わたしの知らない京都が、ここにある。

【2022】甘い香りに魅了される…京都府内のバラ園スポット7選

f:id:kyotoside_writer:20220408144226j:plain

晩春を締めくくり初夏のスタートをきる時節、バラも見頃を迎えます。世界中で古くから愛されているバラは、長い年月を経て、現在では4万種類もあるのだそう。今回は、種類豊富なバラを見ることができる京都府内のバラ園をご紹介します。
マリー・アントワネットやアンネ・フランクが愛したバラのほか、なかなか見られない貴重なバラなど見どころ満載。バラの香りに包まれて優雅なお散歩時間を楽しんでください。

【新型コロナウイルスの感染拡大防止対策にご協力お願いします!】
・基本的な感染予防対策(マスクの着用・手洗い・身体的距離の確保など)を徹底してください。
・屋外の活動も慎重にしてください。
・発熱等の症状(発熱、咳、のどの痛み、息苦しさなどの症状)がある場合は、外出を控えてください。

日本で“ここでしか見られないバラ”がある場所

すとろべりぃあいすバラ園 @舞鶴市

見頃:5月上旬〜6月中旬

f:id:kyotoside_writer:20220408145933j:plain

舞鶴市の住宅街にある、「すとろべりぃあいすバラ園」では、イングリッシュローズやオールドローズをはじめ、現代バラやランブラー種など種類豊富なバラが花を咲かせます。その数なんと1100種類!
全日本品種第3位に選ばれるほどたくさんの品種を見られるバラ園です。

f:id:kyotoside_writer:20220408145950j:plain

また、こちらのバラ園の見どころは品種が多いことだけではありません。日本でここだけしか見られないバラが2種類も見られるのです。
まずは写真の「シルバームーン」。120年前に誕生したバラで、一重なのが特徴です。上品な姿がまさに月のようですね。
二つ目は、ヒマラヤの麓で自生している「ロサ シノウィルソニー」。こちらは、7000万年前、人類が誕生する前に生まれた品種なのだとか!白く可憐な花を咲かせるのですが、その花は3年に一度しか咲かないのだそう。今年の開花はまだ不明とのことで、咲いた姿を見られたらラッキーかも?

f:id:kyotoside_writer:20220408150008j:plain

左上より時計回りにロサ・バンクシアエ・アルバ、ロサ ムンディ、ジュビリーセレブレーション、つるローズ・ゴジャール、ストロベリィアイス、ウィリアム・シェイクスピア2000

ほかにも、マリー・アントワネットが香水に使っていたという、「ロサ ムンディ」(写真:上段真ん中)なども見られるそうです。このバラは、オールドローズに分類され、現代ローズに比べて、上品な香りがするのだそう。香水に使われていたぐらいですから、きっと高貴な香りなんでしょうね♪

f:id:kyotoside_writer:20220408150109j:plain

バラの花はもちろん、バーゴラ(棚)やアーチに絡まる様子もロマンチック。建物を含め、さまざまな形でその美しさを魅せる光景はまさに「バラの園」です。ぜひ、実際に見てお気に入りのバラを探してみてください。

<周辺立ち寄りスポット>
田辺城(資料館)
五老スカイタワー
アメイロビストロアルル
舞鶴赤れんがパーク

■■INFORMATION■■
すとろべりぃあいすバラ園 
京都府舞鶴市福来120
0773-77-1267
10:00~18:00(オフシーズンは17:00まで)
休み:火曜(ハイシーズンは無休)
料金:無料 ただしローズフェスティバル期間中のみ入園料が必要:大人300円、子ども100円

京都らしいものから王室にちなんだバラも!

