あなたの「いいね」で「和」を世界へ

涼を感じる!暑い夏に食べたい、京都の爽やか柑橘スイーツ5選

f:id:kyotoside_writer:20200721104337j:plain

ぐんぐん増してきた暑さで、食欲もちょっぴり減退気味の今日このごろ。そんな時には、レモンやみかんなどの柑橘類を使った、すっきり爽やかなスイーツが食べたくなりませんか?

今回は、京都で注目の柑橘スイーツをご紹介! 涼しげな見た目と甘酸っぱさが、夏バテを吹き飛ばしてくれそうです。

 

素材のおいしさをギュッと閉じ込めたぷるぷるスイーツ

舞鶴ふるるファーム お菓子工房の「大浦みかんゼリー」(舞鶴市)

f:id:kyotoside_writer:20200721104438j:plain

「大浦みかんゼリー」210円(税込)

舞鶴湾や若狭湾の絶景を望む「舞鶴ふるるファーム」は、「農と食の距離を近づける」がコンセプトの、自然食のビュッフェレストランやコテージ、農場や牧場などが一体となった施設。その中の「お菓子工房」には、「地元食材のおいしさを広めたい!」と考案された様々なスイーツが並びます。

今回ご紹介する「大浦みかんゼリー」は、工房を代表する自信作の一つ。使われているのは、舞鶴市大浦地区の山間地の斜面にある畑で栽培され、「ふるさと舞鶴あぐりブランド」にも認定されている大浦みかん。小ぶりながら甘味と酸味のバランスが良く、みかんそのものの味がしっかりしているのが特徴です。大浦みかんの果汁と果実のジュースを口溶けの良い柔らかさに固めた瑞々しいゼリーは、添加物不使用の優しい味わい。素材そのものの味を大切にした、シンプルかつ贅沢な一品です。甘酸っぱさと目にも鮮やかなオレンジ色が食欲をそそり、暑い日のおやつにぴったりですね。

■■INFORMATION■■
舞鶴ふるるファーム お菓子工房
住所:京都府舞鶴市字瀬崎60
交通アクセス:舞鶴若狭自動車道「舞鶴東IC」から車で約20分
TEL:0773-68-0233
営業時間:10時〜16時
定休日:火曜

 

濃厚なのにさっぱり!口どけなめらかな大人の味わい

タイソンタルトの「柚子のダブルチーズタルト」(亀岡市)

f:id:kyotoside_writer:20200721104749j:plain

「柚子のダブルチーズタルト」1ホール2,400円(税込)・1ピース378円(税込)

亀岡市にある「タルト専門店 タイソンタルト」は、イタリアンの厨房でスイーツ作りを学んだ店主の“タイソンさん”こと前田さんが、知人や友人からのオーダーに応えて作っていたタルトがじわじわと話題を呼び、口コミが広まって生まれた、手作りタルトの店。オンラインストアのほか、道の駅「ガレリアかめおか」でも販売しています。

メニューは季節ごとに変わるタルト数種のみという潔さ。その分一つひとつにこだわりを詰め込んでいるそうで、「春はイチゴ、秋はイチジクなど、自分が食べてみて本当においしいと思った地元の食材を積極的に使っています」と前田さん。

f:id:kyotoside_writer:20200721104828j:plain

亀岡市保津町で採れた柚子をたっぷり使った「柚子のダブルチーズタルト」は、通年販売している看板商品の一つ。2014年には「京都丹波スイーツ選手権」最優秀賞を受賞し、亀岡市のふるさと納税の返礼品にも選ばれているなど、地元との深い繋がりを持つ一品です。

約5cmもの高さがあるタルトは、カマンベールチーズがブレンドされたクリームチーズを使ったベイクドチーズケーキの上に、自家製の柚子ジャムとマスカルポーネチーズや生クリームを混ぜ込んだムースが乗った二層仕立て。一口食べるとふわりと柚子の香りが鼻に抜け、その爽やかさとチーズのコクのバランスが絶妙! 濃厚なのに不思議と飽きが来ず、いくつでも食べたくなるおいしさです。夏は半解凍の状態で、アイスケーキのようにひんやりと楽しむのもオススメだそう。

実店舗は構えておらず、オンラインストアではホールで、道の駅「ガレリアかめおか」ではピースで購入することができますよ。


■■INFORMATION■■
タイソンタルト

Instagram:https://www.instagram.com/tysontarte/?hl=ja


【WEB購入】
minne.com

 

意外な組み合わせが楽しい!目にも鮮やかな和菓子

御菓子司 富士笠の「京みな月 金柑」(宇治市)

f:id:kyotoside_writer:20200721105220j:plain

「京みな月 金柑」170円(税別)

「御菓子司 富士笠」は、地元のお客さんに長年親しまれる地域密着の和菓子店。旬の食材にこだわった色とりどりのお菓子が並びます。昔ながらの製法を大切にしながらも、現代のお客さんの好みや興味に合わせた新しいアイデアを絶えず模索しているのだそう。

