わたしの知らない京都が、ここにある。

京都の牧場|遊んで食べて泊まってお子さま大満足のアクティビティ!

のんびり過ごす動物たちを眺めたり、餌やり体験をしたり……可愛らしい動物たちとのふれあいは、子どもや大人を問わず心を豊かにしてくれます。今回はそこにプラスして、美味しい食事やスイーツ、お土産、アクティビティなど遊べる要素がたくさんある「遊べる牧場」をご紹介! 暑さもやわらいできたこれからの時期、友人や家族、カップルでお出かけしてみませんか?

※記事中の金額は全て税込み表記です。

【新型コロナウイルスの感染拡大防止対策にご協力お願いします!】
・基本的な感染予防対策(マスクの着用・手洗い・身体的距離の確保など)を徹底してください。
・屋外の活動も慎重にしてください。
・発熱等の症状(発熱、咳、のどの痛み、息苦しさなどの症状)がある場合は、外出を控えてください。

遊んで食べて泊って……のどかな癒し空間を満喫

【舞鶴市】舞鶴ふるるファーム  

舞鶴湾や若狭湾の絶景を望む「舞鶴ふるるファーム」は、“農と食の距離を近づける”をコンセプトとした農業公園です。こちらでは、キュートな動物たちのほか、地元食材を使った自然食のビュッフェレストランやお菓子工房、日帰り農園など、大人も子どもも楽しめるコンテンツが盛りだくさん!早速見ていきましょう。

こちらの牧場には、ポニー、ヒツジ、ヤギ、ウサギ、ミニブタ(※)がいます。この子達にはニンジンやキャベツなどの野菜をあげる餌やり体験(1袋100円)ができますよ。なでることもできるので、おやつをあげながらふれあいも楽しめます。ヤギは5頭、ヒツジは10頭ほどですが、なんとウサギは約30羽!かわいらしく走り回る様子を見て癒されること間違いなし!
※2022年9月現在、ミニブタふれあいは休止中です。再開についてはHPで確認ください。

また、土・日曜にはポニー乗馬体験を実施。3歳から体験できるので、小さなお子さんでも楽しめますよ。ポニーの背中の上で揺られながらお散歩してみましょう♪(1回300円、体重制限40㎏まで)
ちなみに、ポニーは「トッポちゃん」「ポッキーちゃん」「クッキーちゃん」の3頭いますが、乗馬体験を担当してくれるのは、比較的大人しいトッポちゃんなのだそう。ぜひ名前を呼んであげてくださいね。

「農村レストランふるる」は、舞鶴の名産「万願寺とうがらし」をはじめ、ふるるファームの畑や地元の農家さんが作った野菜のほか、地元の海産物を使った料理など100種類ほどの自然食メニューがいただけるビュッフェスタイルのレストランです(大人2000円、小学生980円、幼児650円、70歳以上1650円、3歳以下無料)。

野菜たっぷりのメニューが中心なので、罪悪感なくたくさん食べられるのもうれしいですよね~。また、土曜日にはディナーもあるので、宿泊を予定の方は要チェックです。(9月中は休止。HP要確認)

さらに、農園から車で5分ほどのところにある舞鶴新海公園内には、舞鶴ふるるファームが運営するレストラン「M‘s deli」があります。こちらでは舞鶴湾に浮かぶ護衛艦や豪華客船、運が良ければイルカを見ながらランチがいただけますよ。

海上自衛隊のカレーレシピを再現した「まいづる海自カレー」(1320円)は、舞鶴ならではの一品。このまいづる海自カレーは、各艦艇・部隊のカレーレシピを使って作り、認定されたものがメニューとして提供されています。M‘s deliで使用しているのは「ひうち」のレシピ。ほかにも舞鶴市内の9店舗でさまざまな海自カレーがあるので、カレー巡りもできますよ。

そして、海の幸や山の幸をたっぷり使った「気まぐれパスタ」(1100円)も人気。その日によって具材やソースが違うので、何度も楽しめちゃいます。新海公園内には海釣り広場があるので、釣り好きの方にはぜひ訪れて欲しいスポットです。

ふるるファーム園内にある「ふるるお菓子工房」では、地元の食材を使ったスイーツが勢ぞろい!「大浦みかんゼリー」(210円)は工房の人気スイーツの1つで、このゼリーに使われているのが舞鶴市大浦地区の山間地の斜面にある畑で栽培され、「ふるさと舞鶴あぐりブランド」にも認定されている大浦みかんです。もともと、このふるるファームは大浦みかんの畑だったこともあり、その縁もあってこちらではゼリーのほか、ムースやジェラートなどさまざまなスイーツにも使われています。

大浦みかんゼリーについてはこちらの記事もチェック!

