あなたの「いいね」で「和」を世界へ

樹木医さんに聞いた!京都に桜の名所が多いワケ&知ると納得!桜の知識

f:id:kyotoside_writer:20180314160336j:plain

桜シーズンもいよいよ開幕!本格的な春の到来に、日本中が桜の開花をいまかいまかと待ちわびていますね。
それにしても、日本ではなぜこんなに桜が愛されているのでしょう?
京都にはなぜ桜の名所が多いの?
なぜ、お花見と言えば染井吉野(そめいよしの)なの?
京都で見られる桜の品種ってどんなものがあるの??
…などなど、今日は京都府立植物園の樹木医・中井貞さんに教えてもらった、桜に関する数々の「なぜ?」に迫ります!!

理由があった!京都に桜の名所が多いワケ

f:id:kyotoside_writer:20180314160403j:plain

京都には、祇園白川や嵐山、哲学の道に平野神社、仁和寺、平安神宮など、数多くの桜の名所がありますが、何故こんなにも「桜の名所」と言われる場所が多いのか、これはやはり京都が「都」であったことが多いに関係しています。

 元々、日本には山や田んぼの脇に自生している野生種の桜(主にエドヒガン)があり、何百年も生きる古木や巨木として人々に眺められてきました。自然の中の桜を楽しむことが、昔からの桜の楽しみ方だったんです。
都ができると、人が桜を持ってきて植えて観賞するという文化が根づきだします。京都や江戸といった都市部では、お寺や神社に桜が集められ、そこを名所にして人々が集まって観賞するようになりました。
そして、そのうち人々は野生種の桜を交配させて品種改良するようになります。変わった桜や珍しい桜が、都にいる権力者の元に集まるようになり、長い間都であった京都にはたくさんの桜が集まってきました。

f:id:kyotoside_writer:20180314160445j:plain

特に江戸時代は園芸文化が発展し、桜に限らず各藩がこぞって珍しい植物を栽培し、それを自慢することが江戸時代の一つの特徴でした。その中で桜も多用な品種が生まれ、江戸や京都に集められて観賞されるようになったという歴史的な背景があるそうです。

日本の桜に歴史あり!野生の桜と栽培品種の桜

ここで、知られざる桜の基礎知識をご紹介。
桜には実は、日本に古来からあって元々人が観賞していた野生種の桜と、人間がつくり出した栽培品種の桜2種類があることをご存知でしたでしょうか?

f:id:kyotoside_writer:20180315205917j:plain

(左上)ヤマザクラ、(左下)オオシマザクラ、(右)エドヒガン

野生種は現在、10種の桜がありますが、特に知られているのがヤマザクラ、オオシマザクラ、エドヒガンの3種
中でもオオシマザクラは、栽培品種をつくる時の中心となる桜で、他の桜ではあまり出ない“香り”が出るのが特徴です。よくある“桜の香り”は、このオオシマザクラの香りなんですよ。そして桜餅に使われる塩漬けの葉も、この香りが出るオオシマザクラの葉が使われています。

f:id:kyotoside_writer:20180315210201j:plain

(左)染井吉野、(右)枝垂れ桜

人間が生活する里の空間で、観賞目的のために栽培・植栽されている桜を、栽培品種と言います。大括りで言うと、里桜とも呼ばれています。
交配したり枝変わりして花が大きくなったり、花びらの数が多いものが出たり、変わった色の花びらができたりして作られた桜であり、たとえば「桜」と言えば日本人がイメージする染井吉野(そめいよしの)や、枝垂れ桜(しだれざくら)、八重桜(やえざくら)など、今ある桜の多くは、実は栽培品種なんです!
※ちなみに、わかりやすいように野生種はカタカナ、栽培品種は漢字で表します。

なぜ、お花見と言えば染井吉野(そめいよしの)なのか

お花見でイメージするのって、皆さんほとんど染井吉野を思い浮かべますよね。
なぜ、日本人がイメージする桜は、染井吉野なのでしょう?

