あなたの「いいね」で「和」を世界へ

【WEBで買える】おうちごはんが楽しくなる京都のキッチン道具&テーブルウェア

f:id:kyotoside_writer:20200521020128j:plain 毎日の食事&カフェタイムを便利かつ楽しくしてくれる素敵なキッチン道具&テーブルウェアで、おうち時間をもっと豊かに過ごしませんか? 職人さんたちの丁寧な手仕事の温もりが感じられる選りすぐりのアイテムをご紹介します。

杢目の表情と風合いに癒される木製品

KUKU(クク)@京丹後市

f:id:kyotoside_writer:20200521013635j:plain

1940年の創業以来、京丹後を拠点に家づくりを手掛けてきた福田工務店が2017年、「木と暮らすことの豊かさを感じてもらいたい」との思いから自社ブランド「KUKU」を立ち上げました。
世界に向けて木製品を取り入れたインテリアやライフスタイルの魅力を発信し、京丹後の活性化にも力を入れています。

f:id:kyotoside_writer:20200521013701j:plain

京丹後産のケヤキを使用した「カッティングボード」は、ちょうど食パン1枚が乗るほどのサイズ感。杢目の個性を生かし、かつ長く使えるようにと飽きのこないシンプルなデザインにこだわっています。

f:id:kyotoside_writer:20200521013727j:plain

フライパンのように柄が付いているので、台所からそのまま食卓に出しやすい♪パンやチーズ、フルーツなど、どんな食べ物でも乗せるだけでオシャレにしてくれるアイテムです。

f:id:kyotoside_writer:20200521013826j:plain

トチ

希少な銘木であるケヤキ・ブビンガ・トチの3種類の無垢材を使った「トレイ」は、大胆でユニークな杢目を切り取ったもの。同じ木種でも表情が異なるのがおもしろいんです。

f:id:kyotoside_writer:20200521013906j:plain

ブビンガ

大判のため主食・主菜・副菜にお味噌汁がトレイにすべて揃う定食スタイルの食事を楽しむのにも向いています。互いに重なりやすいデザインになっているので家族全員分、収納にも困りませんよ。

f:id:kyotoside_writer:20200521013944j:plain

ケヤキ

そのほか、京丹後で制作した一枚板のテーブルやフォトフレームなどもあるので、木が好きな方はぜひウェブショップから他の商品もチェックしてみてくださいね。

 ■■INFORMATION■■
KUKU(株式会社福田工務店)
京丹後市弥栄町黒部3120

ウェブショップ
https://www.creema.jp/c/KUKU_fukuda/item/onsale
電話問合せ:0772-65-2211(受付は9時~18時、日曜休み)
メール問合せ:info@kukulife.jp
instagram  https://www.instagram.com/kuku.life/

日常を彩る美しい器たち

朝日焼@宇治市

f:id:kyotoside_writer:20200521014143j:plain

Stay Home 一煎セット 宝瓶 青磁

日本屈指の茶どころ宇治に窯元があります。初代当主がこの地に窯を築き、以来400年宇治のお茶文化とともに育まれてきた朝日焼は、昔から茶器として珍重、愛用されてきました。今ではモダンなデザインの陶器や磁器を作り、販売しています。

f:id:kyotoside_writer:20200521014220j:plain

窯元のすぐ前に流れる宇治川の清流をイメージしてつくられた「湯呑 青磁」。お茶の緑と相性の良い青磁の釉薬が使われています。

f:id:kyotoside_writer:20200521014249j:plain

繊細なひび模様(貫入)がとても美しい「ほうじ茶のためのマグ 樫灰釉」。ほうじ茶や番茶を飲むほどに変化が楽しめるモーニングカップは宇治で採掘した陶土で作られたもの。

f:id:kyotoside_writer:20200521014306j:plain

「花入 月白釉 M」はセレクトアイテムで、店主選りすぐりの逸品です。口の広い花入なので、洋花・和花問わず生けることができるのがうれしいポイント。白濁した青色の釉薬・月白釉がさまざまな表情をみせ心を和ませてくれます♪

f:id:kyotoside_writer:20200521014327j:plain

「キャンドルカップ 無月(むつき)」は朝日焼、和ろうそく専門店大與、ライフスタイルブランドsferaのコラボにより誕生した商品。
宇治で採掘した陶土を登り窯の薪だけの炎で焼き締めています。そのため、土の焦げた表情が1つづつ違いがあることもこのカップの特徴です。口元には、和ろうそくの炎をうけて柔らかく光を放つ銀彩が施されています。
セットされている自然素材で作られた和ろうそくは、無臭のため食事タイムにぴったり!

■■INFORMATION■■
朝日焼
宇治市宇治又振67

ウェブショップ
https://asahiyaki.com/index_shop.php
電話問合せ:0774-23-2511(受付は9時~17時、月曜・最終火曜は休)

手によく馴染んでやさしい使い心地の竹製品

東洋竹工@向日市

f:id:kyotoside_writer:20200521014609j:plain

日本各地に竹の名産地はありますが、なかでも京都の乙訓地域(向日市・長岡京市・大山崎町)や京都・洛西の竹は硬くて艶があり、特に良質とされています。
向日市にある創業61年の東洋竹工は、日用品から伝統工芸品、さらにはインテリアまでさまざまな竹製品を取り扱う、老舗の製造卸問屋です。

f:id:kyotoside_writer:20200521015343j:plain

京都を中心に全国各地から集められた竹を手間暇惜しまず美しく加工した銘竹で作られた竹箸。写真上からゴマ、スス、シロ。箸の先が四角くなっているので、麺や小さな豆もとってもつかみやすい!

f:id:kyotoside_writer:20200521015435j:plain

写真上は、かものはしスプーン。アイスクリームやヨーグルトなど、カップの隅まで残さず取りきることができるという代物です! 写真下は丸いフォルムが愛らしい竹の皮付バターナイフ。

いずれも東洋竹工の職人がひとつひとつ丁寧に削りだしているため、手によく馴染んでやさしい使い心地。

f:id:kyotoside_writer:20200521015508j:plain

竹専門店の目利きで仕入れたお墨付きアイテムを3つご紹介。竹を細く削って束ねた「ミニはけ」は、おろし金の薬味落としや鍋の灰汁取りもできる便利グッズです。

f:id:kyotoside_writer:20200521133036j:plain

抹茶ラテやミルクココアに最適の「茶筅マドラー」。柄が長いのでグラスの中でそのままシャカシャカ点てると、ふわふわの本格的なラテがあっという間に完成します~。

f:id:kyotoside_writer:20200521015606j:plain

鬼の歯のような鋭い竹の刃で素材をおろすことで栄養や味わいはそのまま。ふんわりシャキシャキ食感の大根おろしを作ることができますよ~。みぞれ鍋やみぞれ汁にも大活躍! ウェブショップはもちろん、電話注文も大歓迎とのことです^^

 ■■INFORMATION■■
東洋竹工株式会社
向日市寺戸町久々相13-2

ウェブショップ
https://www.shinise.ne.jp/toyo/category/652/
電話注文:075-933-7733(受付は9時~17時、日曜・土曜・祝日休み)
メール注文:info@toyo-bamboo.com

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!