そして、舞鶴市が肉じゃが発祥の地であることにちなんだご当地アイス「肉じゃがジェラート」(350円)も見逃せません。おかずであるはずの肉じゃががジェラートに……?と不思議に思いますが、作り方はとっても簡単(?)。牛肉・ジャガイモ・ニンジン・タマネギを使って肉じゃがを作り、それをペースト状にして、ジェラートにするだけ!意外にもジェラートらしい甘みも感じられて、ふるるファームの隠れた人気商品なんですよ。

ほかにも、季節のフルーツを使ったケーキやシュークリーム(275円)も人気です。
基本はショートケーキ(385円)がメインですが1週間前までに予約すればホールもOK。秋にはマスカットやイチジク、栗なども登場予定です。写真はブルーベリーやレモンのショートケーキ。

こちらは地元の新鮮野菜をはじめ、農産加工品、ふるるファームの加工品などが並ぶ「ふるるマーケット」。農家さんの野菜がたくさん並びますが、特に、舞鶴の名産品・万願寺とうがらしの味噌が人気なのだそう。万願寺とうがらしにはほのかな苦味があり、ごはんや野菜と一緒に食べるのがオススメです。また、12月~2月末頃は真牡蠣のシーズン。こちらではバケツに入れて3㎏で約2000円という破格のお値段で販売するので、毎年多くの方が牡蠣を求めて訪れるのだそう。冬に訪れる方はぜひお買い忘れなきよう。

さらに、こちらでは宿泊もできるんです!宿泊用のコテージは、最大10人が泊まれるAタイプと、4人まで泊まれるBタイプの2種類があります。

Bタイプではアメリカン(写真左上)、北欧(右上)、森の隠れ家(左下)、海の隠れ家(右下)の4つのスタイルが選べます。それぞれのテーマに合わせて内装が異なるので、お好みのお部屋で泊ってみてください。また、コテージ前にはテントを張ったり、BBQができるスペースもあるので、キャンプ気分も楽しめますよ。(BBQの設備はAタイプのみに設置)
また、9月末頃には海が見える宿泊棟も登場予定。森と海、両方を満喫できる舞鶴ふるるファームで充実した1日を過ごしてください。

■■INFORMATION■■
舞鶴ふるるファーム
電話 0773-68-0233
場所 舞鶴市字瀬崎60
時間 レストラン11:00~15:00(LO14:00)、ディナー18:00~21:00(LO19:30)、ふるるマーケット9:00~16:00、手作りお菓子工房10:00~16:00、コテージ・バンガロー16:00~18:00
休み 火・第3木曜日※9月の水曜はマーケット、コテージのみ営業 
HP  https://www.fururufarm.com/

楽しみ方は無限大!動物たちと過ごすスローな牧場

【綾部市】綾部ふれあい牧場

綾部市にある「綾部ふれあい牧場」では、馬やヒツジ、ヤギ、ウサギ、ネコなどたくさんの動物が暮らしており、自由にふれあうことができます。

天気が良い日には、原っぱでヒツジやヤギが自由に歩き回っていますよ。ニンジンの餌(1カップ100円)をあげることができるので、ぜひチャレンジしてみてください♪

草食動物とはいえ、体が大きいので始めは少し緊張しますが、噛まれることはないのでご安心を。ごはんをあげたら、優しくなでてあげてくださいね。

また、ウサギ小屋にはかわいいウサギがたくさん!こちらは柵の中に入ることはできませんが、柵越しにニンジンをあげることができますよ(1カップ100円)。「ごはんがもらえるのかな?」と好奇心旺盛に駆け寄ってくる子や、安全な所から様子を窺う子など、個性豊かなウサギたちを見ていると思わず顔が緩んでしまいますね~。

