トップ体験する > 亀岡・英国村としてリニューアル!京都でイギリス旅行気分を満喫♪

亀岡・英国村としてリニューアル!京都でイギリス旅行気分を満喫♪

  • Xアイコン
  • Facebookアイコン
  • はてなアイコン
  • Lineアイコン
  • Pocketアイコン
  • Linkアイコン


京都市内から車で約1時間。亀岡市ののどかな里山を車窓に眺めながら峠道を進み、木々に覆われた緑のトンネルを抜けると——。そこにはイギリスの田園地帯・コッツウォルズのような景色が! はちみつ色の石造りのキュートな家々が並び、小さな池の畔には草花が揺れる、豊かな山々を背景にしたまるで箱庭……。
実はここ、2017年に編集部が訪れた
亀岡のドゥリムトン村なんです。昨年「英国村」としてリニューアルしたという情報をキャッチした編集部は、6年ぶりに現地を訪問。新たな魅力が詰まった英国村の最新情報をお届けします!

リニューアルを経て、新規エリア&楽しみ方拡大中!


19世紀後半、古き良きカントリーサイドの風情を再現し、イギリス人をも唸らせる世界観を体験できる英国村。敷地内は2つに分かれていて、ゲートを入ってすぐの無料エリア(写真)は飲食物の持ち込みOK。リニューアル後に造設したガーデン席で季節の花々を眺めながらピクニック……なんて、素敵ですね。

完成したばかりというお城の塔のような展望台(写真)からは、村全体が一望できるんですよ。
エントランスはこちらです。チケットを購入していざ入村!!


エントランスからすぐのショップでは、アンティークなメイド衣装に身を包んだスタッフさんがお出迎え!


有料エリア内には、ショップやティールームレストランのほか、コテージ・チャペルが点在。本場イギリスで買い付けているというオーナーこだわりのアンティーク家具や雑貨、エクステリア(建物の外部設備)などで隅々まで造り込まれており、ここが京都だということを忘れてしまいそうです。

バスケット片手に「ピクニックアフタヌーンティー」へ

画像提供:英国村

リニューアルオープン後のおすすめは、なんといっても「ピクニック アフタヌーンティー」です! 敷地内の好きな場所で、アフタヌーンティーセットを携えてガーデンピクニックができるんです。
まずは、ティールームレストラン「PONT-OAK(ポントオーク)」でサンドウィッチやスコーン、紅茶などの飲み物が入ったバスケットを受け取ります。その後は、予約した場所へ案内してもらい、思い思いのティータイムを過ごせるというもの。外のガーデンはもちろん、季節や天候によってはコテージや教会、個室などの屋内で楽しめるのがうれしいですね。


村内散策の前後に、フィッシュ&チップスやスコーンなど、英国ゆかりのお料理やスイーツを味わうならティールームレストラン「PONT-OAK」へ。


ほのかな灯りに照らされた店内は映画のセットのよう!

一方、入って左手のお部屋には、大きな窓から自然光が降り注ぐテラス席があり、窓からガーデンを眺めながらお食事をいただけるんです。

英国スイーツの代名詞とも言える、レストラン自慢のスコーンには、オリジナルのクロテッドクリームを添えて。紅茶は13種類のフレーバーから選べます。迷った時には、マリーゴールドやバラの香りがさわやかな「ガーデン」、トロピカルフルーツの甘い香りが人気の「トロピカル」がおすすめ。
※基本的にお料理など、手元の撮影はOK。貴重な調度品や食器も多いのでご注意を!


店内で提供する紅茶やクッキー、ジャムや雑貨などを扱うブリティッシュストアも併設しているので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

ロマンティック全開! コテージ&チャペルエリア


敷地内をさらに進むと、木々に囲まれたコテージが並んでいます。宿泊は一泊朝食付のBBスタイル。一棟貸しのコテージが全5棟あり、インテリアはそれぞれに異なるテーマで揃えられているんです。朝食は、イングランドスタイルのイングリッシュブレックファストをティールームレストラン「PONT-OAK」でいただきます。メニューはソーセージにベーコン、焼きトマト、マシュルーム、スクランブルエッグ、ヨーグルト、シリアル……にコーヒーまたは紅茶がついてボリュームたっぷり!


イギリス田園地帯の個人宅にお邪魔しているかのような室内! 日本国内のホテルや旅館とはまた違う宿泊体験ができそうです。


白を基調にしたフレンチ風のコテージも。まるで外国のリゾート地に来たかのようですね。


運が良ければ、敷地内を自由に往来する猫たちにも出会えますよ。一番人なつこいという“姫ちゃん”の気ままなアテンドにほっこり。

コテージエリアの奥には小さなチャペルが! 英国の古典文学に登場しそうな佇まいに、うっとりしてしまいます。
ゴージャスなチャペルも素敵ですが、こじんまりした内部は厳かながらもあたたかな雰囲気。実際にこちらで式を挙げられるカップルもいるそうですよ。

新コンテンツ計画中、ますます進化が止まらない英国村


建築や造園を本業とする現オーナー。オープン時の思いを引き継ぎながら、新たな展開を計画中だそうですよ。その一つが、レンタル衣装でコスプレ&撮影会を楽しめるサービス。バラやチェック柄の生地を使ったオリジナルのワンピースを扱うほか、ビンテージの衣類が揃っていて、衣装選びから気分が上がること間違いなし!


さらに無料エリアにも、英国風の朝食が味わえる「コンサバトリー」や「ロードサイドパブ」をオープン予定。新しく生まれ変わった英国村はまだまだ進化中。ぜひ、亀岡で体験できるイギリス旅行へお出かけし、外国の田園地帯の雰囲気を楽しんでくださいね!

■■INFORMATION■■

英国村
所在地:亀岡市西別院町柚原水汲12
電話:0771-27-3004
営業時間:11:0017:00
※レストランなど、各施設やサービスの営業時間はお問い合わせください
※ピクニックアフタヌーンティーや宿泊予約やホームページをご覧ください
定休日:不定休
HP:http://dreamton.co.jp

  • Xアイコン
  • Facebookアイコン
  • はてなアイコン
  • Lineアイコン
  • Pocketアイコン
  • Linkアイコン

特集

同じカテゴリの記事

【2024】最新!京都府内キャンプ&グランピング施設

京都の茶どころ・和束町で新茶の茶摘み&茶そば打ち体験

【京丹後市】西日本最大級の道の駅「丹後王国 『食のみやこ』」を大解剖!

【京都・和束町】鎌倉時代から続く茶畑に思いを馳せる観光ツアーをご紹介

公式アカウントをチェック!

ページトップアイコン