わたしの知らない京都が、ここにある。

秋の京都を代表する高級フルーツ!ブドウ・ナシ・カキ・イチジク

秋の京都は、フルーツの宝庫!京都府を代表する秋の高級フルーツ、ブドウ、ナシ、カキ、イチジクの直売所をご紹介します。お買い物以外の+αのお楽しみもアリ!!
今回ご紹介する直売所は、北は京丹後市から南は城陽市まで。秋のドライブとあわせて、ぜひお出かけください♪

【新型コロナウイルスの感染拡大防止対策にご協力お願いします!】
・基本的な感染予防対策(マスクの着用・手洗い・身体的距離の確保など)を徹底してください。
・屋外の活動も慎重にしてください。
・発熱等の症状(発熱、咳、のどの痛み、息苦しさなどの症状)がある場合は、外出を控えてください。

完熟マスカットや梨をふんだんに使った極上クレープも

京丹後市 白岩栄一農園

シャインマスカット

京丹後市久美浜町で約60年続く果樹農園、白岩栄一農園。直売所には減農薬の栽培にこだわった濃厚で瑞々しい季節の「完熟」フルーツが取り揃えられます。
秋に旬を迎えるのがブドウとナシ。9月収穫のブドウは、藤稔、ゴルビー、シャインマスカット、翠峰。

王秋(おうしゅう)

9月収穫のナシは、二十世紀、南水、あきづき。10月は新興、11月は王秋とナシの旬は続きます。
買ったナシは食べる前に2~3時間冷やしてから食べるのがおすすめ。冷やしすぎには気をつけましょう。また痛んでしまったナシはジャムやコンポートにすると最後まで美味しくいただけるそうです。

3代目の白岩智之さんは夫婦で農業を営む傍ら、2020年9月にクレープのお店「Mikke(ミッケ)」を日曜限定でオープン!直売所に併設されています。(数量限定、売り切れ次第終了)

クレープは常時12~13種類スタンバイ。秋のおすすめは、シャインマスカット(税込800円)や梨のクレープ(税込600円)

クレープ担当は奥さま。調理・製菓の専門学校で学んだ経験を生かして、素材にこだわった本格的なクレープを手掛けます。
農園の旬の完熟フルーツを使用するほか、京丹後産米粉、ヒラヤミルク、琴引の塩など地元の素材をふんだんに使い、さらにホイップクリームもできたてを提供。贅沢&とっても華やかな美しさのクレープは話題を呼んでいます。

こちらは秋の訪れを告げる二十世紀梨。酸味と甘みのバランス、そしてなんといってもシャキシャキとした食感が心地よいですね。

■■INFORMATION■■

白岩栄一農園
京丹後市久美浜町平田13610772-83-1216
直売所8:30~18:00(12月末までの営業、定休日なし)
クレープMikke11:00~17:00(日曜のみ営業、無くなり次第終了)
「京丹後大宮」ICから車で40分
Pあり

 

(公社)京のふるさと産品協会

ちなみに、丹後半島で生産された二十世紀梨の頂点を極めるのが京のブランド産品「京たんご梨」です。一つずつ糖度センサーで測って、一定以上の糖度のあるものだけを、ブランド産品として認証。こちらは京都市内のスーパーや百貨店で探してみてください♬

丹波地方を代表する初秋の特産物「三和ぶどう」を継承!

福知山市 丹波ほっこり農園

福知山市の石材店が新たに農業事業部を立ち上げ、2014年にオープンした丹波ほっこり農園。過疎化により地域で栽培されなくなったブドウ園を引き継ぎ、地域ブランドとしての「三和ぶどう」の継承と生産拡大を目指したのが農園のはじまりです。

直売所の目印となるのぼり

三和ぶどうとは、福知山市の三和町で生産される大粒で糖度が高いマスカットベリーAのこと。丹波地方を代表する初秋の特産物のひとつです。なんと糖度は20度以上!このエリアならではの気候の寒暖差がブドウの甘さにつながっているんだとか。

ブドウは果樹の中でもとくに手間がかかる果物。年間100日以上、丹精込めて育てられています。

丹波ほっこり農園おすすめの食べ方や保存方法をご紹介します。
樹上完熟しているので買ったらなるべく早めに食べきるのがおすすめ。冷蔵保存する場合は、軸から実を外さず房のまま保存。その方が日持ちするんだそう。

皮ごと食べられるシャインマスカットも販売

冷凍して食べるとシャーベットのような美味しさにもなるんだとか。皮が食べられないブドウでもシャインマスカットのように皮ごと食べることもできるんですよ~!

