あなたの「いいね」で「和」を世界へ

薫風に誘われて青モミジ狩り♪新緑に映える京都の絶景寺院3選

f:id:kyotoside_writer:20180424171335j:plain

新しい出会いや生活、賑やかなお花見と慌ただしく時は過ぎ、早いものでもう5月。若葉が萌える爽やかな季節がやってきました。

桜や紅葉をはじめ四季折々の花木を求め、毎年多くの方が京都を訪れますが、実は…京都人や京都通がよく「ぜひ!」とオススメするのは青モミジの景色

特に歴史のある社寺では、みずみずしい若葉と重厚な建物が調和し、「ココならでは」の風情が楽しめます。秋と比べて人が少ないので、ゆっくりと拝観できるのも魅力の一つですね。

今回はそんな青モミジを楽しめる、京都府下のおすすめ寺院を3カ所ご紹介します。

 

SNS映えバツグン!書院の2階に広がる緑の世界 瑠璃光院(京都市左京区)

f:id:kyotoside_writer:20180424170733j:plain

比叡山の山裾に広がる、のどかな京の奥座敷・八瀬の里。大昔、大海人皇子(天武天皇)が背中の矢傷を癒したと伝わるこの地には、この時季、期間限定で見られる癒しの絶景があります。その場所の名は、無量寿山 光明寺 京都 瑠璃光院。情緒あふれる数寄屋造の建築自然を借景とした庭を有する、通常非公開のお寺です。叡電「八瀬比叡山口」駅からトコトコ歩くと、緑陰に包まれた瀟洒な山門が出迎えてくれます。

f:id:kyotoside_writer:20180424170755j:plain

こちらの主役は1階の書院前に広がる「瑠璃の庭」。参拝ルートに従ってまず書院の2階に上がると…そこに広がるのは思わず息を飲む光景。窓辺に置かれた机に青モミジが映り込み、部屋を幻想的な緑の世界へと塗り替えています。別角度を見れば遠く輝く山の緑のグラデーションもステキ♡清々しい気分にさせてくれます。

f:id:kyotoside_writer:20180424170811j:plain

俯瞰の景色を堪能したら、1階に降りてまた人心地。濃淡の緑が生み出す庭の奥行きを体感し、数十種の苔が織りなす地模様の妙を楽しみましょう。

■■INFORMATION■■
瑠璃光院
所在地  京都市左京区上高野東山55
公開期間 2018年6月15日(金)まで
拝観時間 10:00~17:00
拝観料  一般2,000円
電話番号 075-781-4001
アクセス 叡電「八瀬比叡山口」駅・比叡山ケーブル「八瀬駅」駅下車徒歩5分、京都バス「八瀬駅前」下車徒歩7分

 

数千本の青モミジが境内を埋める「丹後のもみじ寺」 金剛院(舞鶴市)

f:id:kyotoside_writer:20180424171354j:plain

赤レンガパークなどがある東舞鶴の街中から、車でおよそ15分。山に抱かれて佇む金剛院は、三島由紀夫の『金閣寺』にも登場する名刹。「関西花の寺二十五ヵ所霊場会」の第三番札所で、「丹後のもみじ寺」と通称されています。境内のいたるところに植えられたモミジは、樹齢数百年から数十年の木まで約数千本!繊細な印象を与える細く柔らかな葉が、どっしりと構えるお堂周りを彩ります。

f:id:kyotoside_writer:20180424171424j:plain

特にオススメなのが、向かいにある鹿原公園からの眺望。平安時代の白河天皇の勅願で建立され、室町時代に再建された三重塔(重文)と青モミジの共演が楽しめます。埋め尽くすように萌える新緑にスッとそびえる三重塔は、さながら緑の海に浮かぶ灯台。絵画のような光景に、写真撮影もはかどります♪

f:id:kyotoside_writer:20180424171442j:plain

そして訪れた際、ぜひ一緒に拝観したいのが、守り伝えられてきた寺宝の数々を安置する宝物殿。中でも鎌倉時代の超有名仏師・快慶の作と伝わる深沙大将立像・執金剛神立像は必見(どちらも重文)!周囲を睨めつける力強い姿と、脈打つ血管さえ表現した高度な技術に脱帽です。 

■■INFORMATION■■
金剛院
所在地  舞鶴市字鹿原595
拝観時間 9:00~16:00
拝観料  300円(宝物殿は別途500円)
電話番号 0773-62-1180
アクセス JR舞鶴線「東舞鶴」駅から京都交通バス「鹿原」下車徒歩10分、またはJR小浜線「松尾寺」駅から徒歩20分

 

せせらぎを聞きながら通り抜ける青モミジのトンネル 興聖寺(宇治市)

f:id:kyotoside_writer:20180424171707j:plain

平安貴族達も愛した風光明媚な地・宇治。千年の時を超えてなお滔々と流れる宇治川の東岸には、紅葉の名所として知られる興聖寺があります。こちらは鎌倉初期に宋から帰国した高僧・道元禅師が開創した、日本初の曹洞宗の修行道場。境内は禅寺ならではの閑寂で清潔な雰囲気に包まれており、ゆったりと青モミジ狩りを楽しむことができます。

f:id:kyotoside_writer:20180424171726j:plain

青モミジが楽しめるのは、総門から山門にいたる約200mの参道「琴坂」。両脇を流れる水音が琴の音のように聞こえたことから名付けられたこちらには、頭上を覆う71本のモミジが植えられています。山門に近くにつれその本数を増し、だんだんと色も鮮やかなっていくその風景は、まさに自然が生み出すトンネル。せせらぎに耳を澄ませながら歩いていると、なんとも清々しい気持ちになります。そして龍宮城を思わせる山門に到着したら…一呼吸おいてぜひ後ろを振り返ってみてください。額縁で切り取ったような緑の景色がそこに広がっているはずです。

f:id:kyotoside_writer:20180424171738j:plain

 嬉しいことに琴坂と庭園は無料で見ることができるのですが、せっかく足を運んだなら、ぜひ山内も拝観を。法堂は伏見城の遺構で、鴬張りの廊下・血天井・杉戸絵など、戦国時代の面影を伝えるものが随所に。また、石組みの美しい内庭に面した大書院で風や水の音に耳を澄ませれば、日常で疲れた心を洗うゆるりとした時間が過ごせます。

■■INFORMATION■■
興聖寺
所在地  宇治市宇治山田27-1
拝観時間 9:00~17:00
拝観料  300円(庭園までは無料)
電話番号 0774-21-2040
アクセス 京阪宇治線「宇治」駅下車徒歩10分

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!