あなたの「いいね」で「和」を世界へ

夏から秋の京都府名産フルーツを生産者が産地直送!!

f:id:kyotoside_writer:20200621105039j:plain

京都府の農産物といえば、京野菜やお茶をイメージする方が多いと思いますが、実はフルーツも名産品がたくさんあります!特に海の京都エリアの京丹後市にはフルーツ農家が多く、全国各地から注文がやってくる人気ぶり。
京都府内北から南まで、新鮮でみずみずしい絶品フルーツをご紹介。ぜひともお取り寄せしてください♪

雄大な日本海を望むフルーツ農園@白岩恒美農園

f:id:kyotoside_writer:20200621102657j:plain

日本海を望む丘陵地でメロン、スイカ、ぶどう、梨など多彩な果物を栽培するフルーツ農園。フルーツ狩りや直売所での販売のほか、地方発送にも力を入れています。

f:id:kyotoside_writer:20200621102719j:plain

また、久美浜のフルーツ農園を巡って楽しむ旅がコンセプトの「フルーツトレイル」の会場にもなっており、採れたて新鮮フルーツを使ったオリジナルメニューがスタンバイ!
7月から10月までのおすすめを教えていただきました!

▶久美浜フルーツトレイル

fruitstrail.com

f:id:kyotoside_writer:20200621102901j:plain

スイカ7月中旬から8月上旬

ラグビーボールのような形の皮が薄いスイカ「姫まくら」は水分量が多く、甘みと香りのバランスがとってもいい♪

f:id:kyotoside_writer:20200621102942j:plain

メロン7月下旬から8月上旬

美しい網目模様のネットメロンは、芳醇な香りととろけるような滑らかな舌触りがたまりません。メロンは常温保存で5日ほど置くと柔らかくなり、冷蔵庫で冷やして食べるのがオススメ。

f:id:kyotoside_writer:20200621103005j:plain

ぶどう8月上旬から10月

ご自慢の主力商品はぶどう!ワイン用のぶどう畑と同じ垣根栽培をしているため、低いところに実がなり、子どもからお年寄りまで収穫体験がしやすいのも人気の秘密です。
藤稔(ふじみのり)、デラウェア、ピオーネ、ブラックビートなど品種の多さも魅力。イチ押しは藤稔!1粒最大40gにもなり、大きさ濃厚な味わいとともにこれぞブドウの王様です。
また、濃厚な味わいを引き出すために肥料は極力減らしているんだとか。収穫してから傷みにくいというメリットもあるそうです。

■■INFORMATION■■
海の見える丘 白岩恒美農
http://www.shiraiwanoen.com/
京都府京丹後市久美浜町平田983

★お取り寄せ方法★
・TEL0772-83-0911
・FAX0772-83-1227
・ブレンドファームネットショップ
https://blendfram.thebase.in/

 

丹後から珠玉の完熟フルーツを直送@岡﨑農園

f:id:kyotoside_writer:20200621103205j:plain

海あり山ありと自然豊かな京丹後市久美浜町にて家族3代で果物を栽培する岡﨑農園の夏から秋のイチ押しは桃と梨。「一番おいしい時期に食べてもらいたい」というこだわりから、しっかりと熟したものを見極めて収穫した珠玉のフルーツを直送します。

f:id:kyotoside_writer:20200621103240j:plain

725日頃から815日頃

あかつき、嶺鳳、清水白桃などの品種を栽培しています。なかでも高貴ないでたちの「清水白桃」はピンクと白のグラデーションがとってもきれい。濃厚な香りとまろやかで上品な甘みが特徴です。

f:id:kyotoside_writer:20200621103326j:plain

8月末から9月末

秋の始まりにまず食べたいのが二十世紀梨。酸味と甘みのバランス、シャキシャキとした爽やかな食感がたまりません。そのほか、晩秋には新興梨も登場。
桃も梨も冷やし過ぎると果物本来の美味しさが損なわれてしまうので、食べる1時間前から冷やしておくとより美味しくいただけるそうですよ~。

■■INFORMATION■■
岡﨑農園
京都府京丹後市久美浜町三原512
0772-83-0521

★お取り寄せ方法★
・TEL0772-83-0521
・FAX0772-83-1475

 

