あなたの「いいね」で「和」を世界へ

まだまだあった!京都で見つけたおもしろ&変わり種自販機~Part2~

f:id:kyotoside_writer:20210424114808j:plain

明智光秀がしゃべる!?あったかい焼き芋に冷凍ぎょうざ?京都の老舗の名物パン…!?
これらは、最近スタッフが気になっている自販機です。

前回、京都府下で見つけたおもしろ&変わり種自販機の特集を行いまして、あれから約3年……新たなユニークな自販機がいろいろ出てきましたので、面白い&珍しい自販機の第2弾をやっちゃいます!!

何度も押したくなる明智光秀ボイス

福知山限定 明智光秀が話す自動販売機@福知山市

f:id:kyotoside_writer:20210424114954j:plain

天正7年(1579)頃に明智光秀が築いた福知山城は、昭和61年(1986)に再建され、福知山のランドマーク的存在になっています。そんな福知山城に2019年6月、本丸広場に現れたのが「福知山限定 明智光秀が話す自動販売機」です。
雄々しいイラストは、人気イラストレーター・諏訪原寛幸さんによるもの。そしてこの自販機は素敵なラッピングだけではありません。そう、藤森神社同様に、しゃべるのです。
主なフレーズはこちら
お金を入れたとき…「ときは今!明智光秀、ここに見参!」
商品ボタンを押したとき…「敵は本能寺にあり!」
商品が出てくるとき…「どっこいせ~どっこいせ♪ いがいと!福知山 良いところであろう?」
敵は本能寺にあり!なんて叫びながらドリンクを選んだあとに「どっこいせ~」(※福知山音頭)が流れるシュールさに思わず笑みがこぼれますね。

f:id:kyotoside_writer:20210424115030j:plain

ちなみに、このフレーズのほかにも時間限定フレーズや隠しフレーズもありますよ。隠しフレーズは主にお金が足りない時に出るのですが、福知山城の自販機では「のぶながぁぁぁぁ!!」という絶叫が。
金額不足でこんなにも叫ぶとは、光秀の情緒がちょっと心配ですね……。主君を焼き払うほどでしたから、本能寺の変当時もこうやって叫んでいたのかもしれません。

f:id:kyotoside_writer:20210424115051j:plain

また、この自販機は現在市内の7か所に設置されています。設置場所は、福知山城本丸広場、観光案内所、福島文進堂、御霊公園、三段池公園(円形広場)、足立音衛門(明智藪の付近)、福知山シネマ(広小路通り)です。
場所によって隠しフレーズが違うので、ぜひ明智光秀自販機めぐりをしてみてください。
■■INFORMATION■■
場所:福知山城含む市内7か所
購入できるもの:ドリンク
設置場所の詳細はこちらをチェック↓
https://www.city.fukuchiyama.lg.jp/site/promotion/16390.html

京都初!支援にもつながる“あたたかい”焼き芋

焼き芋自販機@綾部市

f:id:kyotoside_writer:20210424115149j:plain

綾部市の西町3丁目、グンゼタウンにあるコインランドリー「ぴーかん西町店」の前に、焼き芋の自販機を発見!
こちらは2020年6月に設置されたもの。500円を入れてぽちっと押すと……、缶の中に真空パックされた小ぶりな焼き芋が2本入った状態で出てきます。また、この自販機ではホクホクの温かい焼き芋と、冷たい焼き芋を選ぶことができますよ。

f:id:kyotoside_writer:20210424115222j:plain

なぜ焼き芋の自販機を設置しているのか……。
それは遡ること19年前、2002年にこちらのコインランドリーの社長である小濱さんが、別の場所で1号店のコインランドリーを始めた際に自販機を設置したのが始まりです。買取の自販機だったため、メーカーを問わず仕入れることができたので、おでんをはじめ、さまざまなラインナップにしたところ人気を博しました。
そこで2号店である「ぴーかん西町店」にも自販機を設置。ある日、「株式会社農福産業」という会社が焼き芋の自販機を運営していることを知り、早速設置したのだそう。
また、この自販機で得た収入の一部は障害のある人の支援金として使われます。焼き芋にしては少し割高感のあるお値段ですが、誰かの役に立てるならぜひこちらで購入したいですね。

f:id:kyotoside_writer:20210424115257j:plain

さらに、今年から新たに「あごだし」と、綾部産のタケノコをオリーブオイル漬けにした「イタリアンメンマ」も販売。今後もユニークな商品を取り入れるとのことなので、どんなものが登場するか楽しみですね。

■■INFORMATION■■
場所:綾部市西町 3丁目北大坪19
購入できるもの:焼き芋、あごだし、イタリアンメンマ

安心・安全の餃子をいつでもお家で食べられる!

