読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの「いいね」で「和」を世界へ

閉校になった小学校がおしゃれスポットにリノベーション! 「旧質美小学校(質美笑楽講)」に行って来ました♪

f:id:kyotoside_writer:20170414121429j:plain


緑豊かで、高級松茸の産地としても知られる京丹波町質美。2011年3月に閉校になった質美小学校が1年後リノベーションをし、今や地元の人のみならず、他府県からもお客さんが押し寄せるほどの人気スポットになっているとか。昭和レトロな雰囲気はそのままに、まるでおしゃれタウンかのように生まれ変わった「旧質美小学校(質美笑楽講)」。一体どんなところなのか?その人気のワケは?編集部が行って来ました♪

f:id:kyotoside_writer:20170414121615j:plain


思わずSNSにUPしたくなる
「旧質美小学校(質美笑楽講)」って、こんなところ!

 1960年(昭和35年)創立の質美小学校。リノベーションして生まれ変わった今もなお、運動場には鉄棒、ゴムタイヤで作られた遊具のほか、立派な桜の木もたくさんあり、まさに小学校そのもの。子どもはもちろんのこと、大人でも思わず、鉄棒で逆上がりをしたり、かけっこしたくなります♪ 靴箱に備えられたスリッパに履き替え、校内に一歩足を踏み入れると、ツヤのある廊下がスーッと伸びていて、一瞬にして少年少女時代に戻ったかのよう。でも、違うんですよね。最近のその辺の小学校とは。違うんです。質美で生まれ育った人たちや、その時代の人たちにとっては当たり前なのかもしれませんが、そこかしこに昭和レトロ感が溢れていて、とーってもおしゃれ可愛いんです♪フォトジェニックでSNS受けすること間違いなし!なスポットです。

 

f:id:kyotoside_writer:20170414122144j:plain

f:id:kyotoside_writer:20170418182656j:plain


コンセプトは
「誰でも気軽に立ち寄れる場所」

 「こんにちは〜。今日はそこのお店は開いてなくて〜。ごめんなさいねぇ」と、訪れたお客さんに優しく声をかける谷文絵さん。リノベーションの立役者であり、「質美笑楽講」内第一号ショップ「絵本ちゃん」の店主。京都市桂で生まれ育った谷さん。結婚、出産を経て、ご主人の実家のある質美に移住。長年、えほん館に勤めていた谷さんは「質美には『グリとグラ』のような絵本や童話の世界が広がっているんです」と質美の魅力を語ります。「地元の人が暮らしやすい、拠り所になるような場所にしたかった」「京丹波町には図書館がなかったので、ココから文化的発信をしたかった」。谷さんの想いに共感した人たちが次々集い、今では12の店舗や活動が。訪れた人たちを童心に返らせる、日常の喧騒を忘れさせてくれる、そんな憩いの空間です。

f:id:kyotoside_writer:20170414121906j:plain

 



「旧質美小学校(質美笑楽講)」の
おしゃれ可愛いshop&spaceをご紹介♪

「旧質美小学校(質美笑楽講)」

所在地:船井郡京丹波町質美上野43
問合せ:絵本ちゃん
電話:090-2705-8622
休館日:月、水曜(祝日の場合開館)
営業時間:11:00〜17:00
※営業日・営業時間は店舗により異なるので事前に確認を



日本でココだけ!「小学校の絵本屋さん」

絵本ちゃん

「旧質美小学校(質美笑楽講)」オープン時から営業しているお店。「絵本ちゃん」のロゴを書き下ろした絵本作家・荒井良二さんの作品をはじめ、長谷川義史さんの絵本のほか、店内には、店主の谷さんがセレクトした絵本や書籍が常時約2000冊が販売されています。教室の雰囲気にもマッチしたおもちゃの車が置いてあったり、絵本の読み聞かせイベントなどもあり、小さなお子さんが退屈しないよう、子連れのお客さんへの心配りもそこかしこに感じられます。

