あなたの「いいね」で「和」を世界へ

旅に出たら食べよう! とろ~り、魅惑のご当地ソフトクリーム

f:id:kyotoside_writer:20170417001014j:plain旅に出たら食べたくなるのが「ご当地ソフトクリーム」。ここでしか食べられない! というのも相まって、ついつい買っちゃうんですよね~。日本酒にワインに京野菜、きび餅など、どれもこれも美味しそうだし、色々と種類がありすぎて迷っちゃう! こうなったら全部食べちゃう?

ソフトクリームを食べて智恵を授かろう!

f:id:kyotoside_writer:20170414223943j:plain宮津市の天橋立、智恵の文殊で有名な智恩寺の門前で売られているのが「智恵の餅」(左)。食べると智恵を授かるという、天橋立の名物です。
「智恵の餅」の老舗として知られる勘七茶屋では、なんと智恵の餅を使ったソフトクリームがいただけるんですよ。お店自慢のあんこと丹後の酪ママ工房のフレッシュで美味しい牛乳をたっぷり使用したソフトクリーム(^^♪ お参りの帰りに、ぜひ食べてみて。
智恵のソフトクリーム 350円 
販売期間:初夏~秋 

「文珠荘 勘七茶屋」ってこんなところ

f:id:kyotoside_writer:20170414223949j:plain
文殊堂の門前で「智恵の餅」を売る四軒茶屋のうちの一軒。創業が元禄3(1690)年という老舗です。「智恵の餅」は親指大のお餅にたっぷり餡を載せたお団子で、食べると文殊さまの智恵を授かるそうですよ。
他に、きなこの「重太郎餅」や夏限定の冷菓「智恵のしずく」、また季節限定のお餅などもあるので、ぜひ試してみて!

文珠荘
勘七茶屋
京都府宮津市文珠471-1
TEL 0772-22-2105
営    8:00~17:00
休   無し
HP http://www.monjusou.com/group/chaya/

ほんのり日本酒が香る、蔵元のソフトクリーム

f:id:kyotoside_writer:20170414212455j:plain「おちょこ女子」たちにおすすめしたいのが、日本酒を使ったソフトクリーム。作っているのは天保13(1842)年創業という古い歴史を持つ木下酒造です。なんと、こちらの杜氏さん(酒蔵の最高製造責任者)は、フィリップ・ハーパーというイギリスの方なんですって!
口に含んだ時にふわっとお酒の香りを感じますが、ノンアルコールなのでお酒の飲めない方や小さな子でも安心ですよ。
地酒ソフトクリーム 300円  
販売期間:通年

      f:id:kyotoside_writer:20170414212507j:plain
こちらでは、もう一つご紹介したアイスがあるのです。その名も「タイムマシンアイス」! 驚くことに江戸時代の製法で造ったお酒「タイムマシン1712」を、地酒ソフトクリームにかけていただきます。
これが抜群の相性で、思わず笑ってしまうほどの美味しさなんですよ(^_-)-☆
タイムマシンアイス 350円 
販売期間:通年


「木下酒造」ってこんなところ

f:id:kyotoside_writer:20170414212500j:plain f:id:kyotoside_writer:20170414212629j:plain
創業以来、175年に渡り造り続けている蔵を代表する銘柄が「玉川」です。蔵の裏山から湧き出る水を使い、地元のお米などで造っているそうですよ。また、蔵に自然に住み付いている微生物を最大限に活かした、酵母無添加の生酛・山廃酛で造る「自然仕込」純米酒は、日本酒好きにおすすめの一本。直営販売店では和食から洋食、前菜、デザートとあわせて楽しめるお酒が揃っているので、お酒好きな方へのプレゼントにぴったりな一本が見つかりますよ。また、酒まんじゅうや地酒ケーキ、かわいいお土産物もあるので要チェックです(#^.^#)

木下酒造 直営販売店
京都府京丹後市久美浜町甲山1512
℡ 0772-82-0071
営 9:00~17:00
休 1月1
HP http://www.sake-tamagawa.com/
 

フルーティさが絶妙! 白ワインのソフトクリーム

f:id:kyotoside_writer:20170414224805j:plain京都には日本酒蔵だけでなくワイナリーもあるんですよ。天橋立にあるこちらのワイナリーでは、甘口白ワイン「ナイヤガラ」風味のソフトクリームがあるんです。「ナイヤガラ」は、トロピカルでフルーティ-な香りとさっぱりした甘さが大人気のワイン。ぶどうのフルーティーな風味が楽しめます。もちろんアルコールは入っていないのでご安心を!
白ワインソフトクリーム 200円(税込) 
販売期間:通年

「天橋立ワイナリー」ってこんなところ

f:id:kyotoside_writer:20170414224955j:plain
天橋立を望む海沿いに2001年に作られたワイリーです。ブドの風土に根付いたワイン作りが魅力です。ワイナリーにはレストランや売店もあるので、ゆっくり過ごせますよ。

天橋立ワイナリー
京都府宮津市国分123
℡ 0772-27-2222
営 10:00~17:00
休 水曜日
HP http://www.amanohashidate.org/wein/

 

