あなたの「いいね」で「和」を世界へ

心も体も温まる♡冬の京都のほっこり抹茶・ほうじ茶スイーツ9選

f:id:kyotoside_writer:20210112233908j:plain

寒さ厳しい季節、温かいものが恋しくなりますよね。スイーツだって、冬はホットなものが食べたい! そこで今回は上品な香りが心をほっと和ませてくれる、お茶を使ったあったか〜いスイーツをご紹介♡ 甘いものがくれるパワーで、冷え込む京都の冬を乗り切りましょう!

平安時代末期に創業の老舗で正統派甘味に舌鼓

通圓 宇治本店の「抹茶ぜんざい」(宇治市)

f:id:kyotoside_writer:20210112234922j:plain

「抹茶ぜんざい」750円(税込)

宇治橋東詰に位置する「通圓 宇治本店」は、なんと平安時代に創業したという由緒深いお店。江戸時代の造りも残るという歴史の詰まった茶店で、宇治川を眺めながらまったりと宇治茶を味わうことができます。

寒い冬にこそ食べたくなるあったかい「抹茶ぜんざい」は、粒餡の優しい甘さと宇治抹茶の程よい苦味の絶妙なバランスがたまらない逸品。餡を抹茶に溶かしながら食べるのがおすすめですよ。

■■INFORMATION■■
通圓(つうえん) 宇治本店
住所:宇治市宇治東内1
交通アクセス:京阪「宇治」駅から徒歩約2分、JR「宇治」駅から徒歩約10分
TEL:0774-21-2243
営業時間:10時30分~17時30分 ※コロナウイルス対策のため時短営業中
定休日:なし

 

上品な香りとほろ苦さを感じて

福寿園宇治茶工房 玉露亭の「玉露しるこ」(宇治市)

f:id:kyotoside_writer:20210112235137j:plain

「玉露しるこ」850円(税抜)

「玉露亭」は、寛政2(1790)年創業の宇治茶の老舗・福寿園が手がける宇治茶体験施設「福寿園宇治茶工房」に併設された茶寮。宇治川を望む景色の良い店内で、日本茶の最高茶種である玉露をふんだんに使った料理やスイーツを楽しむことができます。

ここでいただけるあったか甘味が「玉露しるこ」。甘さ控えめに仕上げられた白あんのお汁粉に、白玉とぶぶあられ、玉露の葉が乗せられたちょっぴり大人な味わいです。ぶぶあられの塩味が心地の良いアクセントに。お好みでほろ苦い玉露ソースをかけていただきます♡

■■INFORMATION■■
福寿園宇治茶工房 玉露亭
住所:京都府宇治市宇治山田10
交通アクセス:京阪「宇治」駅から徒歩約7分
TEL:050-3152-2930 
営業時間:11時~17時(L.O.16時30分)
定休日:不定休

 

とろ〜り♡ほうじ茶餡&抹茶餡で気分もとろける

茶房 櫟の「ほうじ茶フォンデュ」「抹茶あわもち」(宇治市)

f:id:kyotoside_writer:20210112235304j:plain

「ほうじ茶フォンデュ」900円(税込)

宇治川を見渡せる店内で、作りたてにこだわったランチや甘味が楽しめる「茶房 櫟(くぬぎ)」。茶そばや抹茶パフェなど宇治茶を堪能できるメニューも豊富にそろいます。

中でも「ほうじ茶フォンデュ」は、宇治ほうじ茶の香ばしい風味を楽しめると人気のメニュー。白餡ベースの香り高いほうじ茶餡を白玉や紅葉麩にたっぷりと絡めて召し上がれ♡

f:id:kyotoside_writer:20210112235402j:plain

もちもち感が自慢の白玉は、注文が入るたびに手作りしているというこだわりぶり。ほか、「抹茶フォンデュ」も人気ですよ。

f:id:kyotoside_writer:20210112235428j:plain

「抹茶あわもち」980円(税込)

緑と白のコントラストが美しい「抹茶あわもち」もオススメのあったかメニュー。プチプチとした食感が心地よいあわもちに、上質な宇治抹茶と白餡を合わせた抹茶餡がたっぷりとかけられた贅沢な甘味です。

■■INFORMATION■■
茶房 櫟
住所:京都府宇治市宇治又振66-4
交通アクセス:京阪「宇治」駅から徒歩約5分、JR「宇治」駅から徒歩約12分
TEL:0774-22-7140
営業時間:11時~16時30分(L.O.)※売り切れ次第終了 ※時短営業の場合あり
定休日:火曜日・不定休

 

抹茶×ミルク×あずきの間違いない組み合わせ♡

中村藤𠮷本店 宇治本店の「抹茶ミルク白玉ぜんざい」(宇治市)

f:id:kyotoside_writer:20210113000118j:plain

「抹茶ミルク白玉ぜんざい」935円(税込)

江戸時代の安政元年(1854年)創業の茶商「中村藤𠮷本店」。宇治にある本店は、国が選定する重要文化的景観にも選ばれる名建築です。それぞれのメニューに合うお茶を厳選して作られたゼリイやパフェなどが味わえるカフェも、明治・大正期に建てられた製茶工場をリノベーションしたもの。歴史感じる空間で、上質なお茶に出会うことができます。

まろやかで優しい味わいに癒される「抹茶ミルク白玉ぜんざい」は、ミルクのコクとあずきの甘みが抹茶の苦味やうま味を引き立てる、バランスの良い一品。小豆は希少な「丹波黒さや大納言小豆」を使用しています。