 「京みな月」もそんな進化を取り入れた一品。先代の時代には白いういろうに小豆をあしらった定番のものだけでしたが、当代では抹茶や栗、黒糖など変わり種を追加。さらに季節ごとに旬の果物を乗せたものも考案し、今では「京みな月」がお店の看板商品の一つに。ういろう部分も、すっきりした甘さと柔らかくもっちりとした口当たりになるよう食材の配合を改良したのだとか。

中でも珍しいのが、今回ご紹介する「京みな月 金柑」。ういろうに乗せられているのは、千切りにして砂糖で炊き上げたつややかな金柑と、丹波大納言小豆。金柑の甘酸っぱさが口いっぱいに広がり、ういろうや小豆の上品な甘さとの相性がぴったりです。水無月に酸味をプラスするなんて、新鮮ですよね。

f:id:kyotoside_writer:20200721105315j:plain

水無月は6月30日に行われる夏越祓(なごしのはらえ)にちなんで食べられる京菓子ですが、こちらではお客さんの声を受け、通年販売しているのだそう。併設された喫茶でも味わうことができますよ。 

■■INFORMATION■■
御菓子司 富士笠
住所:京都府宇治市小倉町西浦63-3
交通アクセス:近鉄「小倉」駅から徒歩約3分
TEL:0774-22-1879
営業時間:9時〜19時 ※喫茶は〜18時(L.O.)
定休日:水曜 ※ほか臨時休業の場合あり

 

上質なグレープフルーツを丸ごと!涼やかな果汁100%ゼリー

京菓子司 与楽 本店の「グレープ柑」(城陽市)

f:id:kyotoside_writer:20200721105458j:plain

「グレープ柑」1,360円(税込)

京都府内に4店舗を構える「京菓子司 与楽」は、創業40年を超える人気和菓子店。一日に数百個、時には1,000個以上を売り上げるといういちご大福をはじめ、季節のフルーツ大福や生菓子、どら焼きやもなかなど、多彩な和菓子がそろいます。

夏季のみ数量限定で販売される「グレープ柑」は、厳選したフロリダ産の新鮮なグレープフルーツをまるまる一個使った、インパクト大なお菓子。果実をきれいにくり抜いたら薄皮も手作業で丁寧に剥き、ジューシーな果実を搾って、元の皮の中で冷やし固めます。

f:id:kyotoside_writer:20200721105642j:plain

ぷるぷるとした食感と清々しい酸味、そしてアクセントとなるほろ苦さを、一口で味わうことができます。まさにグレープフルーツを丸ごと食べているかのような、涼しげなゼリーです。本当の果実を食べる時のように包丁を入れてくし切りに切り分けると、さらに可愛らしい見た目になるそうですよ。

店頭とオンラインショップ、どちらでも購入することができます。


■■INFORMATION■■
京菓子司 与楽 本店
住所:京都府城陽市平川中道表23-18
交通アクセス:近鉄「久津川」駅から徒歩約10分
TEL:0774-54-2482
営業時間:9時30分〜18時
定休日:火曜 ※祝日の場合は営業

【WEB購入】
www.kyougashi-yoraku.com

 

まぁるいドーム型が可愛い♡濃厚&甘酸っぱい味の重なりを楽しんで

R☆Happyの「レモンタルト」(木津川市)

f:id:kyotoside_writer:20200721105905j:plain

「レモンタルト」420円(税込)

できる限り添加物を使わずに作ったケーキやタルト、焼き菓子などの洋菓子が並ぶ「R☆Happy」は、木津川市で生まれ育った店主の畑上さんが「お世話になった地元に恩返しをしたい」との思いで10年前にオープンしたケーキ店です。

特にこだわるのは、「唯一無二の味」と人気の生クリーム。生クリームが好きな人にも苦手な人にも満足してもらいたいと研究を重ねたクリームは、あっさりしていて飽きが来ず、それでいてしっかりとミルクの後味を感じます。

そんな自慢の生クリームを使って爽やかに仕上げたのが夏限定の「レモンタルト」。香ばしいヘーゼルナッツクリームの外側に濃厚なレモンバタークリーム、その上をすっきりとしたレモンのムースで覆った3層構造。複雑においしさが溶け合い、じっくり味わいたくなる一品です。様々な型を試した結果辿り着いたドーム状の形にも秘密が。タルト台の味や食感に、その上のムースやクリームが負けてしまわない“黄金比”を作り出せるのがこのドーム型なのだとか。レモンのほか、季節ごとにマロンやベリーなどのドーム型タルトが登場するので、そちらも要チェックです。


■■INFORMATION■■
R☆Happy
住所:京都府木津川市州見台3-8-2
交通アクセス:JR「木津」駅からバス「州見橋東」下車 徒歩約3分
TEL:0774-26-3134
営業時間:10時〜19時 ※商品がなくなり次第終了の場合あり
定休日:水曜 ※祝日の場合は翌日休

 

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!