かやぶき屋根を眺めながら

f:id:kyotoside_writer:20170417001111j:plainこのソフトクリーム、何のソフトクリームか分かりますか? なんと雑穀米などにも入っている、「タカキビ」を使ったソフトクリームなんです!
このソフトクリームがいただけるのは、まるで昔話に出てきそうな、かやぶき屋根が残る美山町。村で育てているタカキビともち米を粉末にして煎り、ソフトクリームにしているんですって。とても香ばしくて美味しいですよ。
きびもちソフトクリーム 300円  
販売期間:3月中旬~11月末

「かやぶきの里 北村」ってこんな所

f:id:kyotoside_writer:20170417001142j:plainf:id:kyotoside_writer:20170417001108j:plain
美山に残る、かやぶき民家を利用し、土産物屋さんやお食事処、喫茶店、民宿などを営んでいます。そのうちの一軒が、きびもちソフトを販売している「きび工房」。20年以上前に村の婦人部が起ち上げ、タカキビやアワ、ヨモギ、栃など村内で採れる農作物を使ったお餅やお団子を売っています。素朴な味わいで、お土産にもおすすめですよ。
北村 きび工房
京都府南丹市美山町北揚石21-1
℡ 0771-77-0378
営 不定(営業時間は日によって異なる)
休 不定休
HP http://www.kayabukinosato.com/kibikobo.html
 

どれを食べよう!6種類もある豊富なご当地ソフト

f:id:kyotoside_writer:20170417002127j:plain京都市街地から山を越えた緑豊かな京北の道の駅では、なんと6種類ものご当地ソフトがあるんです! ひとつづつご紹介していきますね。
まずは、「京唐菜ソフト」。京唐菜とは京都大学と京都市、地元の農家さんが協力して開発した新京野菜。菜っ葉をソフトクリームに?!と思いますが濃厚な野菜の風味が新鮮で、意外とリピート率が高いんですって!
京唐菜ソフト350円 
販売期間: 3~12月

f:id:kyotoside_writer:20170417002129j:plain続いては、「大納言ソフト」。こちらは、スタンダードな小豆風味のソフト。安定感のある美味しさで、どれにしようか迷ったときに絶対注文する人が多いそう(^_-)-☆
大納言ソフト 350円 
販売期間: 3~12月

f:id:kyotoside_writer:20170417002404j:plain3番目は「クロモジソフト」。昨年、開発された新しいご当地ソフトです。
クロモジは、和菓子など添えられる爪楊枝の素材としても知られる木。周囲の森や山に生育する、このクロモジの葉っぱをパウダーにして混ぜ込んでいます。
食べると山椒のような独特の風味。森のような清々しい香りが爽やかですよ!
クロモジソフト 350円 
販売期間: 3~12月

f:id:kyotoside_writer:20170417002135j:plain
4番目は「バターナッツかぼちゃソフト」。スープに使われるなど、数年前から注目されているバターナッツカボチャのソフトクリームです。まるでカボチャそのものを食べているかのような甘味とミルクの相性が抜群!
バターナッツかぼちゃソフト 350円 
販売期間: 3~12月

f:id:kyotoside_writer:20170417002137j:plain
続いては「酒粕ソフト」お酒好きのスタッフが、地元酒造の羽田酒造さんと共同開発したソフトクリームです。
道の駅のなので、飲酒運転にならないように作ったんですって! 酒粕そのものを食べているような濃厚さと、ふわっと立ち上がるお酒の香りが人気です。
酒粕ソフト 350円 
販売期間: 3~12月

f:id:kyotoside_writer:20170417002133j:plain最後は「黒大豆枝豆ソフト」。京野菜の一つ、黒大豆枝豆。秋に収穫の時期を迎える貴重な黒大豆枝豆を使ったソフトです。秋の季節をソフトクリームで楽しんではいかが?
黒大豆枝豆ソフト 350円 
販売期間: 3~12月

この他にミルクとイチゴがあります。ベースとなるミルクソフトクリームは甘さ控えめでさらりとした味なので食べやすいのが魅力。
そして実は京北限定栽培の新京野菜のお芋、京北子宝ソフト(仮称)も開発中なんだとか! しょう油風味になるそうですよ。期間限定販売を予定しているそうで、こちらも要チェックですね!

「道の駅ウッディ京北」ってこんなところ

f:id:kyotoside_writer:20170417002139j:plain
京野菜や北山杉を使った木工品を販売しています。特に毎朝、地元のパン職人さんが届けてくれる焼き立てパンは大人気! 店頭に並ぶとすぐに完売してしまうので、買うならオープンがねらい目。また、京北町はアーティストに人気の地、様々な芸術家が移住し、工房を構えています。そんな作家さんたちの陶器やアクセサリーなども販売していますよ。

道の駅ウッディー京北

京都市右京区京北周山町上寺田1-1
℡ 075-852-1700
営 9:00〜18:00
休 年末年始
HP http://fuw.jp/woody/

 

 

“さとう わかこ

さとう わかこ

京都には、バラエティ豊かでこんなにご当地ソフトクリームがあるって知らなかったのでビックリ! (#^.^#) どれもオススメです。ぜひ訪れた時には食べてみてくださいね。

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!