希少な砂丘で栽培される小玉スイカ@GRUE Green & Blue

スイカ71日~30

f:id:kyotoside_writer:20200621103445j:plain

久美浜の豊かな緑と海をイメージした爽やかな屋号「GRUE Green & Blue」が印象的なスイカ農家が手がける小玉スイカ「姫まくら」。楕円形のフォルムが枕に似ていることがその名の由来です。

f:id:kyotoside_writer:20200621103502j:plain

京丹後市久美浜町の希少な砂地は水けがよくスイカの栽培に適しているそう。収穫前に水やりをうんと控えることで甘さや濃厚な味わい、そして香りを引き出しています。

f:id:kyotoside_writer:20200621103535j:plain

重さは2~3㎏。冷蔵庫に入りやすいちょうどいいサイズ感の小玉スイカ「姫まくら」は、皮がうすくて実がたっぷり。小玉スイカですがしっかりとしたサクシャキ食感も楽しめるのが嬉しいですね。
常温の冷暗所で保存し、食べる前に1時間程度冷やしてから食べるのがベスト!また、スイカをサイコロ状にカットし、冷凍したものをミキサーにかけてスムージーにするのも農家さんお墨付きの食べ方なんだとか。

■■INFORMATION■■
GRUE Green & Blue
京都府京丹後市久美浜町友重1006
080-2505-9258

★お取り寄せ方法★
オンラインショップ
・たまな商店
https://tamana-shop.jp/himemakura/
・楽天市場
https://item.rakuten.co.jp/tabemono-shop/wmelon1/

 

完熟いちじく本来の美味しさを体感!@森島平兵衛農園

7月下旬~10月下旬(天候による)、最盛期は8月

f:id:kyotoside_writer:20200621103656j:plain

城陽の名産品・いちじくを栽培する森島平兵衛農園では一般的な品種・桝井ドーフィンだけにとどまらず、バナーネ・コナドリア・ネグローネなど普段お目にかかることができない希少品種の栽培も手掛けています。

f:id:kyotoside_writer:20200621103840j:plain

森島平兵衛農園のいちじくはギリギリまで木の上で完熟させるため糖度がとても高いんです!完熟いちじくは傷みやすく、通常スーパーには出回っていません。完熟いちじく本来の美味しさを味わえるまたとない機会、ぜひご賞味ください。

f:id:kyotoside_writer:20200621103852j:plain

また2019年には、「体も心も楽しくヘルシーになれる、豊かないちじくライフを過ごしてもらえたら」という思いから自社ブランド「KYOTOいちじくFACTOY」を立ち上げられました。直売所では冷凍いちじくや、スムージーなどの販売も予定しているそう。こちらもこうご期待!

■■INFORMATION■■
森島平兵衛農園
京都府城陽市奈島十六36
0774-52-0469 / 090-9091-9283

★お取り寄せ方法★
・BASE ※8月下旬より受付開始
https://morishima.base.shop/
・各種SNSよりダイレクトメールで注文受付
https://www.instagram.com/kyoto_morishima/
https://twitter.com/kyoto_morishima
https://www.facebook.com/kyoto.morishima/
・FAX 0774-53-7375

 

童仙房高原の清流で育ったブルーベリー@童仙房山荘

ブルーベリー8月~10

f:id:kyotoside_writer:20200621104048j:plain

京都府唯一の村、南山城村にある宿泊施設・童仙房山荘が手掛ける有機栽培・無農薬のブルーベリー農園は先代女将が約40年前に始めたもの。毎年多くのブルーベリー狩り客でにぎわっています。

f:id:kyotoside_writer:20200621104104j:plain

標高500mの高原の気候かつ蛍が飛び交う清らかな清流で育てられたブルーベリーは濃厚な甘さと大きな実が特徴です。そのまま食べても大満足。

f:id:kyotoside_writer:20200621104132j:plain

童仙房山荘ではウォッカ漬けにしたブルーベリーをアイスクリームにかけたデザートも大人気。素材のうまみがギュッとつまったブルーベリー果実酒を作ってみてはいかがでしょうか。
収穫に時間がかかるため、事前の予約が必要です。収穫ができ次第、発送してもらえます。

 ■■INFORMATION■■
童仙房山荘
http://www.dosenbo.com/
京都府相楽郡南山城村童仙房小字道宣26-1
0743-93-0224/050-3393-8033

担当:井上

★お取り寄せ方法★
TELのみ
0743-93-0224/ 050-3393-8033
担当:井上

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!