f:id:kyotoside_writer:20180314160753j:plain

江戸時代の終わり頃、江戸の染井村(現・東京都豊島区)は近郊の植木屋さんが集まる地区で、ここでオオシマザクラとエドヒガンを親木として作られた栽培品種が、染井吉野でした。
品種の歴史としては浅いのに、今や日本中で「お花見といえば染井吉野」となっているのには、明治維新が大きく関係しています。
園芸文化が発展し世界一とも謳われた江戸時代、各藩こぞって園芸に力を入れ、出来た品種は武家屋敷やお寺・神社で観賞されていましたが、明治維新が起こり近代化する中、武家屋敷の荒廃や廃仏毀釈で、集められていた桜の品種や木はどんどん伐採されていきました。

f:id:kyotoside_writer:20180314160827j:plain

栽培品種の桜は自然の桜ではないので、種から新世代とはならず、人の手で接ぎ木などをして残していかないといけません。何百年と培ってきた桜の栽培品種文化も一旦、衰退してしまいます。

そんな時代に生まれた新しい品種・染井吉野。東京を拠点とする新しい明治政府は、東京生まれのこの新しい桜を全国の学校や公道、神社などの公の場所にふさわしい樹木として植栽を進めました。他の品種と比べて染井吉野は木の成長が圧倒的に早く、全国に広がっていき、桜と言えば染井吉野というイメージが定着していきます。
日本の花見文化は有史以来ありますが、お花見=染井吉野の歴史は、実はつい最近、戦後からの文化なんですよ。

京都で見られる桜の品種

京都でももちろん、染井吉野は多くの場所で見ることができますが、伝統文化と歴史が残るまち・京都で見られる桜の品種をいくつかピックアップしてご紹介しちゃいます。

枝垂れ桜(しだれざくら)

f:id:kyotoside_writer:20180315210605j:plain

普通の桜の木は上に伸びて枝葉を広げていきますが、野生種エドヒガンの中で伸びた分だけ垂れるような特徴のある個体を選んで栽培したもの、それが枝垂れ桜です。花の形はエドヒガンと同じですが、植物ホルモンの影響で枝垂れる形になりました。京都では枝垂れ桜の名所として、円山公園・醍醐寺が有名です。

市原虎の尾(いちはらとらのお)

f:id:kyotoside_writer:20180315210624j:plain

直立した枝に白い八重の花が咲くという枝ぶりが虎のしっぽに見えるという品種です。京都において桜の保存に大きな役割を果たしている「佐野家(現代も続く桜守の家系)」に見出され、世に広がっていきました。京都では府立植物園や京都御苑などで見ることができます。

太白(たいはく)

f:id:kyotoside_writer:20180315210649j:plain

栽培品種の中でもいちばん大きな花(直径が5センチ以上)が咲く品種です。日本で栽培されていたものが一度は絶滅したそうですが、1932(昭和7)年、学者であった鷹司信輔氏がイギリスに輸出されていたものを逆輸入して「太白」と名付けたそうです。

普賢象(ふげんぞう)

f:id:kyotoside_writer:20180315210714j:plain

非常に特徴的な八重桜で、葉化しためしべが2本あるのが特徴です。この2本になっためしべが象の牙のように見えることから、普賢菩薩が乗っている象に見立てて普賢象の名がつきました。花の咲く時期は少し遅く、4月中旬頃です。京都では千本ゑんま堂(引接寺)が有名です。

 

鬱金(うこん)&御衣黄(ぎょいこう)

f:id:kyotoside_writer:20180315210737j:plain

ちょっと珍しいのが、黄色の桜である鬱金と、緑の桜である御衣黄。葉緑体の影響で花の色が変わっており、一見すると桜に見えませんが、これも桜の品種なんですよ。

ちなみに、これらの桜の品種全てを見られるのが、京都府立植物園
来週は、130品種の桜でお花見が楽しめる、春の京都府立植物園特集を公開します!!イベントやライトアップ情報もお届けしますので、そちらもどうぞお楽しみに!

知られざる桜の歴史や豆知識、いかがでしたでしょうか。
ぜひお花見の時に話題にしてワイワイ盛り上がってください^^

 

■■SPECIAL THANKS■■

今回お話を伺った京都府立植物園 樹木医の中井貞さん

f:id:kyotoside_writer:20180320191832j:plain

【参考文献】『桜』(勝木俊雄 著/岩波新書)

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!