トップ食べる > 【2023】編集部厳選!京都・夏のひんやりスイーツ

【2023】編集部厳選!京都・夏のひんやりスイーツ

  • Xアイコン
  • Facebookアイコン
  • はてなアイコン
  • Lineアイコン
  • Pocketアイコン
  • Linkアイコン

夏本番!お出かけの際にマストなのがひんやり冷たいスイーツですよね。今年の夏はひんやりスイーツ目当てにお出かけしてみませんか?今回はKYOTO SIDEで厳選した、お手軽さがうれしいアイス&ソフトクリーム、レトロかわいいクリームソーダをご紹介します。テイクアウトやお取り寄せ可能なスイーツもあるので、さまざまなシーンで楽しんでみてくださいね。

お手軽感が人気!アイス&ソフトクリーム

アイスクリームやソフトクリームはイートインやテイクアウトはもちろん、お取り寄せ可能なものも。食べるシーンを選ばないお手軽ひんやりスイーツは定番の人気メニューです。

現地でもお取り寄せでも!栗スイーツの名店のアイスクリーム

【福知山】足立音衛門

(画像提供:足立音衛門)

丹波栗の郷・福知山市に本店をかまえる「足立音衛門」。知る人ぞ知る栗スイーツの名店ですが、栗スイーツ=秋と思っている方も多いのでは?実はほくほくとした甘い栗はアイスとの相性も抜群なんです。「丹波栗のアイスクリーム」(500円)は、丹波栗の渋皮付甘露煮をそのまま使い、栗の質感や風味をできる限り残すことで濃厚なアイスクリームに仕上がっています。本店店舗と里山ファクトリーのカフェでいただくことができますよ。栗一筋の名店が作る夏のご褒美をご賞味あれ。

■■INFORMATION■■

足立音衛門 本店
場所:福知山市内記44-18
電話:0120-535-411(フリーダイヤル)
営業時間:9:0018:30
定休日:11
お取り寄せ:https://www.otoemon.com/shop/ ※お取り寄せの場合65080
HPhttps://www.otoemon.com/

 足立音衛門 里山ファクトリー
場所:福知山市私市上リ立1(旧福知山市立佐賀小学校)
電話: 0120-535-433(フリーダイヤル)
営業時間:ショップ11:0016:00 カフェ11:0016:00(ラストオーダー15:45
定休日:11
https://www.otoemon.com/satoyama-factory/

 足立音衛門も栗へのこだわりを取材した記事はこちら↓

足立音衛門「里山ファクトリー」を取材した記事はこちら↓

宮津市の味噌を使った和のソフトクリーム

【宮津市】HAMAKAZE Cafe

(画像提供:ハマカゼプロジェクト株式会社)

宮津の道の駅「海の京都 宮津」内にあるHAMAKAZE Cafeでは、ご当地感あふれる天橋立スイーツがたくさんそろいます。「世屋みそソフト」(450円)は、宮津市で作られるお味噌をソフトクリームに練りこんだまさかの組み合わせ。甘じょっぱいみその風味は、まるで塩キャラメルのような味わいです。世屋みそはカフェのお隣にある「宮津まごころ市」で販売しているので、こちらも要チェックですよ~。

■■INFORMATION■■

HAMAKAZE Café 
場所:宮津市字浜町3008 道の駅「海の京都 宮津」おさかなキッチンみやづ内
電話:0772-25-1080
時間:10:0017:00(ランチLO14:30
休み:水曜
HPhttp://hamakaze-pjt.com/

天橋立のかわいいスイーツを紹介した記事はこちら↓

蜂の巣をトッピングした巣蜜ソフトクリーム

【京丹後市】ロイヤル・メリー

(画像提供:酪ママ工房)

京丹後市網野町にある「酪ママ工房」のショップ「ロイヤル・メリー」では、丹後の農家からその日の朝に絞られた新鮮な生乳で作るソフトクリームや、地元の野菜や果物を使ったジェラートが人気です。中でも、自家養蜂場で育てた蜂の巣をそのままカットしてトッピングした「巣蜜ソフトクリーム」(カップ1000円、コーン1150円)はハチミツの優しい甘さが味わえる逸品。豊かな風味はもちろん、ビタミンやミネラルも豊富で栄養たっぷりなんですよ。ハチミツ好きにはたまらない逸品をぜひ。

■■INFORMATION■■

ロイヤル・メリー
場所:京丹後市網野町浜詰46
電話:0772-74-1911
時間:10:0017:00(季節によって変動あり)
休み:不定休(養蜂作業の日はお休み)
取り寄せ:あり
HPhttp://www.rakumamakobo.com/

手のひらサイズの間人ガニ最中

【京丹後市】間人アイスキャンデー

(画像提供:間人アイスキャンデー)

京丹後市間人の海を目の前に臨む「間人アイスキャンデー」は店名の通り、昔ながらのアイスキャンデー(1本80120円)が人気です。

(画像提供:間人アイスキャンデー)

そのアイスキャンデーのほかにも注目したいのが「カニモナカ」(80円)です。丹後の名産・間人ガニをモチーフにした米粉の最中には、ミルクアイスがたっぷり!手のひらサイズのかわいらしい最中で一息ついてみませんか。

■■INFORMATION■■

間人アイスキャンデー
場所:京丹後市丹後町間人1856
電話:0772-75-1402
時間:11:0018:00 ※今年の営業は9月末頃まで
休み:水曜
Instagramhttps://www.instagram.com/taiza_ice/

ゆっくり食べたい派に朗報!暑さに強いアイスクリーム

【福知山市】ZuT(ずっと)

(画像提供:株式会社中庄本店)

