あなたの「いいね」で「和」を世界へ

京都府内紅葉おすすめ穴場スポット10選

f:id:kyotoside_writer:20180928173505j:plain秋雨が続いた9月。10月になり雨が上がったと思いきや、グンと涼しくなって一層秋が近づいてきた気がしますね。秋は京都を一層美しくする季節。今年の秋は静かにゆっくり過ごしてみませんか?
KYOTO SIDE編集部が厳選した紅葉穴場スポット10をご紹介します!

山頂を彩る絶景モミジ 石清水八幡宮 
【見頃】11月中旬~下旬 

f:id:kyotoside_writer:20180928173730j:plain

八幡市の男山山頂にある石清水八幡宮。厄除けの神社として有名なこちらは、境内が広く、紅葉スポットがたくさん。南総門では門の朱色と紅葉の赤が絶妙なコントラストを生み出します。また、紅葉したモミジやイチョウ、ノムラカエデなどに常緑樹の緑が混ざり、美しさが一層引き立ちます。ちなみに参拝するためには男山ケーブルが便利。ケーブルカーからの景色もおすすめですよ。
■INFORMATION■
石清水八幡宮
八幡市八幡高坊30
075-981-3001
1月1~19日 不定期
1月20日~3月 6:30~18:00
4~9月 5:30~18:30
10月 6:00~18:00
11~3月 6:30~18:00
無料

 赤く染まる「もみじ寺」に感動! 善法律寺
【見頃】11月中旬~12月上旬

f:id:kyotoside_writer:20180928173936j:plain石清水八幡宮と合わせて行ける善法律寺。境内には足利義満の母が寄進したモミジが植えられていて、約100本もあることから「もみじ寺」としても親しまれています。門をくぐるとすぐのところに庭園が広がり、赤と黄色のモミジが境内を美しく彩ります。こぢんまりとした境内ならではの密度の高い紅葉を楽しめます。
■INFORMATION■
善法律寺 
八幡市八幡馬場88-1 075-981-0157
8:00~17:00
無料(本堂内部の拝観は500円、要予約)

人気上昇中!もみじの絨毯 光明寺
【見頃】11月中旬~下旬 

f:id:kyotoside_writer:20180928174040j:plain

市内からもほど近い長岡京市にある、1198(建久9)年に建立した西山浄土宗の総本山。総門から薬医門へと続く道は「もみじ参道」と呼ばれ、一面にもみじの絨毯が広がります。このもみじの絨毯を見るには、紅葉が落ち始める頃がおすすめ。また、こちらは市内の紅葉スポットと同様に混雑する場合があるので、朝早くか夕方頃に行くとゆっくりできますよ。
※光明寺および近隣には駐車場がないため、公共交通機関をご利用ください。

■INFORMATION■
光明寺 
長岡京市粟生西条ノ内26-1
075-955-0002
9:00~16:00
500円(紅葉時期以外は無料)

幻想的なもみじのグラデーション 向日神社
【見頃】11月下旬~12月上旬

f:id:kyotoside_writer:20180928174153j:plain
竹の径で有名な向日市にある向日神社は、かつて向日山にあった向神社(上ノ社)と火雷神社(下ノ社)が合祀した神社です。国の重要文化財に指定されている本殿は、明治神宮のモデルになったともいわれています。鳥居から本殿に続く参道には、赤・オレンジ・黄のグラデーションが美しいもみじのトンネルができ、幻想的な景色を堪能できますよ。
■INFORMATION■
向日神社
向日市向日町北山65
075-921-0217
境内自由
無料

トンチの一休さんゆかりのお寺 酬恩庵一休寺
【見頃】11月中旬~下旬

f:id:kyotoside_writer:20180928174333j:plain京田辺市の閑静な地にある酬恩庵一休寺は、もとは妙勝寺というお寺でした。しかし戦火にあい、後に一休禅師が宗祖の遺風を慕って再興し「酬恩庵」と名付けたのです。こちらの総門をくぐってすぐの参道では、真っ赤に紅葉したカエデが見られます。また境内には晩年の一休さんや幼少期の一休さんなど、たくさんの一休さんの像があり、紅葉とのコラボレーションが見られます。
■INFORMATION■
酬恩庵一休寺
京田辺市薪里ノ内102
0774-62-0193
9:00~17:00(宝物殿9:30~16:30)
500円

