あなたの「いいね」で「和」を世界へ

あのエヴァに乗れる! 太秦に「エヴァンゲリオン京都基地」が誕生

f:id:kyotoside_writer:20200916224310j:plain

春ぐらいからJR嵯峨野線を使っているエヴァンゲリオン(以下、エヴァ)ファンたちの間で「車窓から映画村を見ると、どうもエヴァがいる感じがする」という噂が流れていたのですが、その真相がこの度、判明。どうやら映画村にエヴァの京都基地ができ、しかも世界初、エヴァに搭乗することができるのだとか。これは見逃せない! ということで早速、京都基地に潜入してきました。

 

世界初! エヴァンゲリオンに乗れる新アトラクション誕生

f:id:kyotoside_writer:20200916224347j:plainこのエヴァの京都基地があるのは1975年にオープンした京都市右京区にある東映太秦映画村(以下、映画村)。映画村というと子供の頃に家族で行った! 修学旅行で行ったよ、 時代劇の撮影場所だよね、というイメージがありますよね。ところが今や映画村は映画や時代劇だけでなく、仮面ライダーなどヒーローものやアニメなど日本のコンテンツが楽しめるテーマパークにもなっています。その映画村にこの度、栄えあるエヴァの京都基地が設置されることとなったのです。

『エヴァンゲリオン』 シリーズとは
1995年のテレビアニメーション『新世紀エヴァンゲリオン』の放送から始まり、コミック・映画・ゲームなど様々なメディアに展開し、社会現象を巻き起こしたアニメーション作品。 2007年には劇場用アニメーション作品 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版 』 シリーズがスタートし、若者を中心に幅広い年代層に支持され、これまでに 『 :序 』『 :破 』『 Q 』 の3作を公開。全世界待望の最終作 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が近日公開予定。

 

エヴァンゲリオン京都基地で新規パイロットを公募

f:id:kyotoside_writer:20200916224909j:plainというのも使徒(エヴァに登場する架空の生命体。作品中で人類に敵対する存在)の反応を確認した特務機関NERVは「第3新京都市支部」を太秦に設立し、京都基地を建設。この度、新規パイロットを公募することになり、応募者は様々な適性検査を経てシンクロ率を測定、初号機エントリープラグの搭乗テストを受けることができます。

 

f:id:kyotoside_writer:20200916224545j:plain

EVAパイロット育成1課の方が案内してくれます。Tシャツが素敵!

基地に行くには整理券が必要です。そこで事前予約をして早速、時間に集合(予約方法は記事の最後に掲載)。パイロット候補生のIDと記念品をいただき基地に入ることができました。

 

L.C.Lの真っ赤なプールに感動

f:id:kyotoside_writer:20200916224622j:plain

あまりの大きさに感動

目の前に現れたのはエヴァの初号機。大きさは上半身の高さ約15m。下半身はL.C.L(エヴァンのコックピット=エントリープラグ内に注水される赤い液体)のプールにつかっています。ド派手なショーの後、ここからA班、B班に分かれ行動することに。ちなみにこのL.C.Lの色にもこだわりがあるそうなので要チェック!

 

f:id:kyotoside_writer:20200916224644j:plain

手のまわりはL.C.Lのプールが

私が参加した班は記念撮影からスタート。まずはエヴァの手の平の上にのって写真撮影ができます。これは感動! 大きなエヴァの手に包まれている感じで幸せ。

 

f:id:kyotoside_writer:20200916224753j:plain

手のまわりはL.C.Lのプールが

1人できても遠隔カメラで撮影してくれるので大丈夫。写真は後で購入できますよ。さらにスタッフの方がエヴァをバックに撮影をしてくれます。

 

目標をセンターに入れてスイッチ!

f:id:kyotoside_writer:20200916225002j:plain

撮影が終了したところでエントリープラグに乗るべく適性検査を受けに行きます。

 

f:id:kyotoside_writer:20200923174350j:plain入り口でIDをかざし、最上階(4階)にあるエントリープラグをめざすのですが、その間、様々な問題が出され、解きながら階段を登っていきます。なかなかマニアな問題もあって難しかった~(どんな内容かは行ってからのお楽しみ)。

