あなたの「いいね」で「和」を世界へ

大ブーム!絶品「ほうじ茶」スイーツ5選 ♪宇治茶を楽しみ尽くそう

f:id:kyotoside_writer:20170628165709j:plain

今、日本中で「ほうじ茶」ブーム!!緑茶を高温で焙じた香ばしいお茶、それが「ほうじ茶」です。お茶のメッカ京都では、抹茶、ほうじ茶、玉露、煎茶、玄米茶・・・と、上質なお茶を使ったさまざまなスイーツと出合うことができます。お馴染みの濃厚な“抹茶もん”もマスト感ありますが、ブームの波に乗っかって、あっさりと香ばしい味わいの「ほうじ茶」スイーツを攻めてみませんか。

f:id:kyotoside_writer:20170628163931j:plain

パフェ、ソルベ、アイス、シュークリーム、マドレーヌ・・・と、抹茶に負けないくらいのバリエーション!!!京土産にぴったりのスイーツもご紹介★料亭や老舗茶舗が手掛ける渾身のお茶スイーツが気軽に食べられるのも、京都ならではの魅力かもしれませんね~。

【スイーツ1】福寿園京都本店「ほうじ茶プリンパフェ」

f:id:kyotoside_writer:20170628162837j:plain

ほうじ茶スイーツ尽くし!至極のパフェ

創業220余年の老舗茶舗・福寿園の京都本店2階「京の茶寮」は人間国宝の木画をさりげなく飾った特別な空間。さらにスイーツに合う冷たい“かぶせ茶「朝露」”をウェルカムドリンクに。ワンランク上の上質なおもてなしを感じます。以前からファンが多かった という“ほうじ茶プリン”をパフェ化、メインのプリンはタマゴのコクとほうじ茶の風味が絶妙のバランス。ほうじ茶のアイスやゼリー、寒天と、それぞれにほうじ茶そのものの香りが際立ちどれを食べても極上の味わいです。そのほかブラマンジェや愛らしいチュイール、栗、フルーツ、赤えんどう豆などさまざまな食感や味がバランスよく盛り込まれ、最初から最後まで食べ飽きることなく感激の連続でした!

【商品情報】
福寿園京都本店「ほうじ茶プリンパフェ」1188円(税込み)

■■■福寿園京都本店2階 「京の茶寮」■■■
075-221-6172(直通)
京都市下京区四条通富小路角
11:00~19:00(18:30LO)
第3水曜日定休(11月は除く、元日は休み)、8/23定休
http://www.fukujuen-kyotohonten.com

【スイーツ2】紫野和久傳堺町店「ほうじ茶金時ソルベ」

f:id:kyotoside_writer:20170628162844j:plain

名料亭の技がヒカル、雅な氷菓子

和久傳オリジナルブレンドほうじ茶「狐伯(こはく)」を煮出したものに砂糖を加えて凍らせた琥珀色が美しく涼やかな氷菓子です。一口目は氷だけを。溶けて間もなく、今まさに焙じたかのような香ばしさに満ち溢れ、あっさりと程よい甘さに癒されます。二口目は土鍋で炊かれた大きく艶やかな久美浜大納言小豆と一緒に召し上がれ。名物・れんこん菓子「西湖(せいこ)」と同じ材料で作られた一口れんこん餅がお口直しに出されるのも嬉しいです。定番をはじめ「山椒あいす」や季節限定のメニューまで、ここでしか味わうことができない名料亭ならではの上質な甘味。お品書きにずらりと並んでいるのを見るだけで心弾むこと間違いなし♡

【商品情報】
紫野和久傳堺町店「ほうじ茶金時ソルベ」一口れんこん餅付き950円(税込み)

※9月中旬ごろまでなので要電話問い合わせ

■■■紫野和久傳堺町店 茶菓席■■■
075-223-3600
京都市中京区堺町通御池下ル東側
2階 茶菓席
平日10:00~17:30(17:00LO)  
土日祝10:00~18:30(18:00LO) 
無休(元日をのぞく)
http://www.wakuden.jp/tenpo-sakai-chaka/

