あなたの「いいね」で「和」を世界へ

この秋見たい!天橋立のアートプロジェクト&ふゆ花火

f:id:kyotoside_writer:20191016134106j:plain
秋の夜長は家の中でまったり読書や映画鑑賞に耽りたい? 確かにそれも素敵な過ごし方ですが、たまには外で秋の夜長を楽しんでみてはいかがでしょう。オススメしたいのは、この秋、天橋立エリアで開催される夜の2大イベント。日本有数の観光名所・天橋立の新たな一面に出合えますよ♪

もうひとつの京都―光のアトリエ―太古から未来へと続くみち

9月13日(金)〜11月4日(月・祝)の金・土・日・祝日18:00〜21:00

@宮津市・元伊勢籠神社〜廻旋橋

f:id:kyotoside_writer:20191016133851j:plain
まず一つめは、ただいま絶賛開催中のアートプロジェクト。日本三景のひとつ“天橋立”エリアを、「太古から未来へと続くみち」のテーマのもと、気鋭のクリエイターによる光や映像、デジタルアートで彩るという斬新な演出に注目が集まっています。

会場は、天橋立の聖地として知られる元伊勢籠神社(もといせこのじんじゃ)と、天橋立と文殊島のある陸地をつなぐ廻旋橋の2カ所。

元伊勢籠神社では、メディアアートユニットNONOTAKが手掛けた「光の海」をイメージしたアート作品が参道に映し出されます。

f:id:kyotoside_writer:20191015081801j:plain

元伊勢籠神社参道に出現するメディアアートユニットNONOTAKのアート作品《LEAP2》

日中も神秘的な雰囲気に包まれている元伊勢籠神社ですが、幻想的な光のアートが合わさって、さらに神々しさが増しているように見えます。来場者からも「光と音、神社がマッチしてすごくきれい!」「昼間とはひと味違う神社の新たな魅力を発見できた!」といった喜びの声が寄せられているそうですよ〜。

f:id:kyotoside_writer:20191015082008j:plain

デザインスタジオGroovisionsと、ライティングデザイナー長町志穂が手掛けた『Kaisen-kyo,Light Motion』

一方、回旋橋では橋の上に2組のアーティストが共同制作した光のアートが出現! 天橋立の伝説やストーリーにインスパイアされた6つのグラフィックス(金龍、白龍、古代の記号(勾玉)、松、亀)がランダムに投影される様子に、思わず見入ってしまいます。「インスタ映えする写真や動画が撮れて楽しい!」とスマホを向ける人もあとを絶たないそうです。

元伊勢籠神社と廻旋橋は、いずれも天橋立観光で外せないスポット。明るい時間に一度訪ねて、光のアートに彩られる夜にもう一度訪ねて、その違いを楽しんでみるのもオススメですよ。

■■information■■

開催日時:9月13日(金)〜11月4日(月・祝)までの金・土・日・祝日18:00〜21:00
※10月21日(月)のみ臨時公開
会場:元伊勢籠神社(京都府宮津市大垣430)/廻旋橋(京都府宮津市文殊)
問い合わせ先:TEL0772-22-8030(天橋立観光協会)
料金:無料
アクセス:元伊勢籠神社/京都丹後鉄道天橋立駅から路線バスで約25分、天橋立元伊勢籠神社バス停から徒歩すぐ
廻旋橋/京都丹後鉄道天橋立駅から徒歩約5分
駐車場:元伊勢籠神社/約150台(無料)、廻旋橋/無(近隣にコインパーキング有)

 

天橋立ふゆ花火2019

10月27日(日)花火は19:30〜

@天橋立阿蘇海上(府中側)

f:id:kyotoside_writer:20191015082744j:plain

さて、もう一つのお楽しみはこちら、晩秋の澄みきった夜空に大輪の花が咲く「天橋立ふゆ花火2019」。成相寺開山1300年を記念して2005年にスタートし、今年で15回目を迎える秋の名物イベントです。

f:id:kyotoside_writer:20191015082918j:plain

約2000発の花火が天橋立の上空を華麗に彩ります

天橋立阿蘇海上(府中側)に打ち上げられる花火はなんと約2000発!シーズンオフにこれだけの花火を鑑賞できるとは贅沢の極みです!日本三景・天橋立とのコラボレーションも見ものですよ〜。
観覧会場には16時から模擬店が続々と出店。海の京都ならではの魚介を使ったご当地グルメを味わい、食欲の秋も満喫しちゃいましょう。冷え込む時期なので、防寒対策もお忘れなく!

■■information■■

開催日時:10月27日(日)16:00〜20:30
・16:00〜模擬店 ・19:30〜花火打上げ
会場(観覧・模擬店・イベント):丹後海陸交通駐車場(にしがき府中店横)
問い合わせ先:TEL0772-22-8030(天橋立観光協会)
料金:観覧無料
駐車場:約600台(無料)※3カ所有

<注意事項>
・会場までの国道178号線は一本道です。当日は大渋滞が予想されるので、時間に余裕を持ってお越しください。
・文殊の市営天橋立駐車場・宮津はままちパーキングも利用可能、観光船による移動を案内します。
・花火終了後は有料駐車場から誘導を開始します。お急ぎの場合は、有料駐車場をご利用ください。
・無料駐車場は午後5時〜午後10時の間、利用可能です。各駐車場は午後10時に施錠されるので注意してください。
・駐車場内は全面禁煙です。大会会場内は喫煙所をご利用ください。
・緊急避難場所は、府中小学校・府中の郷です。

 

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!