わたしの知らない京都が、ここにある。

怖~いおばけだって可愛くしちゃう!京都ならではの「ハロウィン和菓子」

10月31日、日本にもすっかり定着した“ハロウィン”がやってきます!仮装をして「Trick or Treat!」と叫びながらやってくる子どもたちに渡してあげたいのが、可愛らしいお菓子ですよね。今回は、京都ならではの「ハロウィン和菓子」を提供するお店を、「お茶の京都」「竹の里・乙訓」エリアから3店舗ご紹介します。

【新型コロナウイルスの感染拡大防止対策にご協力お願いします!】
・基本的な感染予防対策(マスクの着用・手洗い・身体的距離の確保など)を徹底してください。
・屋外の活動も慎重にしてください。
・発熱等の症状(発熱、咳、のどの痛み、息苦しさなどの症状)がある場合は、外出を控えてください。

学生とのコラボメニューも!完成度の高さに注目のハロウィン和菓子

御生菓子司 ふたば(精華町/城陽市)

京都府南部の精華町と城陽市に店舗を展開する「御生菓子司 ふたば」は、1970年(昭和45)に、四条堀川の名店から暖簾分けを受けて創業。昔ながらの製法に忠実な和菓子はもちろん斬新なアイデアが込められた創作和菓子も人気のお店です。2015年(平成27)に開かれた菓子博覧会で金賞受賞、2020年(令和2)にはふるさと納税ポータルサイトでいもようかんが全国3位(3000円以下の和菓子部門)に輝くなど、高い実力が評価されています。

そんなこちらのお店で販売されている「ハロウィン上生菓子」は、定番のジャック・オー・ランタンやおばけなど、食べるのをためらうほどにかわいいものばかり!でも食べないともったいないので口にすると、毎朝炊く上品な甘さのあんや食感の異なる生地が織りなす美味しさに笑みがこぼれちゃいます!

こちらは、大学生とのコラボレーションによって生まれた「おばけのイタズラ」と「おかしなケーキ」。アイスキャンディーやケーキのような見た目ですが、実はどちらもれっきとした和菓子なんです。SNSにアップすれば「いいね!」が来ること間違いなしですよ。

御生菓子 ふたばのハロウィン和菓子は、ハロウィン当日の10月31日(月)まで販売予定。精華店・城陽店のどちらでも購入可能です。

■■INFORMATION■■
御生菓子司 ふたば

精華店
住所:相楽郡精華町祝園西1丁目40番地の4
TEL:0774-29-4529
営業時間:9:00~19:00
定休日:月曜(祝日の場合は水曜)

城陽店
住所:城陽市寺田樋尻69番地の72
TEL:0774-52-5248
営業時間:9:00~19:00
定休日:月曜(祝日の場合は火曜)

SNS映え間違いなし!キュートなハロウィン和菓子

喜久春(長岡京市)

(左から時計回りに)黒猫ちゃん、ラブリーおばけ、パンプキン各320円

タケノコの産地として知られる京都府南西部の長岡京市。阪急長岡天神駅から徒歩4分の場所にある「喜久春(きくはる)」は、名産のタケノコを使った「竹の子最中」をはじめ、食べれば笑顔になれる和菓子を販売。創業者の西山喜久治さんは、「京都府 現代の名工」にも選ばれた実力派の和菓子店です。こちらでは例年ハロウィンの季節にハロウィン和菓子を作っていますが、今年は「黒猫ちゃん」「ラブリーおばけ」「パンプキン」などを販売します。

3種類の上生菓子はそれぞれ練り切りで、「黒猫ちゃん」「パンプキン」は丹波のこしあん、「ラブリーおばけ」は白あんを包んでいるのが特徴。見た目もとってもかわいい和菓子は、ハロウィンの雰囲気にぴったりです!

かぼちゃ饅頭170円

こちらは、どこか憎めない表情のジャック・オー・ランタンが目を引く「かぼちゃ饅頭」。カボチャで作った餡を包んだ蒸し饅頭は、カボチャ本来の優しい甘みがたまりません!上生菓子・かぼちゃ饅頭はどちらも数量限定で、ハロウィン当日の10月31日(月)まで販売予定。事前の問い合わせがおすすめです。

■■INFORMATION■■
喜久春(きくはる)
TEL:075-955-8016
住所:京都府長岡京市長岡2丁目28-40
営業時間:9:00~18:00
定休日:木曜
アクセス:阪急京都線長岡天神駅から徒歩4分、JR長岡京駅からバス「阪急長岡天神駅」下車、徒歩4分

kikuharu.com

キュートなフォルム!味は実力派のねり切りハロウィン和菓子

おおつじ茶菓店(宇治田原町)

練りきり ハロウィン和菓子 216円

舌を出す姿がとってもキュートなこちらのお菓子は、お茶の産地として知られる宇治田原町の「おおつじ茶菓店」で10月24日(月)~販売予定のハロウィン和菓子です。元々、喫茶のお店を始めようと思っていた店主の大辻さん。しかし開店とほぼ同時期にコロナが世界中に蔓延してしまったため、念願の開店はおあずけに。そこで、京都の老舗和菓子店で培った技術を活かして和菓子店をオープンさせたそうです。

白あんに餅を練り込んで作る練り切りあんと中の黒こしあん・白こしあんは全て自家製。北海道産の小豆や手亡豆、白小豆を使用して作るこちらのハロウィン和菓子は、キュートなフォルムと上品な甘さを存分に楽しめるのだそうです。今年もジャック・オー・ランタンとおばけの2種類が登場予定とのこと。宇治田原を散策する時にちょっと寄ってみてはいかがでしょうか。

■■INFORMATION■■
おおつじ茶菓店
TEL:0774-88-4040
住所:京都府宇治田原町南岡之薮35番地
営業時間:10:00~18:00
定休日:金曜

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!