あなたの「いいね」で「和」を世界へ

わざわざ食べに行きたい京都・福知山のB級グルメ「ゴム焼きそば」って?

f:id:kyotoside_writer:20190429144638j:plain

福知山市のB級グルメ「ゴム焼きそば」ってご存じですか?「食べたことはないけど、聞いたことはある!」という方も多いのではないでしょうか。わざわざ遠方からも食べに訪れる人も多いゴム焼きそばって、どんなところが「ゴム」なんでしょう?その秘密を探るべく、KYOTO SIDE編集部は福知山のまちを訪れました。

巨大な「ゴム焼きそば」の看板が目印!駅北の人気店『粉もの屋』さん

「ゴム焼きそば」の名前のヒミツ

f:id:kyotoside_writer:20190429144927j:plain

初めて訪れた人でもわかりやすい場所にある『粉もの屋』さん

まず訪れたのが、JR福知山駅北口から歩いてすぐの場所に建つ『粉もの屋さん』。早速、店内にお邪魔してみると…、

f:id:kyotoside_writer:20190429145058j:plain

『粉もの屋』店主の植村さん

「いらっしゃーい!待ってたよー!」と、店主の植村さんが笑顔でお出迎え。

f:id:kyotoside_writer:20190429145156j:plain

手に持ってらっしゃるのは…

「お、これはもしかして、噂の『ゴム焼きそば』じゃないですか。早速作っていただいて、どうもすいません!わざわざご準備していただいてありがとうござ…」

「いやいや、違う違う!ここの焼きそばは、麺自体がこんな色をしてるんよ!」

「ええ、そうなんですか!」と、いきなり“麺”食らった編集部。茶色い理由は、麺の製造工程に秘密があるのだとか。まず、中華麺をせいろで蒸した後、水洗いをして、さらにもう一度蒸す。この手間を加えることで、麺が化学変化を起こして茶色に変わり、もっちりとした弾力が生まれるとのこと。その茶色い見た目と弾力がまるで「輪ゴム」のように見えることから、「ゴム焼きそば」と命名されたそうです。

『神戸焼』が発祥の広東風麺

f:id:kyotoside_writer:20190429145404j:plain

ということで、作っていただきながらお話を伺いました

この麺が焼きそばに使われるようになったのは、今から約70年前のこと。福知山市内にあるお好み焼きの店『神戸焼』の先代が、戦時中に中国で食べた広東麺の味が忘れられないと中国より帰国後、市内の製麺所と共同で研究・開発し、店で提供したのが始まり。以来、市内の一部のお店でもこの広東風麺が焼きそばに用いられるようになりました。

駅北地域活性化のために名付けられた『ゴム焼きそば』 

f:id:kyotoside_writer:20190429145659j:plain

福知山の人に愛され続けてきた広東式麺の焼きそば。実は、「ゴム焼きそば」と呼ばれるようになったのは、ごく最近のことなんだとか。今から約10年前、福知山駅前商店街振興組合理事長でもあった植村さんが、駅北地域の活性化に繋がる名物にしようと「ゴム焼きそば」と命名。他のお店を説得して協議会を立ち上げ、福知山のB級グルメとしてPRを始めたのが、世に広まるきっかけでした。

インパクトのあるネーミングとともにゴム焼きそばの存在がTVや新聞、ネットなどで話題に。今では、京都や大阪はもちろん、遠く関東からも食べに訪れる人が現れるようになり、ゴム焼きそばは福知山を代表するグルメとなりました。

2つの味を楽しめる『粉もの屋』のゴム焼きそば

f:id:kyotoside_writer:20190429145808j:plain

ゴム焼きそば650円(税込)

ゴム焼きそばは、店によって味付けが異なっていて、『粉もの屋』さんの場合は、幅広い世代に喜ばれるイタリアンテイストが特徴。実際に食べてみると、モチモチとした食感は、まさに「ゴム」!(食べたことはありませんが…)。食べ応えもしっかりあって、笑みが止まりません!店自慢のトマトソースは、味にコクをプラスして、さらにおいしさがアップ!ソース焼きそばが苦手という方も思わずペロリと食べられちゃう一皿です。

ぜひ福知山に来て、ゴム焼きそばを食べてみて!

f:id:kyotoside_writer:20190429145843j:plain

市外への出店や商品化などの話がたくさん来たものの、「全て断りました」と語る植村さん。「ぜひ福知山に足を運んで、ゴム焼きそばを食べながらお店の人とのふれあいも楽しんでほしいですね」と、優しい笑顔で語ってくれました。ありがとうございました!