【スイーツ3】KEZURIHIYA「祇園アイス」

f:id:kyotoside_writer:20170628171025j:plain

新感覚!京都屈指のアートなアイス 

パウダースノーのようなミルク風味の氷と、ほうじ茶のフレーバーをミルフィーユ状に丁寧に重ね、仕上げに和を感じられるモチーフをお茶で描いたフォトジェニックなアイス。こちらは韓国のかき氷をヒントに考案されたそう。口へ入れた瞬間スーッと溶けてなくなり、“ほうじ茶ラテ”のようなまろやかでスッキリとした味わい。ほうじ茶は老舗のお茶屋・椿堂茶舗のものを使用。フレーバーは抹茶、紅茶、ほうじ茶の全3種類、すべて制覇したくなるっ!雪の意匠がほどこされたオリジナルの器は乙女心くすぐります♪どんな図柄のアイスが提供されるのかお楽しみに★

 【商品情報】
KEZURIHIYA「祇園アイス」ドリンク、豆菓子付き1000円(税込み)

■■■KEZURIHIYA 京都祇園■■■
075-541-2650
京都市東山区祇園町南側555 アパホテル京都祇園エクセレントB1F
11:00~17:30(17:00LO)
7月から18:30閉店、18:00LO
無休(臨時休業あり)
http://kezurihiya.com/

【スイーツ4】今村芳翠園本舗「ほうじ茶シュークリーム」

※テイクアウトのみ

f:id:kyotoside_writer:20170628162848j:plain

実は、お茶スイーツの宝庫

宇治茶の産地の一つである京田辺の地において一子相伝でお茶屋を営んで160余年。宇治茶のスペシャリストである7代目のご主人がプロデュースする「ほうじ茶シュークリーム」。独自の製法で香り高い濃厚なほうじ茶を抽出して作った、ふわっとなめらかな口当たりの絶品ほうじ茶クリームをサンド。店頭にて冷凍販売のみ、冷蔵庫で約5時間解凍してから食べるのがおすすめです。そのほかプリン、どら焼き、ムースケーキなどバリエーション豊富なほうじ茶や抹茶のスイーツを常時スタンバイしているので、お土産やおもたせにぴったり!!

【商品情報】
今村芳翠園本舗「ほうじ茶シュークリーム」1個303円(税込み)

■■■今村芳翠園本舗■■■
0774-62-0018
京田辺市田辺久戸35
9:00~18:00
水・日曜定休
http://www.ochayasan-net.com/

【スイーツ5】パティスリー華「ほうじ茶マドレーヌ」

※テイクアウトのみ

f:id:kyotoside_writer:20170703122712j:plain

知る人ぞ知る!「和」のマドレーヌ

ヨーロッパの伝統的な洋菓子の手法に独自のアイデアを盛り込み、生菓子から焼き菓子まで常時約50種類を取りそろえる地元で人気のパティスリー。「抹茶もんだけじゃおもしろくない!」と考案された、宇治茶の老舗ブランド・辻利のほうじ茶を使ったマドレーヌです。米粉を使っているのでさっくりふわふわ、アクセントの黒豆の風味やコクのある三温糖の甘み、そして香ばしいほうじ茶の香りがふんわりと口の中に広がり奥深い味わい。なかなか出合う機会が少ない「和」のマドレーヌ、手土産に買っていく常連さんも多いのだとか。マドレーヌは抹茶、ほうじ茶の「和」のものと、オーソドックスなマドレーヌ、チョコレート、キャラメル、精華町の町花にちなんだバラなど全7種類。

【商品情報】
パティスリー華「ほうじ茶マドレーヌ」1個248円(税込み)

※マドレーヌの値段は種類により異なる

■■■パティスリー華■■■
0774-94-9292
相楽郡精華町祝園西1-2-5
9:30~20:00
水曜定休
http://www.patisserie-hana.com/

 

 

さかもとみえ

さかもとみえ

プリンとエイヒレには目がない私をうならせた、ほうじ茶プリン!!! (いつの日か世界のプリン祭を開催するのが私の夢。)抹茶スイーツがメニューにあったら、ほうじ茶もあるはず!必ず探してください~。定番から進化系まで京都府内には絶品「ほうじ茶スイーツ」がまだまだあります^^

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!