あなたの「いいね」で「和」を世界へ

京都でほっこり味わう地場の鍋料理おすすめ7選

f:id:kyotoside_writer:20191125092212j:plain
気温がぐっと下がって冷え込むこの季節、温かい鍋を囲むって幸せですよね!
こだわりの食材に自慢の出汁を使った、お店で食べる鍋料理は、他にはない特別な味わい。今が旬のカニにジビエ、ブリしゃぶなどなど、KYOTO SIDEがおすすめする京都の鍋料理をご紹介します~

伊根のぶりしゃぶ発祥のお宿で温まる

奥伊根温泉 油屋@伊根町

f:id:kyotoside_writer:20191125092311j:plain
丹後地域の冬の味覚といえば「ブリ」!! 荒波を越えてやってきたブリは良質な脂がのり、お刺身やしゃぶしゃぶなど、いろんな食べ方で楽しむことができます。

奥伊根の高台にある江戸時代から続く「油屋」は、なんと「伊根のぶりしゃぶ」発祥のお店。こちらは旅館ですが、日帰り昼食プランもありますよ♪ 冬季限定の「伊根ブリのしゃぶしゃぶ会席」は、うすく大きな切り身が特徴で、脂もしっかりのって食べ応え抜群。柑橘ベースのオリジナルポン酢でブリの旨味も引き立ちます。また、お料理に使われる野菜は野菜ソムリエの資格を持つスタッフが地元の契約農家から直接仕入れるこだわりぶり。海を眺めながら絶品のぶりしゃぶを味わってみては? 

伊根ブリのしゃぶしゃぶ会席 6500円(税別)
※土・日曜及び祝祭日は500(税別・サ込)アップ(113月 要予約) 
カニと水菜の和え物、地魚盛合せ、鰤しゃぶ鍋、鰤照り焼き、日替わり鰤料理一品、蟹釜飯など

 ■■INFORMATION■■
奥伊根温泉 油屋 
京都府与謝郡伊根町津母570
TEL:0772-32-0972
営業時間:11:0014:00(最終入店12:00
定休日:なし
アクセス:与謝天橋立ICから車で約50
http://www.ine-aburaya.com

「海の京都」の冬の味覚といえば舞鶴がに!

松きち@舞鶴市

f:id:kyotoside_writer:20191125092533j:plain

「海の京都」の冬といえば、やはりカニ!!!

JR東舞鶴駅から徒歩15分ほどの場所に立つ「松きち」は、地元の魚介などを使い四季折々の料理がいただける割烹料理店。こちらでは11月のカニ漁解禁とともに、舞鶴がにが登場します。地元の人はもちろん、遠方からのファンも多い人気のメニューです。

カニ料理のコースは「梅」の19,800円からありますが、せっかくならちょっと奮発して一番上の「松」コースはいかがでしょう。まず、カニ味噌と鶏卵を合わせて蒸した人気の甲羅むしにかにクリームスープで身体を温め、続いてかに刺しなどが登場。そして写真のかにしゃぶ・かにすきをいただき最後は旨味たっぷりのスープで雑炊を。カニは一杯以上いただけるので大大大満足です。焼きがにを食べた後の殻は熱々の熱燗に入れて、カニ酒として楽しんで。

松コース 26,400円(税込 11~3月 要予約) 
甲羅むし、かに刺し、焼がに、かにクリームスープ、かに酢(ゆでがに)、かにしゃぶ・かにすき、ぞうすい
※かにすきの写真は4人前 コースは1人前から予約可

■■INFORMATION■■
松きち 
京都府舞鶴市浜150
TEL:0773-63-3595
営業時間:11:30~14:00L.O. 17:30~21:00L.O.(※お昼のカニコースのお客様は16:00頃まで滞在可)
定休日:不定休(電話にて要問合せ)
アクセス:JR東舞鶴駅から徒歩15分
http://www.matsukichi.biz

高たんぱく低脂肪で低カロリー♡ 美肌にもなれちゃうジビエ鍋

ゆう月@綾部市

f:id:kyotoside_writer:20191125092659j:plain

「忙しい日常から離れて心を休めることができる、”隠れ家”のような場所」をコンセプトにした料亭「ゆう月」。床の間のある座敷、掘りごたつのテーブルの個室、庭を望むことのできる半個室の椅子席など様々なタイプの部屋で料理を楽しむことができるのも魅力のひとつです。そして冬のお楽しみといえばジビエの王様・丹波のイノシシ!

