が勃発して久しいですが、実際のところ海軍さんたちが船の中で食べていた料理って肉じゃがだけじゃなかったはず! じゃあ、船の中でどんなものを食べていたのか、気になりませんか? その海軍料理がいただけるレストランが海軍さんの…

【紅葉雑学コラム】京都の紅葉はなんでキレイなの?

最近、ぼーっと生きてると5才児に叱られちゃうというN●Kの某雑学番組にハマっているスタッフEです。毎回、ものすご〜く素朴な疑問を解決に導いてくれるのですが、今回のKYOTOSIDEのテーマは「京都の紅葉は、なぜキレイなの?」。なんで、紅葉と言えば京都、…

レトロ・クラシックな京都の近代建築をめぐる旅 京都文化博物館

京都市中京区の三条通に立つ赤レンガが印象的な京都文化博物館別館は明治39(1906)年に竣工した旧日本銀行京都支店の建物。「建物の存在は知っているけれど」「特別展には行ったことがあるけれど別館はゆっくり見たことがない」実はそんな方も多いのでは? …

人気歴史家&作家の磯田道史先生に聞いた!明智光秀ってどんな人?

再来年の大河ドラマは『麒麟がくる』に決定しました! 明智光秀が主人公のドラマです。長年、京都府民が誘致活動を続けて待ち望んできたドラマが、とうとう制作されます。しかし、明智光秀といえば“本能寺の変で信長を討った人”。それ以上は知らない~という…

京都移住コンシェルジュが教えます!知って得する京都移住Q&A

今、空前の移住ブーム!もっと今の生活を充実&エンジョイするために「自分らしく生きることができる場所」探しをしている人が増えてきています。そんなトレンドに応えるべく、京都府には移住希望者に対する行政の支援体制や、地域の“受け入れる力”がたくさ…

昭和レトロ駅舎を行く 〜天橋立ケーブルカー「府中駅」と「傘松駅」〜

先日、天橋立大解剖企画をご紹介しましたが、その丹後鉄道の天橋立駅を降りて天橋立を渡った対岸。天橋立を「股のぞき」で見ることで有名な傘松公園に上がるために作られたのが天橋立ケーブルです。いつもは傘松公園に行くワクワク感から駅舎をじっくり見る…

【後編】京丹後市「青の洞窟」探検ツアー体験レポ&間人のパワースポット

めちゃめちゃダイナミックな景色!絶景!!京丹後のパワスポはスケールが違います!青の洞窟のほか、間人(たいざ)はまだまだ見どころがあるんです。 後編では、おすすめのお立ち寄りパワスポをご紹介。編集部独自のストーリーとともにパワスポ巡りを楽しん…

京都大学芦生研究林へ行ってきた!〜シカと人間の知恵比べ・ABCプロジェクト〜

京都府の北西部、福井県と滋賀県に隣接する南丹市美山町には、西日本屈指の広大な森林地帯「芦生研究林(あしうけんきゅうりん)」があります。この森は京都大学の学術研究ならびに実習を行う研究林で、今回は特別な許可を得て取材で入らせていただきました…

恐ろしかった西日本豪雨 その時日吉ダムは…。今こそ防災について考えよう

今月5日から数日間、断続的に雨が降り注ぎ、西日本に甚大な被害をもたらした「平成30年7月豪雨」(西日本豪雨)。京都府各地も土砂災害や浸水被害にみまわれ、死者5名・負傷者7名を出す深刻な被害を受けました。観測史上最多の雨量を記録し、今なお爪痕を…

電車でカタコト♪あの町この町 JR・丹鉄福知山駅 〜明智光秀ゆかりの福知山を歩く〜

電車で舞鶴・宮津方面に行く時、車窓から見える福知山城。みなさん福知山城に行かれたことはありますか? 福知山城の初代城主は大河のテーマにも決まった今、一番ホットな武将・明智光秀! しかも城下町も残っていて、なんだか面白そうな街なんです。ちょっ…

レトロ・クラシックな京都の近代建築をめぐる旅 京都府庁旧館

お城のようなこの立派な建物。どこにあるかご存知ですか? 実は、こちら京都府庁旧本館なんです。明治37年に日本で3番目に建てられた庁舎で、今も使用中。なのに中に入って見学することもできちゃうし、結婚式や前撮り、音楽会なんかも出来ちゃうんですよ。…

日本初の◯◯!ダム湖は龍!? 実はすごいぞ日吉ダム@南丹市

6月といえば梅雨。しとしとと降り続く長雨は、この時期ならではの風情を醸し出してくれるとともに、時として恐ろしい牙を剥くことも。そんな水害から地域の安全を守ってくれるのが、下流の水量を調節してくれるダム! コンクリート丸出しの風貌は無骨だけれ…

実は知らなかったことだらけ! みんなが知っている、あの「グンゼ」の博物苑へ行ってみた

「グンゼ」といえば、シャツやストッキングなど子供の頃からお世話になっている人も多いのではないでしょうか。こんなに身近にあるグンゼですが、創業は明治時代で製糸業からスタートした会社だってご存知でした? しかも、かつて社名は漢字で「郡是」と書き…

レトロ・クラシックな京都の近代建築をめぐる旅 大山崎山荘

京都府内の様々な洋館を訪ね歩くこのシリーズ。3回目はココ、乙訓郡大山崎町にある大山崎山荘です。現在は「アサヒビール大山崎山荘美術館」として公開され、クロード・モネの『睡蓮』や河井寛次郎や濱田庄司、バーナードリーチなどのコレクションでも知ら…

レトロ・クラシック 京都の近代建築をめぐる旅 楽々荘

亀岡市に明治時代築の素敵な洋館があるってご存知でした? 旧山陰本線を作った田中源太郎氏の邸宅として建てられた「楽々荘」。長らくホテルとレストランとして営業されていましたが、この春、リーズナブルながら贅沢気分でお寿司や和食が食べられる、あの「…

恩返しは鶴の専売特許じゃない!蟹の恩返しが伝わる蟹満寺の放生会

罠にかかった鶴を逃してやると、反物を織ってプレゼントしてくれたり、子どもにいじめられていた亀を助けたら竜宮城に連れて行ってくれたり。物語に登場する動物たちは、時として思わぬ義理堅さを発揮するものです。 ご存知でしたか?その昔、「山城国」と呼…

樹木医さんに聞いた!京都に桜の名所が多いワケ&知ると納得!桜の知識

桜シーズンもいよいよ開幕!本格的な春の到来に、日本中が桜の開花をいまかいまかと待ちわびていますね。それにしても、日本ではなぜこんなに桜が愛されているのでしょう?京都にはなぜ桜の名所が多いの?なぜ、お花見と言えば染井吉野(そめいよしの)なの…

今年はプレミアム感が倍増!美麗な吉祥天がおわす極楽浄土・浄瑠璃寺へ

昼と夜の長さが等しくなるといわれる、お彼岸の中日(春分の日)。この日は、春の暖かさが増し、まさにお出かけ日和。以前、石仏ハイキングで訪れた浄瑠璃寺では、この日に特別な御開帳があるとか。さらに今年は特別なことが重なり、プレミアム感が倍増する…

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!