あなたの「いいね」で「和」を世界へ

京都の夏の始まりに欠かせない!「夏越祓」と「水無月」

f:id:kyotoside_writer:20170601170350j:plain
気が付いたら、あっという間に6月。一年も折り返しの地点までやってまいりました。日本では古くから1年のちょうど折り返しに当たる6月30日に上半期の罪やけがれを払い、残り半年の無病息災を祈る「夏越祓(なごしのはらい)」という神事が行われてきたって、ご存じでした?

f:id:kyotoside_writer:20170601170352g:plain
京都では、この行事がとても盛んで、夏越祓が行われるこの日、各神社の鳥居や境内には、茅(ちがや)という植物で作った輪=茅の輪が作られ、そこをくぐることで罪穢れを払うんです(写真は熊野神社)。

もちろん茅の輪をそのまま、くぐるだけでもいいのですが、実はちゃんとしたくぐり方があるんですって。神社によって微妙に違ったりもするそうなので、京都大学の近く、厄よけ・開運の神様を祀る吉田神社さんに茅の輪のくぐり方を伺ってきました。

f:id:kyotoside_writer:20170601170346j:plain
吉田神社6月30日の朝から茅の輪が置かれています。くぐる回数は3回。くぐる時は必ず左足から入ること。そして、1回目は左側に回り、2回目は右側、最後に左に回って抜けます。つまり「8の字」を描くんですね。
この時に、その時に「水無月の 夏越の祓へする人は 千歳の命 延ぶというなり」という歌を唱えるんですって。

f:id:kyotoside_writer:20170601170343j:plain吉田神社では夕方16時から「夏越祓」の神事が行われ、神事の後、神職さんと一緒に茅の輪をくぐることもできます。この時、先ほどの歌を唱えますが、紙が配られるので安心。実際、参加してみたのですがとても風流な感じがいたします。

f:id:kyotoside_writer:20170601170348j:plain
茅の輪をくぐった後は茅をもらい、家でミニ茅の輪を作って飾るのも楽しいですよ。
これで厄除けはバッチリですね!

あとは、おかしを食べて夏を乗り切ろう!

そして京都では、この日「水無月」という三角形の菓子もいただきます。最近は京都以外でも見かけるようになりましたが、ちょっと前までは京都しか売っていなかったような気がします。みなさんの住んでいらっしゃるところでは、いかがですか?

f:id:kyotoside_writer:20170601170356j:plain
このお菓子のいわれは古く、平安時代より宮中では水無月(6月)になると、京都の北の方にある氷の貯蔵庫・氷室から氷を切り出して食べ、暑気払いをしていました。でも当時、氷はとっても高価。庶民はとても食べられないので、氷に見立てたお菓子を作りました。それが、この水無月なのです。

それぞれに意味があり、小豆は魔除け、三角の形は暑気を払う氷を表しています。
写真の水無月は四条河原町に本店を構える永楽屋さんの水無月ですが、上に載っているのは丹波産大納言小豆なんですって。大納言小豆は実が大きく煮ても割れにくいという特徴があり、切腹することのない高官の「大納言」が名の由来。「切腹しない」ということから、縁起が良いお豆だそうですよ。
6月中は、多くのお菓子屋さんで作られています。
今年の6月は、水無月を食べて夏を乗り切りましょう~♪

 

吉田神社

京都府京都市左京区吉田神楽岡町30
℡ 075-771-3788
境内自由

永楽屋本店
京都府京都市中京区河原町通四条上ル東側

℡ 075-221-2318
10:00~20:00 無休
水無月(白・抹茶・黒糖)各216円 販売は~6月30日まで 

 

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!

あなたの気になる記事が他にもあるかもしれません

ブラウザの戻るボタンを再度クリック頂くと元のページに戻ります。