 ■■INFORMATION■■
中村藤𠮷本店 宇治本店
住所:京都府宇治市宇治壱番10
交通アクセス:JR「宇治」駅から徒歩約3分、京阪「宇治」駅から徒歩約10分
TEL:0774-22-7800
営業時間:
カフェ  平日10時~17時(L.O.16時)、土・日・祝日10時~17時30分(L.O.16時)
銘茶売り場 平日10時~17時、土・日・祝日10時~17時30分
※営業時間は季節により異なるため、ウェブサイトをご確認ください
定休日:なし

 

茶畑を見渡す絶景カフェで名産地のお茶を堪能

dandancafëの「抹茶ぜんざい」(和束町)

f:id:kyotoside_writer:20210115175951j:plain

「抹茶ぜんざい」660円(税込)

お茶の名産地・和束町でも随一の美しい景観を誇る「石寺の茶畑」を目の前に望む「dandancafë」。緑豊かな景色を眺めながら、地元食材を使ったランチや和束産のお茶を使ったスイーツなどが味わえます。

このお店の「抹茶ぜんざい」は、濃い抹茶を点て、そこにあんこの塊と白玉を入れたもの。まずはそのままお茶の風味を存分に味わったら、次は少しずつあんこを崩してぜんざいとして楽しめる、一度で二度美味しいメニューです。さらに、セットのミルクジェラートにお好みで抹茶をかけていただくのもオススメ♡ 抹茶には、鮮やかな緑色と優しい味わいが特徴の「おくみどり」を使用しています。

■■INFORMATION■■
dandancafë
住所:京都府相楽郡和束町石寺東谷1-1
交通アクセス:JR「加茂」駅から奈良交通バス(「加茂駅西口」〜「和束高橋」)下車 徒歩約10分、京奈和自動車道「精華下狛IC」から車で約30分
TEL:0774-66-1185
営業時間:10時〜16時 ※4月〜10月は17時まで
定休日:火・水曜日

 

茶どころの恵みがたっぷり♡風味豊かなお茶のタレが贅沢

道の駅お茶の京都みなみやましろ村 村茶屋の「茶たれ〜だんご(抹茶・ほうじ茶)」(相楽郡南山城村)

f:id:kyotoside_writer:20210113000419j:plain

「茶たれ〜だんご(抹茶・ほうじ茶)」1本・160円(税込)

南山城村の名産品「村茶」をふんだんに使ったスイーツやドリンクをテイクアウトできる「道の駅お茶の京都みなみやましろ村 村茶屋」。お茶どころだから作ることができる、質の高いお茶をふんだんに使ったメニューの数々が人気です。

中でも寒い季節にオススメなのは、カリッと香ばしい玄米団子に、温かいお茶のタレをたっぷりかけた「茶たれ〜だんご」。抹茶タレには春摘みの上質な「オクミドリ」を、ほうじ茶のタレには砂煎りという製法で作られたほうじ茶を使用。それぞれのお茶の風味が引き立つようにと作られた「茶たれ〜」が、素朴な味わいのお団子と相性ぴったりです。

■■INFORMATION■■
道の駅お茶の京都みなみやましろ村 村茶屋
住所:京都府相楽郡南山城村北大河原殿田102
交通アクセス:JR「月ヶ瀬口」駅から徒歩約10分、京奈和自動車道「山田川IC」から車で約30分、名阪国道「大内IC」から車で約15分
TEL:0743-93-1392
営業時間:9時30分~17時  ※「道の駅お茶の京都みなみやましろ村」は9時〜18時
定休日:6月第3水曜日・12月第2水曜日

 

モダンと伝統を感じる空間で、焼きたてパンケーキを

MICASADECO&CAFE 京都の「抹茶のチョコフォンダンパンケーキ」「ほうじ茶と求肥の和パンケーキ」(京都市)

f:id:kyotoside_writer:20210113000626j:plain

「抹茶のチョコフォンダンパンケーキ」3枚 1,450円(税込)

築100年以上の京町家をリノベーションした空間で、ふわっふわのパンケーキやパフェなどのスイーツを提供する「MICASADECO&CAFE 京都」。コンセプトは“アート”で、洗練されたビジュアルのメニューやモダンなインテリアなど、視覚的にも楽しめる要素がいっぱいです。

京都店限定の「抹茶のチョコフォンダンパンケーキ」は、ふんわりとした抹茶とチョコのパンケーキの中に温かい抹茶チョコレートが入っています。ナイフやフォークを入れて、中からとろりとチョコが流れ出してくる瞬間がたまりません♡ お好みで抹茶やチョコのシャンティクリーム、フランボワーズも一緒に味わって。

f:id:kyotoside_writer:20210113000703j:plain

「ほうじ茶と求肥の和パンケーキ」1,380円(税込)

こちらも人気メニューの「ほうじ茶と求肥の和パンケーキ」は、ほうじ茶を練り込んだ生地に求肥を乗せた、もっちり感を堪能できる一品。香ばしいほうじ茶のシャンティクリームや黒蜜をプラスして、味わいの変化を楽しむのもオススメですよ。

 ■■INFORMATION■■
MICASADECO&CAFE京都
住所:京都府京都市中京区梅屋町480
交通アクセス:阪急「河原町」駅11番出口から徒歩約5分
TEL:075-606-5307
営業時間:11時〜19時(L.O.18時)
定休日:不定休

 

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!