あなたの「いいね」で「和」を世界へ

コンセプトで選べる4つのグランピング!京都・宮津のマリントピアリゾート

f:id:kyotoside_writer:20190705163325j:plain

夏のアウトドアの定番にもなってきているグランピング。さまざまなコンセプトで“選べる”グランピングを展開し、今年4つの新しい施設をオープンした、宮津の「マリントピアリゾート」をご紹介します!京都府北部“海の京都”宮津市で、非日常の大人のプライベートリゾートを満喫しませんか?

天橋立に近い日置浜にあるグランピング施設

個性豊かな宿泊施設を揃えるマリントピアリゾート

f:id:kyotoside_writer:20190705163428p:plain

「マリントピアリゾート」は、日本三景・天橋立にほど近い宮津市日置浜にある、旅館やヴィラ、グランピングといったさまざまな宿泊棟が揃った総合リゾート施設です。

f:id:kyotoside_writer:20190705163449j:plain

本日はそんなマリントピアリゾート内でも屈指の人気を誇る「グランピング」に密着!
2018年、彗星のごとく宮津の日置浜に現れた白亜のドーム型テント群ですが、今年はもっとパワーアップしており、なんと“森”“海”“ペット”“食育”という4つのキーワードをコンセプトに据えた新しいグランピング施設がオープンしたのだとか。それぞれのグランピング施設の魅力を取材しました!!

緑に囲まれた自然豊かな森で貸切グランピング

森のグリーンドーム

f:id:kyotoside_writer:20190705163525j:plain

まずは「森のグリーンドーム」から。
森に囲まれた小高い丘に立ち、その名の通り森林浴や鳥のさえずり、虫の声など自然をダイレクトに感じることができるグランピング施設です。“楽しさ”と“癒し”を両立できる場所として、2019年4月にリニューアルオープンしました。

f:id:kyotoside_writer:20190705163613j:plain

緑色のスタンダードな大型ドーム型テントを5棟擁しており、宿泊最大人数は30名、デイユース(日帰りBBQ)の場合は最大50名まで対応可能なのだとか!
緑に囲まれ、自然の音を感じられリラックスできる環境、そして家族や仲間達と過ごす賑やかで楽しい、非日常の雰囲気を楽しめます。

f:id:kyotoside_writer:20190705163634j:plain

森のグリーンドームは、周りに家や建物がほとんどないこともあり周囲を気にすることなく楽しめるため、貸切での団体利用が多いそう。大人数や、家族での利用者に好評だそうですよ。

日本初のマリンカラーのドーム型テント

ブルードーム京都天橋立

f:id:kyotoside_writer:20190705163701j:plain

次は、2019年5月に新規オープンした「ブルードーム京都天橋立」です。
こちらは何といっても、SNS映えする青いドーム型テント&白いデッキが魅力。しかも透明度の高い小松浜ビーチがすぐそばにあり、最高のロケーションが広がっています。世界でもおそらくここにしかない、個性的なビーチグランピングスポットとなっています。

f:id:kyotoside_writer:20190705163740j:plain

小松浜ビーチは実は、海水浴シーズン中でも人がまばらな穴場スポット!人目を気にせずのんびりと海水浴を楽しむことができますよ。隣接するマリントピアマリーナではカヤックや浮き輪などのレンタルもできるので、マリンアクティビティも楽しめます。

f:id:kyotoside_writer:20190705163757j:plain

直径6メートルのマリンカラーのドームテントはカップルや友人同士の夏の旅行先にぴったり。澄んだ海と、日本海側では珍しく海から昇る朝日…といったロケーションも満喫できます。その雄大な景色、徒歩0メートルのビーチで遊べる贅沢さは訪れる人を虜にし、来年も利用したいと言われるリピート率の高いグランピング施設です。

ワンコと一緒に泊まれる同伴専用グランピング

ドッググランピング京都天橋立

f:id:kyotoside_writer:20190705163838j:plain

こちらは珍しい“愛犬・ペット同伴限定”となる施設「ドッググランピング京都天橋立」です。
旅行に行きたいけど愛犬はホテルや旅館に泊まれないから連れて行けない……なんてお悩みを抱えていた方に朗報!この施設はペット同伴者“だけ”を受け入れる施設なので、周囲に気兼ねなく、愛犬やペットと一緒にアウトドアを堪能できます。

f:id:kyotoside_writer:20190705163854j:plain

こちらの建物は、国内有数のログハウスメーカーであるBESSの「IMAGO-R」を使用しており、現在は3棟(3組)使用可能です。※2ベッドタイプ(定員2名)が2室、4ベッドタイプ(定員4名)が1室
それぞれに2棟ずつ建物があり、1棟は主寝室として、もう1棟はアウトドア料理を楽しむスペースとして利用可能です。

f:id:kyotoside_writer:20190705163912j:plain

ワンちゃん用のレンタル用品が無料なのも嬉しいポイントです。愛犬のくつろぎスペース確保のためのドッグコットや即席ドッグランを作れるドッグピット、海水浴も一緒に楽しめるようなドギーフローティングベストなど、愛犬家には大好評。ペット連れ可能な宿泊施設自体が少ないこともあり、気兼ねなく愛犬を連れてこられると喜ばれる方が多いそうですよ。ちなみに、ドッググランピングという名称ですが、ペットであれば猫でも鳥でもOKとのことです!