販売期間は、例年8月下旬から9月中旬まで。今年2022年は8/25(木)から販売スタート。Instagram(@hokkorifarm)で販売状況随時報告予定。

■■INFORMATION■■

丹波ほっこり農園
0773-27-1831(販売予約受付)
★直売所
横田石材本社:福知山市前田新町18
大身直売所:京都府福知山市三和町大身68
(国道9号線沿い、ぶどうののぼりが目印)
販売日:火曜日・木曜日・土曜日・日曜日
販売時間:9:00~17:00(無くなり次第終了)
横田石材本社「福知山」ICから車で10分/大身直売所「京丹波みずほ」ICから車で16分
Pあり

果汁あふれる完熟イチジクの美味しさを堪能!スムージーやタルトも

城陽市 森島平兵衛農園

城陽市の名産品といえば、イチジク!栄養価が高く、美容効果も期待されることから女性にうれしいフルーツですね。スイーツだけにとどまらず、最近はお酒のおつまみやサラダ、お肉料理にも大活躍。

森島平兵衛農園では、一般的な品種として知られる桝井ドーフィンはもちろん、バナーネ、コナドリア、ネグローネといった、普段スーパーなどではなかなか出会えない希少な品種の栽培も手掛けています。

白いイチジク・バナーネ

収穫のギリギリまで木の上で完熟させるのもこだわり。イチジクは完熟させることで糖度もあがりますが、その分痛みやすいため、通常市販ではなかなか手に入れられないそうです。完熟イチジクだからこそ味わえる美味しさを、ぜひご賞味ください!

同園では、「体も心も楽しくヘルシーになれる、豊かなイチジクライフを過ごしてもらえたら」と、自社ブランド「KYOTOいちじくFACTORY」を立ち上げました。いちじくタルト(税込3800円、期間限定、数量限定)や冷凍いちじくと牛乳のみでつくったいちじくスムージー(税込500円)も販売中。

イチジクの旬は7月下旬~10月下旬(天候による)。直売所はもちろんのこと、SNSでもいちじくの購入が可能です。

■■INFORMATION■■

森島平兵衛農園
京都府城陽市奈島十六36
0774-52-0469 / 090-9091-9283
「田辺北」ICから車で17分/「精華下狛」ICから車で15分
Pあり

★お取り寄せ方法/各種SNSよりダイレクトメールで注文受付
Instagram 
Twitter 
Facebook

西山の豊かな自然の中で富有柿の柿狩り食べ放題も!

京都市西京区 千弥農園

京都・西山連峰の麓に広がる京都市西京区大枝地区では、90年以上前から「カキの王様」とも言われる富有柿(ふゆうがき)の栽培が盛んで、大枝の名産品として知られています。

富有柿は、大ぶりでぷっくりとした丸みがあり、ジューシーでキメが細かい肉質と高い糖度、独特の香りを持っています。

収穫期の10月下旬になると近隣の農園の直売所も道路(府道10号線)に軒を連ねることから「柿街道」と呼ばれています。

またその頃、千弥農園ではカキ狩りのシーズンを迎え、賑わいます。なんと富有柿が食べ放題!10月20日から11月末までの約1ヶ月半の期間限定です。

西山の豊かな自然の中で、清々しい空気を感じながら、心ゆくままカキ狩りができます。お弁当の持ち込みもできるので、ピクニック気分でぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。もちろん、直売や地方発送も対応可(詳しくは電話でお問合せ)。

千弥農園では春は筍掘り(4月上旬〜5月上旬)、夏はブドウ狩り(9/1~中旬)も人気です。さらには、すき焼き(牛・鶏)、バーベキューも楽しめますよ。(要予約)

また、農園からの京都市内の景色は絶景!こちらもお見逃しなく!!

■■INFORMATION■■
千弥農園
京都市西京区大枝西長町1-60
075-331-0855
柿狩り
10月20日〜12月上旬
10:00~16:00
大人880円、子ども660円、幼児440円 ※すべて税込
「大原野」ICからすぐ/「沓掛」ICから10分
Pあり

 

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!