定休日:月、水曜(祝日の場合は営業)
www.ehonchan.net

f:id:kyotoside_writer:20170414122626j:plain

f:id:kyotoside_writer:20170418180159j:plain f:id:kyotoside_writer:20170414122735j:plain

▲「絵本ちゃん」店主であり、質美小学校再建の立役者の谷文絵さん。お名前がまさしく絵本の表紙クレジットにある「文/○○ 絵/○○」そのもので、絵本屋さんをするべくして生まれてきたかのよう。店内では絵本のほか、可愛い雑貨も販売 

 

 

行列ができる本格イタリアン 

pandozo cafe

食べ歩きの趣味が高じ、独学で料理の勉強をしたご主人と、パン職人の奥さんが営むお店。自らの舌で探し求めた食材が、偶然にも某有名レストランと同じものだったというエピソードからもご主人の舌の確かさがうかがえます。学校を活かした店内やウェイティングスペースの雰囲気作りには、遊び心満載。「建物だけ、雰囲気だけにはしたくなかった」という言葉の通り、富士山の溶岩石でできたピザ釜で焼いた本格ナポリピッツァや、生パスタは絶品!

定休日:月、水曜(祝日の場合は営業)
www.pandozo.com

f:id:kyotoside_writer:20170414123045j:plain

f:id:kyotoside_writer:20170414124034j:plain f:id:kyotoside_writer:20170414123352j:plain

f:id:kyotoside_writer:20170414123838j:plain f:id:kyotoside_writer:20170414123731j:plain

 ▲<中段左>久美浜産ジャージー牛乳100%で作られたチーズと、丹波産の栗と黒豆を使った「クリマメフォルマッジ(1890円)」。栗の甘さがチーズによく合う<中段右>ポルチーニ茸と京丹波産・大黒本しめじをはじめ、4種のキノコがたっぷり入ったパスタ「キノコの山(1620円)」。生パスタのもっちりさと、しゃきしゃきしたキノコの歯ごたえが堪らない<下段>インテリアのほかメニューや感想日誌まで「学校」風に

 


美人オーナーが営む癒しカフェ 

盲亀浮木(もうきふぼく)

とにかくケーキを作るのが大好き!というオーナーの東さん。ベルギー産チョコレートを使用したガトーショコラのほか、酒の花を使ったチーズケーキなど、手作りケーキと京丹波の水を使用した自家製オーガニックコーヒーが人気のカフェ。「盲亀浮木」とは、目の見えない亀の寓話に基づく言葉で、この世に人として生まれてくることの稀有さや、出会いに感謝するという仏の教えだとか。一杯一杯丁寧に入れらるコーヒーからも、その想いが感じられます。

定休日:月、水曜

f:id:kyotoside_writer:20170414125102j:plain

f:id:kyotoside_writer:20170414125141j:plain f:id:kyotoside_writer:20170414125236j:plain

f:id:kyotoside_writer:20170414125408j:plain f:id:kyotoside_writer:20170414125445j:plain

▲<中段左>ワイルドベリーソースが添えられた「ガトーショコラ(600円)」。フォークを入れた時のなめらかさは驚愕もの!一見の価値ならぬ、一食の価値あり。オリジナルの「質美珈琲(450円)」のほか、「ジョニーデップ風ショコラショー(600円)」などユニークなメニューも<下段>オーナー作の素敵なチョークアート。テーブルにはオーナーセレクトの本や、心に響いた一節を記したメモが置かれている



ずんだ豆、塩昆布etc.素朴な味がやみつきに

おかきのおみせ

地元のもち米を使った、手作りおかきとお餅のお店。おかきを作って10年以上という小林光枝さんが、まさに「給食のおばさん」のような姿で、その場でおかきやお餅を焼いてくれます。元用務員室だった場所で、まるで「おばあちゃんのお家」に遊びに来たかのような感覚に浸れます。部屋にはウォーターサーバーやインスタントコーヒーなども用意されているので、購入した商品もその場でパクパク食べられます。揚げないおかきでヘルシーなのも嬉しいところ。