未来を担う子どもたちのための「食育」グランピング

ファームグランピング京都天橋立

f:id:kyotoside_writer:20190705164152j:plain

マリントピアリゾート内で最も新しく、2019年6月にオープンした「ファームグランピング京都天橋立」。
こちらは、今、自分が口にしている食事の背景を知ってもらい、思慮深さや人間性を磨く「食育」をテーマとした日本初のグランピング施設です。元々運営していたレストランで出していた自家農園の野菜が好評で、その農園を活かしたいという想い、そして未来を担う子どもたちに食への深い理解と感謝の心を持ってほしいという願いをこめて作られたものです。施設内に農園を設け、収穫体験や料理体験などの各種「食育」体験ができます。子どものみならず大人でも野菜の成り方を知って驚かれる方も多いそうですよ。

f:id:kyotoside_writer:20190705164211j:plain

宮津湾を望む丘の上に並び立つ、「スタンダートドーム(定員4名✕4張)」「ツインドーム(定員8名✕3張)」「サプライズドーム(定員8名✕7張)」という3タイプの施設。全施設で食材以外の宿泊環境はすべて完備されているので、手ぶらで気楽に訪れることができます。
全テントでスケルトン仕様が施されており、テントにいながら宮津の海と大自然のパノラマビューを見ることができるのも人気のヒミツです。

f:id:kyotoside_writer:20190705164247j:plain

また、このファームグランピングの管理棟である「Cooking Terrace“FUN”」では、食をテーマとしたさまざまな体験(ポテトチップス体験、ピザ作り、パン作りなど)が可能です。これら体験は現状なんと無料とのこと!! こちら管理棟での日帰りグランピングやBBQも可能だそうで、幅広く活用できそうですね。

f:id:kyotoside_writer:20190705164313j:plain

農園での収穫体験や、5匹のウサギとのふれあえたりエサやり体験ができる「ふれあい広場」、アウトドアらしい焚き火のそばでドリンクを頂ける「焚き火Bar」など、誰もが楽しめて快適に過ごせる「ファームグランピング京都天橋立」は、子育てファミリーや、友人家族連れに好評だそうですよ。

マリントピアリゾートに込められた想い

地元の魅力をたくさんの人に知って欲しい

f:id:kyotoside_writer:20190705164354j:plain

斬新かつ「日本初」となる施設を次々に展開しているマリントピアリゾートですが、なぜ、この宮津の地でリゾート展開してるのでしょうか。

マリントピアリゾート運営している㈱にしがきは、元々スーパーマーケット事業を運営しており、地元に根差し、地元の方に支えられている企業でした。社長をはじめとする多くの社員が地元出身ということもあり、地元に還元できるような事業を行いたい、天橋立の魅力を多くの方に知って欲しい……これらの想いを実現できる場所として、のどかな田園風景が広がり、澄んだ海が日置に注目。リゾート事業を展開するようになり、2018年に最初のグランピング施設「グランドーム天橋立」をオープンしました。

f:id:kyotoside_writer:20190705164412j:plain

初めに開業した「グランドーム京都天橋立」は大自然と海を眼の前にして、季節を問わず楽しめる頑丈なドーム型テントが利用者に大好評。多くの方に利用いただいたことで、同タイプのドームテントを設けることになりました。その際、これまでにお客さまからいただいていた意見を参考に、会社の持ち味を活かせるような施設にアップデートしたと言います。

例えば、グランドームでは共用だったシャワーやトイレですが、女性の方やお子さんをはじめとするアウトドアに不慣れな方からの意見も踏まえて、新施設では個別に専用のスペースを設けたそう。これは確かに嬉しいですね!

f:id:kyotoside_writer:20190705164435j:plain

マリントピアリゾートでのグランピングのイチオシポイントをお尋ねしたところ、担当者から「BBQに力を入れております!」との力強いオススメをもらいました。

素泊まりで予約し、自分達で持ち込んだ食材でBBQされるお客さんも多いそうですが、マリントピアリゾートが提供しているBBQ食材を楽しんでもらうのも醍醐味のひとつだそう。例えば、全施設のBBQプランで出しているスキレット料理は施設内レストランで調理したもので、地元の豊富な海の幸を活かした活アワビ(!)や、自家農園の野菜をバーニャカウダに使用したり……と、ここでしか味わえないグランピングBBQがあるそうです。これは是非味わってみたくなりました!

f:id:kyotoside_writer:20190705164455j:plain

一番大切にしているのは「お客さまに満足していただくこと」――いかにお客さまに楽に過ごしていただいて、確かな満足を得て帰っていただけるかを大切にしている、そのために食育をはじめとした各種体験を設けたり、食材に力を入れたり、宿泊施設に個別のシャワー・トイレを設けたりなどの工夫・努力は惜しまないというマリントピアリゾート。今後もまだまだ新しいグランピング施設を計画中だそうですよ。

皆さんもこの夏、宮津のマリントピアリゾートで“都会では味わうことができない、大人の上質旅”を満喫してみませんか?

■■INFORMATION■■

マリントピアリゾート
予約・問い合わせ:0772-45-1073
住所:京都府宮津市日置
http://www.marinetopia.jp

各グランピング施設の公式サイト/予約はこちらから↓
■グランドーム京都天橋立
http://www.glamping-resort.jp

■森のグリーンドーム
http://the-bond.jp

■ブルードーム京都天橋立
http://dome-blue.com

■ドッググランピング京都天橋立
http://dog-glamping.com

■ファームグランピング京都天橋立
http://www.farm-glamping.com

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!