イノシシというと、しっかり煮込むイメージが強いかもしれませんが綾部の猪肉は薄いのが特徴。特にゆう月では2ミリという薄さにカットされているので、まさに牡丹の花のような美しさ。スープは香味野菜と丁寧にした処理したイノシシの骨をじっくり8時間かけて取り、八丁味噌と西京味噌(白味噌)で味付け。低カロリーなだけでなく脂身はコラーゲンなので美容にもいいそうですよ。年末の慌ただしい時間の合間に、隠れ家で心身ともに休めてみては?

ぼたん鍋コース 7500円(税サ込 11〜2月 3日前までに要予約)
前菜(季節の口取り三種盛り合わせ)、鍋(丹波産猪肉の味噌仕立て)、油物(猪肉のフライ 胡麻ソース)、締め(ほうとううどん 玉子添え)、水菓子(黒豆と和三盆のゆう月ロール)

■■INFORMATION■■
ゆう月 
京都府綾部市七百石町由里16-1
TEL:0773-44-0818(完全予約制 電話予約時間10~22時)
営業時間:11:30~15:00、18:00~22:00
定休日:不定休
アクセス:JR綾部駅から車で15分、京都縦貫道・綾部安国寺ICから車で10分
※送迎サービスは4~5名様から無料送迎サービス可能(お迎え現地から1時間以内)
https://www.ioriyuzuki.com

甘くとろける京丹波高原豚に頬も緩む

スプリングひよし@南丹市

f:id:kyotoside_writer:20191125092836j:plain

自然豊かな丹波地域で育てられた三元豚は、寒暖差の激しい環境で育つことで柔らかく甘い肉質になります。口に入れると肉の甘みが広がり、幸せな瞬間に…。そんな鍋がいただけるのが、スプリングひよし内の「レストラン桂川」です。こちらで冬季限定で提供する「京都丹波鍋」にはたっぷりと京丹波高原豚が入り、さらに南丹市に本社を置く「男前豆腐店」のこだわり豆腐、日吉町特産の壬生菜、存在感たっぷりの大粒丹波しめじと、南丹市の味覚が詰まった一品です。

お出汁は白湯風味の黒豆豆乳スープを使った白おだし、花椒・山椒・唐辛子をブレンドした辛みたっぷりの赤おだし、にんにくをじっくり焦がした香り高い黒おだしの3種類から選べます。お好みのお出汁で体の芯から温まりましょう~。

京都丹波鍋 1188円(税込 113月中頃)
ご飯付き

■■INFORMATION■■
スプリングひよし
京都府南丹市日吉町
TEL:0771-72-1526
営業時間:(レストラン)11:0018:00LO17:00)、311月の土日祝は~20:00LO19:00)、122月の土日祝は~19:00LO18:00
定休日:水曜、123031
アクセス:園部ICから車で約30分、JR日吉駅から市営バス日吉ダム線「ひよし温泉」・「スプリングひよし」下車すぐ
http://www.springs-hiyoshi.co.jp

古代のロマンあふれる、おもてなしの鍋

京都八百忠@城陽市

f:id:kyotoside_writer:20191125092928j:plain

創業約60年の老舗料亭「京都八百忠」でいただけるのは、インパクト抜群の「奈良火鍋(ならほうこう)」。城陽市は万葉集にも詠まれるほど古くからの交通の要所であり、さらに久津川古墳群など古墳が点在する古代ロマンただよう地。また、「京都八百忠」の立つ旧奈良街道沿いは、かつて大衆が屋外で素焼きの大鍋を作り客をもてなしたのだとか。その屋外料理を現代に再現したのが奈良火鍋です。