「おかえり」の暖簾に心癒やされるお好み焼き・鉄板焼きの店『ふじ』

f:id:kyotoside_writer:20190429145929j:plain

創業約40年の歴史を誇る、老舗お好み焼き店『ふじ』

「ゴム焼きそば」が人気のお店をもう1店ご紹介。こちらは、JR福知山駅から徒歩約10分の場所にあるお好み焼き・鉄板焼の店『ふじ』。「おかえり」と書かれたのれんに、思わず「ただいま!」と言いたくなります。すると…、

f:id:kyotoside_writer:20190429150008j:plain

「いらっしゃーい!待ってたでー!」

と明るく出迎えてくれたのが、店主の藤本さん。とってもチャーミングな笑顔の持ち主で、初めて訪れた編集部をまるで家族のように迎え入れてくれました。この明るい優しい人柄に惹かれてわざわざ遠くから来る人も多いのだとか。うん、納得です。

f:id:kyotoside_writer:20190429150029j:plain

大きな鉄板を囲んで食べる昔ながらのスタイル

f:id:kyotoside_writer:20190429152732j:plain

『ふじ』では、ゴム焼きそばを『焼きそば』の名前で提供

焼きそばと並ぶ店の名物「野菜焼」をムシャムシャ!

「では、早速、『焼きそば』を1つおねがいし…」

「あ、そうそう!ウチに来るお客さんは焼きそばと一緒に『野菜焼』を注文する人が多いんよ!せっかくやし食べてみて!」

「おぉ、そうなんですね!では、ぜひぜひ!」と、まずは「野菜焼」を注文。10分くらい待っていると…、

f:id:kyotoside_writer:20190429150105j:plain

野菜焼330円(税込)

「はい、お待たせー」の声と共に出てきたこちらが野菜焼。薄く引いた生地の上に天かすと煮込んだ牛すじ、イワシのチクワをトッピング。そして、たくさんのネギを生地いっぱいに広げて焼き上げた一品。

f:id:kyotoside_writer:20190429150254j:plain

香ばしいネギがたっぷりだから、口当たりもライト。牛すじやイワシのチクワが味に深みをプラスして、満足感も申し分なしです!

 

初めて食べるのにどこか懐かしい『ふじ』の焼きそば

テコ(ヘラ)を使って「ハフハフ、いやぁ、ほんと、おいしいです!ハフハフ」と言いながら野菜焼食べていると、

f:id:kyotoside_writer:20190429150324j:plain

焼きそば550円(税込)

「はいー、お待たせーしました。」と、焼きそばの登場です!たっぷりのキャベツともやし、豚肉が入った王道のスタイル。もやしを最後に炒めることで余分な水分が出ないから、シャキシャキとした食感も楽しめるんです。もちろん、麺は広東式麺を使用。モチモチとした食感は心地よくて、完全にヤミツキになっちゃいました(笑)。

f:id:kyotoside_writer:20190429150359j:plain

「箸が止まらない!」とはこういうことなんだ。。。

f:id:kyotoside_writer:20190429150008j:plain

「また、来てやー!」

明るい笑顔で編集部を見送ってくれた藤本さん。本当にありがとうございました。

戦後から約70年にわたって福知山の人々に愛されてきた「ゴム焼きそば」。どちらのお店の方もとても温かい人柄で、なんだか身も心も癒やされる気分になりました。ぜひ福知山に足を運んで、モチモチの食感を体験してくださいね♪

■■INFORMATION■■

粉もの屋 
住所:京都府福知山市駅前町386-2
電話番号:0773-22-0032
営業時間:平日10:00~14:30、土日祝9:30~15:30
定休日:火曜

お好み焼き・鉄板焼 ふじ
住所:京都府福知山市天田154(西本町)
電話番号:0773-22-6063
営業時間:12:00~14:00(LO13:30)、17:00~22:00(LO21:30)
定休日:日曜

↓↓おなじく福知山にある話題のスイーツはこちら↓↓

www.kyotoside.jp

 

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!