さらに乗馬体験も可能!こちらはイベントなどに合わせて体験教室が開かれるので、HPなどを要チェックです。

そして、ネコのお部屋には6匹のネコちゃんがいます。ネコたちは牧場のスタッフさんに保護された子ばかりですが、人に慣れているのでたっぷり撫でさせてくれます。中には足元に寄ってきてスリスリしてくる子も。ネコ好きには堪らない空間です。
※ネコのお部屋に入る時は1人100円のネコカンパをお願いしています。

たっぷり動物とふれあったらお昼ご飯はいかがでしょう? レストランでは地元産の鹿肉を使ったジビエ料理が人気です。写真は京都鹿と地元野菜の土鍋シチューセット サラダ・パン(ご飯)付き(1480円)。他にも鹿の焼肉セット(1400円)や、鹿のロースト重定食(1500円)など盛りだくさん。また、鹿肉以外の焼肉メニューもあるので、大人数で楽しめるのはうれしいですね。

さらに、前日までに予約をすればBBQができますよ(2800円~)。こちらは手ぶらOK・飲み物の持参もOKと、お財布にやさしいBBQです。メニューはカルビや国産豚肉、スモークチキン、牧場近くにあるパン屋さん「サンクミッシュ」のパンや地元産の野菜など豊富にそろいます。また、ピザ窯や生ビールサーバーの貸し出しもあるので、予約時に伝えることを忘れずに!詳しくはHPでチェックしてみてください。
※持参した飲み物のゴミなどは各自で持ち帰ってくださいね。

お腹がいっぱいになったらまた遊びましょう!なんと、牧場内ではバギーに乗って周遊したり、ハイジのブランコがあったりと、アクティビティも充実しています。写真はひまわりの時期のものですが、牧場は季節の花もたくさん咲くので、景色を楽しむだけでもOK。

さらに、夏にはみなさんご存じのピンクのドア「どこでもドア」が登場しました!ドアを開けた先に見える絶景は、普通にみる時よりも格別です。ちなみに11月には新海誠監督の最新作『すずめの戸締り』にちなんで白に塗り替えられます。ドアを開けるか閉めるかはあなた次第。ぜひ写真を撮って遊んでみてください♪

また、秋にはコスモスが広がり幻想的な景色に。のんびり派もアクティブ派も楽しめるふれあい牧場で1日過ごしてみてはいかがでしょう。

■■INFORMATION■■
綾部ふれあい牧場
電話 0773-48-1000
場所 綾部市位田町桧前81
時間 10:00~18:00(冬季は~17:00)
休み 火曜日 
ブログ https://fureaiboku.exblog.jp/

もふもふの動物たちをたくさん紹介した記事はこちら↓

www.kyotoside.jp

るり渓ハイキングで遊び尽くす!

【南丹市】るり渓やぎ牧場&るり渓ハイキング

南丹市の標高500メートルの高原に位置する「るり渓やぎ農園」では、名前の通りヤギが約40頭飼育されていて見学することができます(見学の際はスタッフの方にお声がけください)。ここにいるヤギは日本ザーネン種という種類で、スイス原産のザーネン種を、日本の在来種とかけ合わせて改良された乳用ヤギ山羊なのです。

そのヤギたちの乳を使って作られたものがこちら。やぎヨーグルト(324円~)にやぎミルクアイス(324円)、チーズなど、さまざまな乳製品がそろいます。

「ヤギの乳製品ってクセがありそう」と思う方もいるかと思いますが、こちらのヤギ乳は甘くてクセが少ないのが特徴。また、搾りたてのミルクを低温殺菌してノンホモにすることで、よりヤギミルクの風味を保つことができます。なお、仔ヤギが生まれておいしいミルクがたくさん取れる4~10月は商品が豊富に揃いますが、1~3月は乾乳期のため、一部商品が品薄になることがあります。WEBなどで注文の際はご注意を~。
※ノンホモ牛乳…通常の牛乳は“ホモジナイズ”という脂肪分が分離されないようにする処理を行っていますが、ノンホモ牛乳はこの処理を行わないことで搾りたての状態に近づきます。

るり渓の大自然でBBQ!

