わたしの知らない京都が、ここにある。

【2022】手土産にもぴったり!!京都・魅惑のバターサンド5選

f:id:kyotoside_writer:20220228105721j:plain

タピオカやマリトッツォなど、スイーツ界の流行はめまぐるしく変化していますね。そんな中、現在人気が高まっているのは「バターサンド」です!
バターサンドは、たっぷりのバタークリームをクッキーで挟んだシンプルなスイーツで、レーズンやイチゴ、漬物など、お店の個性あふれる素材も入っていることがポイント。今回は、自分用にも手土産にもしたい、京都府内で注目のバターサンドをご紹介します。

しっかりおやつから一口サイズまで豊富にそろう

菓歩菓歩@京丹波町

f:id:kyotoside_writer:20220228110537j:plain

京丹波町にある、カフェを併設したお菓子工房「菓歩菓歩(カポカポ)」。こちらでは、地元の素材を中心に、有機栽培・無農薬の安心安全な素材を使っています。
菓歩菓歩が販売するバターサンドは全部で6種類。
バターサンドのクッキーには、綾部の平飼い卵を使い、バタークリームには、イタリアンメレンゲを入れてあっさりと仕上げているのが特徴です。

f:id:kyotoside_writer:20220228110553j:plain

まずは丸いクッキーを使ったバターサンドからご紹介。
写真は、ふんわりとラムの香りが感じられる「ラム酒漬けレーズンホワイトチョコバターサンドクッキー」(写真左:1個562円)と、抹茶を加えたバタークリームに丹波黒豆を混ぜ込んだ「ホワイトチョコバターサンドクッキー抹茶黒豆」(写真右:1個582円)。ボリューム満点に見えますが、甘さ控えめなので、何個でも食べられちゃいそう♪
写真のほかにも、有機チェリー香るホワイトチョコバターサンドクッキー(1個562円)もありますよ。

f:id:kyotoside_writer:20220228110612j:plain

また、少し小ぶりなミニサイズも。
こちらは、写真手前・左から「有機チェリー香るホワイトチョコバターサンドクッキー」、「ラム酒漬けレーズンホワイトチョコバターサンドクッキー」、「伊予柑ピールのホワイトチョコバターサンドクッキー」(各1個380円)です。
それぞれのフルーツの豊かな味わいが口の中に広がり、つぶつぶとした食感の違いも楽しめます。また、一口サイズなのでおつまみにもぴったり!

京丹波町の豊かな自然の中で生まれたバターサンド、ぜひご賞味ください。

■INFORMATION■
菓歩菓歩
電話 0771-84-0959
場所 船井郡京丹波町坂原ショウガキ16
時間 11:00~18:00(ランチ12:00~14:00)
休み 火曜・水曜※冬季(11月~1月)は不定休
お取り寄せ・HP https://www.capocapo.com/

中も外も抹茶!贅を尽くした「みどりあはせ」

伊藤久右衛門@宇治市

f:id:kyotoside_writer:20220228110802j:plain

香り高い宇治抹茶を活かした抹茶スイーツが人気の、天保三年(1832年)創業の老舗お茶屋「伊藤久右衛門」。
数ある抹茶スイーツの中でも人気が高い、宇治抹茶バターサンド「みどりあはせ」(5個入り1080円)は、抹茶を練りこんだ抹茶サブレに、抹茶バタークリームをはさんだ、抹茶尽くしのバターサンドです。

f:id:kyotoside_writer:20220228111333j:plain

抹茶バタークリームには、ブランデーとふっくらと甘く炊き上げた黒豆が入り、大人の味わいに。年齢問わず好まれる和のバターサンドは、手土産にしても喜ばれる逸品です。

■INFORMATION■
伊藤久右衛門 宇治本店・茶房
電話 0774-23-3955
場所 宇治市莵道荒槙19-3
時間 10:00~17:00(LO16:30)
休み 無休(元日を除く)
お取り寄せ・HP  https://www.itohkyuemon.co.jp/