 

f:id:kyotoside_writer:20200916225038j:plain
無事にエントリープラグに到着。わー、よい眺め!! 映画村の瓦屋根の向うに京都タワーもみえますよ。

 

f:id:kyotoside_writer:20200916225050j:plain

適性検査の最後はエントリープラグに乗りコントロールレバーを握ってシンクロ率(エヴァンゲリオンとパイロットの神経回路の同調率)を測定。エントリープラグに乗れる感動と適性検査の緊張でドキドキです。

 

f:id:kyotoside_writer:20200916225125j:plainエントリープラグを降りた先には使徒が襲来し京都が焼き払われるシチュエーションのフォトスポットが。手前にはA.T.フィールド(架空のバリアの名称)あり、ここから顔を出すと面白い写真が撮れます。

 

f:id:kyotoside_writer:20200916225220j:plain

最後にIDをかざすとシンクロ率が発表されます。ガーン、シンクロ率が低すぎ…です(涙)。残念。私は見習いパイロットだそうです。

 

f:id:kyotoside_writer:20200916225719j:plain
f:id:kyotoside_writer:20200916225659j:plain
f:id:kyotoside_writer:20200916225657j:plain
f:id:kyotoside_writer:20200916225716j:plain

落ち込みつつも周りを見渡すといろいろなところに細かい仕掛けが。これはエヴァファンにはたまりませんね。

 

f:id:kyotoside_writer:20200916225846j:plainさて、気を取り直し基地を出てNERVフォトで写真を購入。エントリープラグ、手の平、ステージで撮影した写真が買えます。オリジナルクリアファイル型ホルダーにいれてくれるのがうれしい!

 

映画村でしか買えないオリジナルグッズやフードにも注目!

f:id:kyotoside_writer:20200923174026p:plain
f:id:kyotoside_writer:20200923174024p:plain

 

f:id:kyotoside_writer:20200923174128p:plain
f:id:kyotoside_writer:20200923174122p:plain

さらに基地近くのお土産屋さんでは「エヴァンゲリオン京都基地」描き下ろしイラストによるオリジナルグッズも販売中。エヴァのみんなが着物を着ているのも京都基地ならでは。

 

f:id:kyotoside_writer:20200916230052j:plain

「飲めるL.C.L.」と「変わればいいと思うよ EVA-tea」ともに600円

f:id:kyotoside_writer:20200916230115j:plain

「NERVカレー2号機Ver.」1000円

また、NERVカフェではエヴァにちなんだスイーツやフードがいただけます。ネーミングも面白いので要チェック!

 

グランドオープンは10月3日

f:id:kyotoside_writer:20200916230639j:plainさて、いかがでしたでしょうか。待望のグランドオープンは10月3日。ぜひ、新規パイロット候補生としてシンクロ率測定に挑戦してみてくださいね。

ケット情報

エヴァンゲリオン京都基地への入場・体験には整理券が必要。整理券には2種あります。
①「エヴァンゲリオン初号機エントリープラグ」搭乗体験整理券
エントリープラグ体験はじめエヴァンゲリオン京都基地のすべてが楽しめます。1日限定 280 名。ローソンチケットで販売。詳細はこちらを「ヴァンゲリオン京都基地」サイト。
料金:映画村入村券+「エヴァンゲリオン初号機エントリープラグ」搭乗体験整理券
大人 2300 円
中高生 1300 円
子供( 3 歳~小学生) 1100 円
※当日料金より 100 円お得

②京都基地エリア入場整理券
エントリープラグ体験はできませんが、京都基地エリアへの入場が可能。初号機との写真撮影やショータイムが楽しめます。当日、映画村にて受付。定数に達し次第受付終了となります。
開催日程:2020年10月3日(土)~12月20日(日)
詳細はこちらを「エヴァンゲリオン京都基地」サイト
料金:京都基地エリア入場のみの場合は無料

©カラー

 

■■information■■
東映太秦映画村 
京都府京都市右京区太秦東蜂岡町10
TEL 0570-06-4349(東映太秦映画村ナビダイヤル)
営業時間 ~11月 9:00~16:00受付終了(12月以降は10:00~17:00)



 

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!