あなたの「いいね」で「和」を世界へ

京都タワーだけじゃない! まだまだある京都の注目タワー

f:id:kyotoside_writer:20200618185713j:plain京都で“タワー”といえば、京都駅前にそびえ立つ京都タワーを思い浮かべますが、実はそれだけではないって知ってました??
京都には、ほかにも魅了的なタワーがあるんです。今日はそんな京都のタワーをご紹介します!

近畿百景の一位にも選ばれた360度の絶景パノラマが魅力

五老スカイタワー

f:id:kyotoside_writer:20200407171214j:plain舞鶴のランドマーク的存在といえば、五老スカイタワー。海をのぞむ五老ヶ岳山頂に広がる自然公園の中に立っています。五老ヶ岳の海抜は約300mでタワーの高さは約50m。合わせると約350mという高さのタワーです。ユニークな形は海軍さんの街らしく軍艦の指揮所、艦橋(=かんきょう)がモチーフ。海抜325mの高さにある展望室は見張り台、展望広場は船のデッキと海の波をイメージしているんですって。

f:id:kyotoside_writer:20200407171406j:plain五老スカイタワーの魅力は、なんといってもロケーション。展望室からは舞鶴湾(若狭湾国定公園)の美しいリアス式海岸や海上自衛隊の護衛艦など、360度に広がる絶景パノラマが広が楽しめます。しかもこの景色、「近畿百景」の第一位にも選ばれているんですよ。

 

f:id:kyotoside_writer:20200407171451j:plain
f:id:kyotoside_writer:20200407171437j:plain

 タワー内には、GORO SKY CAFE nanakoがあり、絶景を眺めながらフォトジェニックなnanako PANCAKE(2990円・右)や青空、夕日、雲海、朝日、新緑をイメージしたGORO SODA(580円・左)、カレーなどが楽しめちゃいます。

 GORO SKY CAFE nanakoについて、こちらの記事もチェック!

ライブカメラで舞鶴湾をチェック

f:id:kyotoside_writer:20200407171610j:plainちなみに公式HPではライブカメラで眺望を24時間配信。家にいながら、この素晴らしい景色が楽しめちゃうんです! 運が良ければ10〜2月頃、雲海が見えることもあるそうですよ。ライブで雲海が見られたらラッキーですね(^^♪


舞鶴市五老ヶ岳ライブカメラ
https://www.youtube.com/watch?v=KSMtPlNaoMM&feature=emb_title

■■Information■■
五老スカイタワー 
住所:京都府舞鶴市字上安 237 
TEL:0773-66-2582 

 

 

京都一高くて、全国に数例しかないレアなタワー

くみやま夢タワー137

f:id:kyotoside_writer:20200407171959j:plain京都府の南、京野菜の一大産地でもある久御山町の中心部にそびえる、このシュッとしたスリムなタワーをご存じですか?
こちらは京都の放送局、KBS京都のAMラジオ電波塔。初代は昭和34年に建設され、現在のものは昭和62年に送信アンテナとして新設されました。国内で自立式鉄塔型のアンテナは珍しく、数例しかないんですって。しかも気になる高さは137m。なんと京都タワー(131m)より高く、京都で一番高いタワーです。

 

f:id:kyotoside_writer:20200407172018j:plainこのタワー、一昨年秋までは町の人達に「KBS京都ラジオ電波塔」と呼ばれていたのですが、町内外の方から末永く愛されるようにと愛称を全国から公募。選考の結果、「くみやま夢タワー137」に決定しました。

 

56パターンものライトアップを展開

f:id:kyotoside_writer:20200407172038j:plainまた、昨年11月3日よりライトアップもスタート。日没から深夜0時までの間、毎日テーマに沿ったデザインでライトアップされます。展開はこんな感じ。
①毎時0分~10分 「子ども読書週間」や「抹茶の日」など国内外の記念日や祝日を参考に1週間ごとにプログラミングされたカラーを点灯。そのデザインは52パターンもあるんですって。
②10分~次の0分までの50分間 季節をイメージした年4パターンを点灯

プログラムは久御山町HP くみやま夢タワー137「今日の色」に掲載されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

くみやま夢タワー137「今日の色」

■■Information■■
KBS京都ラジオ送信所「くみやま夢タワー137」
京都府久世郡久御山町田井塔ノ本

 

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!