自慢の出汁は、隠し味にアンデス山脈ウユニ湖のミネラル豊富な岩塩を使用。京都の赤地鶏に国産豚に様々なキノコ、野菜を加えていただきます。最後は特製麺でスープの旨味を存分に味わってください。

奈良火鍋セット 3850円(税込 2人より予約)
食前酒・前菜・強肴・茶碗蒸・焼き物・奈良火鍋・特製うどん・デザート

■■INFORMATION■■
京都八百忠(きょうとやおちゅう)
京都府城陽市平川山道112
TEL:0774-52-2721
営業時間:11:30~14:30L.O.、17:30~21:30L.O.
定休日:水曜
アクセス:近鉄久津川駅 徒歩5分、JR城陽駅 徒歩14分
http://www.yaochu.jp

京の老舗の味が一度に味わえる。滋味に溢れた鍋

河道屋養老@京都市

f:id:kyotoside_writer:20191125093032j:plain

明治43年創業の風情ある蕎麦店で、お鍋はいかがでしょう。聖護院門跡横の路地に立つ建物は同じく左京区の白川にあった農家を移築したもので、門をくぐり庭の露地を伝って奥へ進むにつれ気分も高まります。入って手前は気軽なテーブル席に、奥は庭を眺める座敷になっています。

名物の「養老鍋」とは京の素材にこだわった蕎麦すき。自慢の出汁に、地鶏や海老、九条ねぎ、菊菜といった京野菜がたっぷり入り、「湯波半」の湯葉、「麩嘉」の生麩、「いづ萬」のひろうすなど京の老舗店の具材も贅沢に使った鍋。薬味は京七味とスダチで。最後に二八蕎麦ときしめんを入れていただきましょう。きしめんは少し煮込むと旨味がしゅんで(浸みて)美味しいですよ。

養老鍋 3800円(税込 できれば予約を) 

■■INFORMATION■■
河道屋養老
京都府京都市左京区聖護院御殿西門前
TEL:075-771-7531
営業時間:11:00~19:00L.O.
定休日:火曜(祝日の場合は営業)
交 京阪神宮丸太町、市バス熊野神社前

文豪も愛した、老舗豆腐店の湯豆腐を味わう

竹むら@京都市

f:id:kyotoside_writer:20191125093111j:plain

嵯峨野の老舗「嵯峨豆腐森嘉(もりか)」の豆腐を使った湯豆腐がコースでいただけるのが、嵐山の天龍寺近くに立つ湯豆腐の名店「竹むら」です。森嘉の豆腐は、国産大豆100%と湧水を使い、昔ながらの製法で作られる豆腐の美味しさから毎日、行列ができるほど。かの川端康成や司馬遼太郎などの作品にも登場する超名店です。

湯豆腐のコースは2600円から。その中でもおすすめなのが、「松」のコースです。季節の八寸に自家製の胡麻豆腐、森嘉製のひろうす等をいただきメインの湯豆腐を。海苔、大根、ねぎ、カツオ節、生姜など薬味を添え、削りたての枕崎産カツオ節を使った自家製のダシじょうゆでいただきます。

113月までの間の八寸には、柚子をくり抜き中に柚子みそを塗って豆腐を入れて蒸した柚子釜どうふが登場。柔らかな豆腐に白みその濃厚な風味と柚子の香りが合わさった上品な逸品です。

松コース 3600円(税込)+チャージ100
湯どうふ、八寸、ひろうす、胡麻どうふ、野菜天ぷら、お吸い物、御飯・漬物(香の物)

■■INFORMATION■■
湯どうふ 竹むら 
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺北造路町 48-7
TEL:075-861-1483
営業時間:11:0019:50L.O. 秋10451930
定休日:木曜 ※春・秋は無休。7月夏季休暇あり
アクセス:嵐電嵐山駅より徒歩3分、JR嵯峨嵐山駅・トロッコ嵯峨駅より徒歩7分、阪急嵐山駅より徒歩12
https://www.tofu-takemura.com

 

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!