わたしの知らない京都が、ここにある。

鮮やかな新緑が彩る大パノラマ〜嵐山〜

 

f:id:kyotoside_writer:20170506201411j:plain

“山紫水明”という言葉がぴったり合う嵐山。
平安時代に貴族の別荘地だったこの場所は、悠久の時を越えて今も変わらず、人々の心を惹きつけています。
桜や紅葉も良いですが、この新緑の時期は澄みわたる清流、青々とした竹林など、情緒あふれる京都らしい風景を目にすることができますよ^^
風薫る五月の嵐山へ行ってみませんか?

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!