定休日:月、水曜

f:id:kyotoside_writer:20170414130011j:plain

f:id:kyotoside_writer:20170414130052j:plain f:id:kyotoside_writer:20170414130151j:plain

▲ずんだ豆のほか、紫芋、金ごま、塩昆布などちょっと珍しい素材を使ったカラフルなおかきやお餅が並ぶ。100円〜買えるというのも良心的

 


きのこ文庫

「絵本ちゃん」が運営している「絵本の図書室」。2000冊以上もの絵本や子育て雑誌・生活雑誌などがあり、誰でも自由に手にとって読書を楽しむことができます。スリッパを脱いで寛げるのも嬉しい。利用時は必ず「絵本ちゃん」に一声かけて。

営業日:火、木〜日曜、祝日(臨時閉室あり)

f:id:kyotoside_writer:20170414130642j:plain

 


blan cheur

世界に一着だけの完全オーダーメイドのウェディングドレスを作ってもらえるお店。デザイン、生地、色etc.花嫁の希望に応えてくれます。センスのいいレンタルドレスや、似合う色が見つけるカラーレッスンも。

営業日:土、日曜、祝日

f:id:kyotoside_writer:20170414130738j:plain


プチ・ボヌール

大人女子仕様な可愛い雑貨屋さん。手作りピアスやブローチなどのアクセサリーのほか、キュートなアパレル商品もあり、こぢんまりとしたスペースに可愛いアイテムが詰まっています。

営業日:木、金曜(と土or日曜)

f:id:kyotoside_writer:20170414130844j:plain

 


ケセラセラ

素敵な古道具とアンティークのショップ。どこか懐かしいデザインの食器やキッチングッズのほか、おでかけに使えそうなカゴバッグやトランクなどインテリアのアクセントとしても、実用的にも使えそうな商品がいっぱい。

営業日:木、金、土曜

f:id:kyotoside_writer:20170414131023j:plain

f:id:kyotoside_writer:20170414131105j:plain f:id:kyotoside_writer:20170414131203j:plain

 


道草ルーム みちくさ

店主が趣味でコレクションした品々を展示、販売。自動車やミニカーなどの乗り物を中心に、オールドアメリカンな雰囲気が漂っているお店。表の張り紙から店主のユニークなキャラクターがうかがえます♪

営業日:土、日曜

f:id:kyotoside_writer:20170414131404j:plain


423アートプロジェクト& Little seeds

子どもや地域の人たち向けに、演劇やヨガ、ダンスなど様々なワークショップを行う多目的スペース。質美の文化レベル向上、情報発信&共有のためのお部屋。

開放日:イベント時のみ

f:id:kyotoside_writer:20170414131442j:plain


喫茶ランチルーム

質美地域振興会の有志の皆さんによる喫茶店。土曜日のみの営業でありながらも、ボリューム満点の週替わり質美ランチ(700円)は大人気!地元で採れた野菜を使用。

営業日:土曜(第1土曜はカレーライスとうどんのみ)

f:id:kyotoside_writer:20170415070148j:plain

f:id:kyotoside_writer:20170415070247j:plain f:id:kyotoside_writer:20170415070306j:plain

 

neige

数秘などを含め、色や数、言葉を通したコミュニケーションによる色彩心理カウンセリングやメンタルコーチングをしてもらえます。

営業日:不定期(月に数回)

f:id:kyotoside_writer:20170418181849j:plain

中野里美

中野里美

ちょうど取材で訪れた日は、校庭に美しい桜が咲いていました。かつては、この桜に迎えられるかのように入学式が行われたことでしょう。卒業生や地元の人だけでなく、沢山の方が訪れる場所に生まれ変わり、愛され続ける憩いの場所。実際、常連さんと話し込み、うっかり取材というのを忘れてしまいそうになったほど、ほっこりしました(笑)。今度はプライベートで訪れたいです。

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!