福知山市にある業務用食品卸の「株式会社中庄本店」が立ち上げたブランド「ZuT(ずっと)」は、栄養支援の輪を広げるために作られました。こちらが開発した「溶けにくいアイスクリームZuT」は、なんと気温35度でも1時間も形を保っていられるというアイスクリームなんです。写真は盛り付け後30分経過したもの。ふつうのアイスがほぼドリンク状態になっているのに対して、ZuTはまだまだ形が残っていますね。

(画像提供:株式会社中庄本店)

実はアイスクリームは口溶けがよく、栄養価も高いため、固形物が食べづらい人にとってぴったりな食品。ただ、病院などで配膳する場合はすぐに溶けてしまうため、提供が難しかったのだそう。そこで生まれたのがこのアイスクリームなのです。
アイスには京丹後市の「ミルク工房そら」のジャージー牛乳を使用。味は3種類あり、写真上が「白いジャージーミルクアイスクリーム」、左下は福知山市「 THE 610 BASE 」の紅ほっぺ果肉がゴロゴロ入った真っ赤なソースとミルクアイスがまるでパフェのような味わいの「京いちごミルクアイスクリーム」、右下はカカオフルーツのフルーティーな味わいが特徴の「ホールフルーツチョコレートアイス」です。
このアイスはギフトなどのほか、テイクアウト商品に利用したり、子どもにも食べさせやすかったりとさまざまな場面で話題に。HPほかECサイトでお取り寄せできますよ。

■■INFORMATION■■

株式会社中庄本店
場所:福知山市荒河東町176番地
電話:0773-22-3135
時間:8:0017:00
休み:土・日曜
お取り寄せ:https://nutrition-careshop.com/ または楽天市場 
HPhttps://nakasho-h.jp/
インスタグラム https://www.instagram.com/zuttokenaiicecream/

レトロなドリンクが進化!バリエーション豊富なクリームソーダ

ソーダの上にちょこんと乗せたバニラアイスが特徴のクリームソーダ。レトロブームも相まって、人気再沸騰中です。カラフルだったりご当地ものだったりと、バリエーション豊富なクリームソーダがお目見えです。

並べてみたい!カラフルクリームソーダ

【亀岡市】香らん珈ろん

(画像提供:香らん珈ろん)

週替わりランチや鉄板ナポリタンなどがいただける喫茶店「香らん珈ろん(からんころん)」。こちらでは8種類の「クリームソーダ」(各600円)を提供しています。右から、いちご・ブルーハワイ・メロン・レモン・マンゴー・ピーチ・ぶどう・カルピスとカラフルなラインナップ!グループで色違いを注文してみるのもいいかも。来店の際は予約がおすすめです。

■■INFORMATION■■

香らん珈ろん
場所:亀岡市畑野町土ヶ畑沢の上1-17
電話:090-9049-3969
時間:8:00
休み:水曜(火曜不定休あり)
HPhttps://www.instagram.com/curran_colon/

イチゴのプロが作るイチゴのクリームソーダ

【福知山市】SLIDERS CAFÉ

(画像提供:THE610BASE)

廃校をリノベーションしたTHE 610 BASEは、いちご摘み体験やいちごスイーツが楽しめるイチゴラヴァーにはたまらないスポット。この中にある「SLIDERS CAFE」では、THE 610 BASEのイチゴを使った「いちごクリームソーダ」(650円)が夏の定番です。特製ストロベリーアイスと一緒に食べれば口の中はイチゴの楽園♪ 現在いちご摘み体験はお休み中ですが、イベントやワークショップが開催されますので、合わせて訪れてみてはいかがでしょう。

■■INFORMATION■■

SLIDERS CAFÉ
場所:福知山市字大内1767(旧中六人部小学校)
電話:0773-20-2015
時間:10:3016:00LO15:30
休み:月~水曜
HPhttps://fields-the-base.jp/
※いちご摘み体験は12月~予定

 THE 610 BASEを取材した記事はこちら↓

 

抹茶×抹茶×抹茶!贅を尽くした至極の一杯

【宇治市】ますだ茶舗 

(画像提供:ますだ茶舗)

宇治市にある「ますだ茶舗」は、大正元年創業の老舗茶舗です。「本物の宇治茶を味わっていただきたい」という思いから、お茶をブレンドすることなく100%純粋な宇治茶を厳選しています。
こちらではお茶の販売だけでなく、抹茶ドリンクやソフトクリーム(イートインの場合はセットメニューのみ)も提供しています。特に宇治抹茶をふんだんに使った「宇治抹茶クリームソーダ」(880円※テイクアウト700円)は宇治散策にぴったりのドリンク。自家製抹茶みつを使った宇治抹茶ソーダに、濃厚な抹茶アイスを乗せ、さらにその上から高級抹茶をトッピング!炭酸のしゅわしゅわを楽しみつつ、抹茶の味わいも楽しめる宇治らしい逸品です。

■■INFORMATION■■

ますだ茶舗
場所:宇治市宇治蓮華21-3
電話:0774-21-4034
時間:10:0017:00
休み:無休
HPhttps://masudachaho.com/

  • Xアイコン
  • Facebookアイコン
  • はてなアイコン
  • Lineアイコン
  • Pocketアイコン
  • Linkアイコン

特集

同じカテゴリの記事

【宮津・天橋立ランチ】せっかくなのでご当地グルメが食べたい!

京都のお花見弁当5選~美しい桜と春の味覚を堪能しよう~

京都の美味しい!ご当地おにぎり〜お米や水にこだわった逸品〜

【2024】京都の最旬抹茶スイーツ〜王道から最新の人気スイーツまで一挙紹介〜

公式アカウントをチェック!

ページトップアイコン