山寺を彩る錦秋のモミジ 玉雲寺
【見頃】11月中旬~下旬

f:id:kyotoside_writer:20180928174426j:plain丹波ICを降りて約5分のところに玉雲寺があります。1416(応永23)年に創建された曹洞宗のお寺で、山寺らしい静かな雰囲気が漂います。表参道の階段を登ると紅葉に包まれた見事な楼門が現れ、その迫力に圧倒されます。境内の至る所で紅葉が見られ、荘厳な本堂と極彩色のモミジの組み合わせに写真に収めるファンも多いのだそう。晩秋の散紅葉も必見。
■INFORMATION■
玉雲寺
船井郡京丹波町市森滝見9
0771-82-0628
境内自由
無料

紅に染まる参道を歩く 桑田神社
【見頃】11月中旬~下旬

f:id:kyotoside_writer:20180928174518j:plain
亀岡市の保津川を見下ろせる高台にある桑田神社。この地では保津川で溺れた神様をナマズが助けたという伝承があり、境内には至る所にナマズをモチーフにしたものが見られます。参道から本堂へと続く真っ赤なモミジはもちろんのこと、境内からはトロッコ亀岡駅などの街並みも見渡せ、壮大なパノラマを楽しめますよ。トロッコ亀岡駅から徒歩5分とアクセスも抜群。
■INFORMATION■
桑田神社
亀岡市篠町山本北条51
0771-25-3881
境内自由
無料

予約していきたい名勝庭園 法常寺
【見頃】11月中旬~下旬

f:id:kyotoside_writer:20180928174641j:plain
731号線から山道を登ると見えてくるこちらは、後水尾天皇ゆかりの寺院。歴代天皇より賜った古文書や美術品などを多く保管し、現在でもお香華料の下賜が続いています。勅使門を見上げれば壮大なモミジの景色が広がります。また、江戸初期の作庭といわれている枯山水式の庭園は、京都府の名勝に指定されるほどの美しさ。参道は自由に散策ができますが、庭園と本堂の拝観は予約が必要ですので、事前に計画を立てて目指しましょう~。
■INFORMATION■
法常寺
亀岡市畑野町千ヶ畑藤垣内1
0771-28-2243
9:00~17:00
本堂拝観300円(要予約)

福知山十景で贅沢な時間を過ごす 長安寺
【見頃】11月上旬~下旬

f:id:kyotoside_writer:20180928174754j:plain福知山十景に数えられる臨済宗南禅寺派のお寺。「丹波のもみじ寺」と呼ばれるほど、広い境内を彩る紅葉は風情があります。また、境内一帯の真っ赤な紅葉の中、心経堂近くの樹齢約600年にも及ぶ「授乳のイチョウ」の黄色が絶妙なアクセントを加えます。毎年11月11日に行われるもみじ祭りでは、茶会やお琴と尺八の演奏が行われます。紅葉に包まれながら優雅な時間を過ごしてみては?
■INFORMATION■
長安寺
福知山市奥野部577
0773-22-8768
9:00~16:30
300円

SNS映え間違いなしの絶景! 宮津市のイチョウ並木
【見頃】10月下旬~11月上旬 

f:id:kyotoside_writer:20171111161842j:plain宮津市須津にあるイチョウ並木はご存知ですか?日本冶金工業の社宅敷地内にあるこちらは、近年SNS映え間違いなしと人気急上昇中。紅葉といえば真っ赤なモミジが代表的ですが、澄んだ青空にビビッドな黄色という組み合わせも見ごたえたっぷり。歩きながらゆっくりと景色を楽しんでみては?
※周辺には駐車場がないのでご注意ください。

■INFORMATION■
京都府宮津市字須津413

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!