トップ食べる > 【宮津・天橋立ランチ】せっかくなのでご当地グルメが食べたい!

【宮津・天橋立ランチ】せっかくなのでご当地グルメが食べたい!

  • Xアイコン
  • Facebookアイコン
  • はてなアイコン
  • Lineアイコン
  • Pocketアイコン
  • Linkアイコン

宮津のご当地ランチTOP画像

日本三景・天橋立を有する観光地として知られる宮津市。観光と一緒に楽しみなのが現地での食事ですよね。
宮津は海沿いのまちということもあり、新鮮な魚介をいただけるお店がたくさんあります。だけど、せっかくならもっとご当地ならではのランチが食べたい!という方のために、今回は旬の食材はもちろん、ここでしか食べられない珍しい逸品や歴史ある名店のランチをご紹介します。
記事中の価格はすべて税込み表記です。情報は2024年4月時点のものです。

宮津遺産の天橋立オイルサーディンを使ったご当地バーガー

Cafe du Pin 千歳

Cafe du Pin 千歳外観

画像提供:Cafe du Pin 千歳

広々とした店内の大きな窓から天橋立の松並木や廻旋橋が望める「Cafe du Pin 千歳」。こちらは江戸時代中期から続く老舗旅館をオーベルジュにリノベーションした「ワインとお宿 千歳」が運営する、食材にこだわったバーガーが人気のカフェです。

宮津バーガー(天橋立オイルサーディン)セット

画像提供:Cafe du Pin 千歳

パンとイワシの組み合わせが珍しい「宮津バーガー(天橋立オイルサーディン)セット」(1,000円〜)は、丹後産コシヒカリの米粉を使ったモチモチとした食感の米粉パンに、宮津遺産にも認定されている竹中罐詰のオイルサーディンを挟んだご当地バーガー。少し炙ってカリッと焼き上げたオイルサーディンと、ガーリックオイル×ワインビネガーで仕上げた自家製の梅肉ソースがマッチした、さっぱりとした和風の味わいです。

だし巻きバーガーセット

画像提供:Cafe du Pin 千歳

こちらの「だし巻きバーガーセット」(1,000円〜)は、毎朝千歳の料理長が福知山市大江町の鬼たまごを使って焼き上げるふわふわのだし巻きに、キュウリと辛子マヨネーズを併せたシンプルながらもインパクト大のバーガー。昆布とカツオ出汁の風味が広がる少し甘めのだし巻きと、ピリッ効いた辛子マヨネーズの相性が抜群です!! 数量限定なので、気になる方は早めの時間帯に行くのがおすすめですよ。

■■INFORMATION■■

Cafe du Pin 千歳
宮津市文珠468
電話:0772-22-1313
営業時間:9時00分〜18時00分
定休日:不定休
https://www.amanohashidate.org/chitose/62/

 

創業当時より受け継がれてきた老舗の味が詰まった贅沢な一皿

欧風料理 精養軒

欧風料理 精養軒外観

画像提供:欧風料理 精養軒

京都丹後鉄道「宮津」駅から徒歩約7分のところにある「欧風料理 精養軒」。もとは日本料理店として大正時代に開店し、2代目の時代から湊町の外国船に乗る水夫達のために本格的な欧州向け料理を作りたいという想いのもと、洋食専門店として今日まで続く老舗のレストラン。

精養軒名物の豪華ランチCランチ

画像提供:欧風料理 精養軒

昼夜関係なく注文できる「豪華ランチ」は5種類から選べる精養軒の名物ランチ。どれもボリューム満点ですが、なかでも1番人気の「Cランチ」(1.900円)は、有頭エビフライ・ハンバーグ・チキンソテー・ポークカツ・ロースハム・カニサラダ・野菜サラダが溢れんばかりに盛り付けられた贅沢な一皿。お店で提供される料理は、マヨネーズやソースに至るまで全て丁寧に手作りされており、少しの変遷はあるものの創業時の味わいが受け継がれています。

名物タンシチュー

画像提供:欧風料理 精養軒

14時間以上じっくり煮込まれる「名物タンシチュー」(1.900円)は、口の中でホロリととろけるような柔らかさと、デミグラス本来の旨みと苦味、酸味の絶妙なバランスが自慢。創業時から継ぎ足して熟成し続けたデミグラスソースは、気温や湿度にあわせ毎日少しずつ調整され、当時の味を守り続けています。

■■INFORMATION■■

欧風料理 精養軒
京都府宮津市字島崎2021-1
電話:0772-22-2426
営業時間:平日 11:00~14:00(入店)/土・日・祝 11:00~14:00(入店)、16:00~19:00(入店)
定休日:木曜(祝祭日は営業する場合あり)
http://seiyouken.jp/index.html

 

宮津の食の魅力を集めた豊富なメニューが楽しめる

HAMAKAZE Cafe

HAMAKAZE Cafe外観

画像提供:HAMAKAZE Cafe

道の駅「海の京都 宮津」内にある「HAMAKAZE Cafe」は、「天橋立チーズケーキ」などのオリジナルお土産物ブランドを販売するHAMAKAZE Projectが運営するカフェ。ほぼ全てに地元の食材が使われており、宮津の食文化をアレンジしたメニューなどを楽しむことができます。

宮津トーレ

画像提供:HAMAKAZE Cafe

宮津近海を中心とした新鮮なシーフードをふんだんに使った「宮津トーレ(サラダ付き)」(1.380円)は、酸味を控えたトマトソースが特徴です。えび・たこ・いか・あさりからでる旨みと、トマトのほどよい酸味がアルデンテのパスタとマッチ! 海の京都、宮津の美味しさがギュッと詰まった一品です。

シーフードカレー焼きそば

画像提供:HAMAKAZE Cafe

宮津のソウルヌードル、カレー焼きそばを紹介する「宮津カレー焼きそば会」の公式会員でもあるHAMAKAZE Cafeがアレンジした「シーフードカレー焼きそば(サラダ付き)」(1,180円)は、シーフードたっぷりの汁だくウエットタイプ。魚介の旨みとスパイスの刺激が食欲をそそり、ついついお箸が進んじゃいます!
カレー焼きそばは食べ歩きMAPがあるほど人気のご当地グルメなので、いろんなお店の味を食べ比べてみるのもおすすめです。

■■INFORMATION■■

HAMAKAZE Cafe
宮津市浜町3008 道の駅「海の京都 宮津」おさかなキッチンみやづ内
電話:0772-25-1080
営業時間:10:00〜17:00(ランチLO14:30)
定休日:水曜日(貸切営業や施設整備などで休業する場合あり)
http://hamakaze-pjt.com/cafe

宮津のご当地グルメはいかがでしかた?
宮津の情報を集めた記事もアップしていますので、グルメと一緒にこちらもチェックしてくださいね。

宮津・天橋立の魅力をまとめた記事はこちら

天橋立の可愛いスイーツを紹介した記事はこちら

  • Xアイコン
  • Facebookアイコン
  • はてなアイコン
  • Lineアイコン
  • Pocketアイコン
  • Linkアイコン

特集

同じカテゴリの記事

【宮津・天橋立ランチ】せっかくなのでご当地グルメが食べたい!

京都のお花見弁当5選~美しい桜と春の味覚を堪能しよう~

京都の美味しい!ご当地おにぎり〜お米や水にこだわった逸品〜

【2024】京都の最旬抹茶スイーツ〜王道から最新の人気スイーツまで一挙紹介〜

公式アカウントをチェック!

ページトップアイコン