甘~いバターサンドの花が咲く♪「フルリール」

ラ・クロシェット・ヒラノ@舞鶴市

f:id:kyotoside_writer:20220228111504j:plain

1968(昭和43)年に創業した舞鶴市の洋菓子店「ラ・クロシェット・ヒラノ」。
こちらのバターサンドはお花の形が特徴。「フルリール」という名前で、フランス語で「花が咲く」という意味です。国産バターに小麦粉、和三盆を使って一枚ずつ丁寧に焼き上げたクッキーは、サクサクと香ばしい食感。

f:id:kyotoside_writer:20220228111513j:plain

フルリールはピンク缶とブルー缶の2つがあり、写真はピンク缶(3240円)。中には2種類のバターサンドが入っていて、「バニラバタークリームといちごのバターサンド」は、ミルク感のあるバタークリームと、フリーズドライにしたイチゴをIN。
そして、「いちごバタークリームとフランボワーズ」は、いちごのエキスをプラスしたバタークリームとフリーズドライのフランボワーズのコンボ。いちごとフランボワーズのそれぞれが主役になったバターサンドは、この春に食べたい絶品スイーツです。

f:id:kyotoside_writer:20220228111531j:plain

そして、ブルー缶(3240円)では、和の味をセレクト。京都産抹茶と丹波大納言を使った、「京都抹茶バタークリームと丹波大納言 鹿の子」は、抹茶バタークリームの風味とクッキー、大納言の3つの味わいが楽しめます。さらに、「さくら餡とバタークリーム」には、桜餡と桜の塩漬けを使い、桜餅のようなバターサンドになっています。
かわいらしい缶に入っているのもポイントが高いですよね~。1つあれば、パっと花が咲いたようにその場が明るくなるフルリール、自分用にもギフトにも重宝しそう!

■INFORMATION■
ラ・クロシェット・ヒラノ
電話 0773-77-0036
場所 舞鶴市字倉谷1592
時間 9:00~19:00
休み 日曜
お取り寄せ・HP http://la-clochette.com/

海の京都・宮津から誕生した「天橋立塩バターサンド」

丹後たからや株式会社@宮津市

f:id:kyotoside_writer:20220228111632j:plain

「宝製菓株式会社」(本社は鳥取県)の、グループ会社「丹後たからや株式会社」が販売する「天橋立塩バターサンド」(3個入り400円、5個入り700円、8個入り1100円)が、ひそかな人気を呼んでいます。
このバターサンドは、ザクザク食感の塩バタークッキーに、あずきクリームをサンド。海が見える天橋立をイメージさせる塩バタークッキーが、クリームの甘さを引き立たせます。

f:id:kyotoside_writer:20220228111649j:plain

こちらは宮津市内のホテルやお土産屋さんで販売中。爽やかなデザインで描かれる天橋立のパッケージが目印ですよ~。

〈販売店舗一例〉
橋立大丸 本店
天橋立ホテル
ホテル&リゾーツ京都 宮津
アマテラス【傘松公園内】
その他 S.A、道の駅、旅館、ドライブイン売店にて販売中。 
※お店によっては売り切れの場合もあります。

■INFORMATION■
丹後たからや株式会社
電話 0772-46-2150
場所 与謝郡与謝野町弓木992-1

お漬物とスイーツの奇跡のマッチング!奈良漬バターサンド

田中長奈良漬店@京都市

f:id:kyotoside_writer:20220228111801j:plain

寛政元年(1789年)創業した京都市の「田中長奈良漬店」。京のなら漬「都錦味淋漬(みやこにしきみりんづけ)」の製造元として始まったお店ですが、奈良漬をより多くの人に知ってほしい、という思いから作ったのが、「奈良漬バターサンド」(6個入2376円)です。

f:id:kyotoside_writer:20220228111808j:plain

2年かけて丹念に漬けた「うり」は、旨味の中にほのかな塩味とお酒の香りが感じられ、そこに100%国産生乳から作ったバタークリームと合わせると、より深いコクが楽しめます。
また、クッキー生地にはくるみを入れることで、サクサクした食感もプラス。奈良漬のシャキシャキ感ともマッチした組み合わせです。クリームたっぷりの見た目ですが、甘さは控えめなので、コーヒーや紅茶はもちろん、ワインや日本酒とも相性抜群!大人にもおすすめしたい和スイーツです。

奈良漬バターサンドは、店頭とオンラインショップで販売していますが、確実に購入するならオンラインショップがおすすめ。HPでは販売日をお知らせしているので、ぜひチェックしてください。

■INFORMATION■
田中長奈良漬店
電話 075-351-3468
場所 京都市下京区綾小路通烏丸西入童侍者町160番地
時間 8:30~17:00
休み 1月1日~3日
HP https://www.tanakacho.co.jp/
お取り寄せ https://tanakacho-shop.com/

 

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!