京都餃子ミヤコパンダ@宇治市

f:id:kyotoside_writer:20210428150230j:plain
宇治市の餃子専門店「京都餃子ミヤコパンダ」の前に設置されている真っ赤なBOX。一見すると自販機に見えないのですが、こちらは冷凍餃子を販売する自販機なのです。
こちらはミヤコパンダさんが2020年12月29日に始めたものです。新型コロナウイルスが蔓延し、飲食店である同店はお客さんとの接触を減らさないといけないという状況に。もともと人手不足を感じていた店主の池田さんは、テイクアウトの需要が高まっているのも相まって、24時間年中無休で買える自動販売機の導入を決めたのだそう。

f:id:kyotoside_writer:20210424115404j:plain

こちらで購入できる餃子は、以下のラインナップ。
・パンダ餃子レモン20個1500円
・パンダ餃子チーズ20個1500円
・型くずれ入り無選別25個入り(ホワイトにんにく・シンプルプレーン・いろいろおみくじ)1000円
・20個入りお得パック(シンプルプレーン・ホワイトにんにく)1000円
・20個入りお得パック (レモン・味わいプレーン・ごろごろにんにく・白菜ベーシック)1500円
など、季節によって変動しますが、どれもお得であることには間違いないですね。

f:id:kyotoside_writer:20210424115534j:plain
餃子に使われている素材はすべて国産で、野菜もほとんどが地元産のものを使用、さらに化学調味料などは使用しない完全無添加と、“安心・安全”を実現した餃子。店内で焼き上げた餃子は、作り立てをマイナス30度で急速冷凍することで、焼き立ての味を損なうことなくいただけますよ。
ふとお腹がすいてから「餃子が食べたいな~」となってもこの自販機があればいつでも餃子欲が満たされますね。筆者もご近所に欲しいです……。

■■INFORMATION■■
場所:宇治市宇治半白19-11
購入できるもの:冷凍餃子
http://web1.kcn.jp/miyakopanda/concept.html

通勤・通学のついでに老舗ベーカリーのパンはいかが?

志津屋の自販機@京都市

f:id:kyotoside_writer:20210424115635j:plain

京都市営地下鉄・烏丸御池駅の構内、地下2階にある烏丸線と東西線の連絡通路に見覚えのあるロゴが……。そう、こちらにあるのは京都人なら誰もが知る老舗ベーカリー「志津屋」の自販機です。改札口がある地下1階にも「志津屋 烏丸御池店」の店舗はあるのですが、竹田行きの電車に乗って、この駅で降りて東西線に乗り換える人にとっては自販機のある場所が通り道になるので、非常に便利!

f:id:kyotoside_writer:20210424115721j:plain

この自販機では、人気商品「京かるね」(写真)のほか、たっぷりクリームパンやサンドイッチといった、志津屋の人気パンのほか、バウムクーヘンやわらびもちなどのスイーツも豊富にそろいます。その数26種類!さらに、限定店舗でしか販売していない「やわらか雪食パン」を1枚から購入することができます。食パンの1枚売りって結構うれしいですよね♪

f:id:kyotoside_writer:20210424115753j:plain

ちなみに、地下1階の北改札口から自販機へ行く場合は、改札を通って正面にある「志津屋 烏丸御池店」を左に曲がり、階段を下りた左側(少しぐるっと回って)にありますよ。店舗を通り過ぎて自販機に行くシーンは中々ないかもしれませんが、「急いでいるのに混んでる!」という時には良いかもしれませんね。

■■INFORMATION■■
場所:京都市営地下鉄烏丸御池駅 構内
購入できるもの:志津屋のパン26種類
https://www.sizuya.co.jp/

いかがでしたでしょうか?
みなさまの周りにもおもしろ自販機がありましたらぜひ教えてください~^^
パート1の記事もぜひ呼んでみてくださいね▼

www.kyotoside.jp

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!