るり渓やぎ農園から徒歩15分ほど行くと、るり渓高原にある自然公園「ポテポテパーク」が見えてきます。ここでは四季折々の自然の光景に加え、スポーツを楽しめたり、施設の展示物や動物の石像を見てまわったりなど、自由に過ごすことができます。

そんなポテポテパークでは、高原BBQもできちゃいます(2800円~)!当日予約も可能で、BBQに必要な道具は用意してもらえるので手ぶらでOK。スタンダードプランでは牛ハラミや豚バラ、地鶏モモなどを用意。さらに国産牛満足プランでは、国産牛肩ロースや国産地鶏などがいただけますよ。

たくさん遊び尽くしたあとは、京都るり渓温泉for REST RESORTでリフレッシュ!大浴場ほか、水着で入れるバーデゾーン(露天風呂や打たせ湯、4種のサウナ、温泉プール他)など、リゾート感覚で楽しめますよ。また、テント型ハンモックやグランピングをイメージした空間「ランタンテラス」など、温泉以外のコンテンツも充実しています。

夜には共感型イルミネーション「シナスタジアヒルズ」でロマンチックな空間に大変身。7色の光が織りなす幻想的な「スパイラルトンネル」など、先進的なデジタルアートで幻想的な世界へと誘ってくれます。
京都るり渓温泉for REST RESORTでは宿泊施設もあるほか、無料送迎バスも出ているので、日帰りでも充分に楽しめますよ。自然いっぱいのるり渓で朝から夜まで遊んじゃいましょう~。

るり渓ハイキングコースの記事はこちら↓

シナスタジアヒルズを紹介した記事はこちら↓

■■INFORMATION■■
るり渓やぎ農園
電話:0771-65-9010 
場所:南丹市園部町大河内小米阪1-3
時間:11:00~15:00
休み:なし
https://www.ruri-yagi.com/

京都るり渓温泉for REST RESORT
電話:0771-65-5001(9:00~21:00)
場所:南丹市園部町大河内広谷1-14
休み:無休(臨時休館あり)
http://rurikei.jp

<番外編>西日本最大級の道の駅で癒し時間

【京丹後市】丹後王国『食のみやこ』

動物とふれあうなら自然豊かな牧場!はもちろんなのですが、京丹後市にある道の駅 丹後王国『食のみやこ』にも、動物園があるんですよ。道の駅なのに動物園があることにびっくりですが、何しろここは西日本最大級を誇る道の駅なので、レストランやショップのほか、動物園に収穫体験農場、アトラクション、ホテルまで備わっています。

まずは「小さな動物園」からご紹介。こちらでは、ヤギやヒツジにエサやり体験(200円~)ができます。無心でごはんを食べる姿はつい夢中になって見てしまいますね~。ちなみにエサをあげる時は専用のスコップやトングを使うのでご安心を。

さらに、園内にはリクガメも!ゆっくりのんびり歩く姿は見ているだけで癒されます。

遊びのひろばも充実していますよ。芝すべり(10分300円、4歳~)では、園内を一望できる丘からソリに乗って一気にすべってみましょう。うまくバランスを取らないと前後左右に回ってしまいますが、それも一興。大人もつい夢中になってしまうかも?

木製アスレチック広場では、ブランコやシーソー、複合遊具などがそろっているので、どの年代のお子さんでも存分に遊べます。もはやここまでそろっていると、道の駅であることを忘れてしまいそうですね。

もちろん食事も充実していますよ。京丹後産の牛肉が食べられる「山と海with日本海牧場」や本格石窯ピザや海鮮焼きを楽しめる「七姫殿」、クレープやドリンクなど軽食には「乙姫玉手箱」などがそろいます。写真は京都が誇るブランド豚・京丹波高原豚を使った料理がいただける「トン‘sキッチン」。京丹波高原豚しゃぶしゃぶ(1人前2300円)では、京丹波高原豚のロースや肩ロース、バラ肉などが贅沢にいただけます。

そしてこちらにはホテルが併設!「ホテル丹後王国」では、丹後の海や山の幸を楽しめる食事に、天然ラジウム温泉の大浴場など、至れり尽くせりな設備が整っています。園内で1日中遊んだらホテルでリフレッシュしましょう!

■■INFORMATION■■
丹後王国『食のみやこ』
電話 0772-66-3081
場所 京丹後市弥栄町鳥取123
時間 平日9:00~17:00/土日祝9:00〜21:00 (17:00以降はレストランのみ営業)
休み 火曜(園内全施設・店舗 休業)※休園日は季節により異なり、予告なく変更になる場合あり、最新のお知らせ要確認 
http://tangooukoku.com

 

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!