京都府立植物園 @京都市

見頃:5月上旬〜6月上旬

f:id:kyotoside_writer:20220408150640j:plain

植物といえば!KYOTO SIDEでもおなじみの京都市左京区にある「京都府立植物園」ですね。こちらでももちろんたくさんのバラが園内に咲き誇ります。ばら園があるのは、植物園の南側、正門の東です。こちらではモダンローズを中心に、約320品種、1400株のバラが見られますよ。

f:id:kyotoside_writer:20220408150653j:plain

左上から時計回りに金閣、スヴニール ドゥ アンネフランク、クイーン エリザベス、 プリンセス ドゥ モナコ

展示されているバラの中には、京都にちなんだ「金閣」「大文字」「高尾」「嵯峨野」「貴船」といった名前のバラや、イギリスのエリザベス女王の戴冠にちなんで名付けられた「クイーン エリザベス」、モナコのグレース公妃に捧げられた「プリンセス ドゥ モナコ」など、優雅な名前のバラも。

f:id:kyotoside_writer:20220408150758j:plain

また、植物園会館の2階テラスから、ばら園全体を見渡すことができます。ばら園散策をしたら、ぜひ、上からの景色も堪能してくださいね。
5月13日(金)~5月16日(月)にはバラの切り花展示が開催されます。こちらもあわせて訪れてみてはいかがでしょう?

<周辺立ち寄りスポット>
マールブランシュ北山本店
・上賀茂神社
下鴨神社
宝が池公園

■■INFORMATION■■
京都府立植物園 
京都府京都市左京区下鴨半木町
075-701-0141
9:00~17:00(入園は16:00まで)※5月16日(日)までは9:00~18:30(入園は18:00まで)
休み:12月28日〜1月4日
料金:一般200円、高校生150円、中学生以下無料
公式Twitter

コーヒー片手にバラの空間を散策

宇治市植物公園 @宇治市

見頃:5月中旬〜6月上旬

f:id:kyotoside_writer:20220408151317j:plain

「宇治市植物公園」は、野球場や陸上競技場などの運動施設が集まる太陽が丘の西隣にあります。園内は「春・夏・秋」と季節のゾーンに分けられ、さらに、温室や花と水のタペストリー、ハーブ有用植物園など、それぞれのテーマで分かれています。

f:id:kyotoside_writer:20220408151331j:plain

お目当てのバラ園「バラの小径」は春のゾーンにありますよ。こちらでは、優雅な香りのツルバラ「リージャンロードクライマー」をはじめ、原種のバラやイングリッシュローズ、オールドローズなど約40種のバラが咲き誇ります。

f:id:kyotoside_writer:20220408151341j:plain

こちらは、八重のツルバラ「トレジャートローブ」。花の中心から外側にかけて白くなるグラデーションが美しく、ガゼボ(東屋)一面に咲く姿はまるで絵画のよう。たくさんのバラの下で腰を掛けて読書……なんて、想像しただけでも優雅ですね。

f:id:kyotoside_writer:20220408151353j:plain

公園内は車いすやベビーカーでも通りやすくなっているので、ご家族で訪れるのもおすすめ。昨年4月には「FOR THE LIFE CAFÉ」がオープンしたので、カフェで小休止したり、テイクアウトして園内を散策したり、と時間をかけてのんびりできますよ。華やかなバラをじっくり楽しみましょう♪

<周辺立ち寄りスポット>
ボウケンノモリ
・京都府立山城総合運動公園
平等院
中村藤吉本店
伊藤久右衛門 宇治本店 茶房

■■INFORMATION■■
宇治市植物公園
京都府宇治市広野町八軒屋谷25-1
0774-39-9387
9:00~17:00(入園は16:00まで)
休み:月曜日(祝日の場合は翌日)
料金:一般600円、小・中学生300円
https://uji-citypark.jp/botanical/

山を切り開いた花畑でバラ鑑賞♪

花郷OKADA@京丹後市

見頃:5月下旬~6月上旬

f:id:kyotoside_writer:20220408151535j:plain

京丹後市にある「花郷(はなごう)OKADA」は、4月中旬~6月中旬のみ開園される期間限定の花公園です。山を切り開いて造られた公園の広さは、なんと甲子園球場の5倍以上!開園中は20種類以上の花が咲き誇り、周辺を彩ります。

f:id:kyotoside_writer:20220408151545j:plain

入口からすぐの所では、たくさんのバラで造られたアーチがお出迎えしてくれます。白やピンク、オレンジなど色とりどりのバラ5000本が咲く様子はまるで楽園のよう。バラのほかにもヤマボウシやサツキ、藤の花も見頃を迎えているので、併せて楽しんでみてください。

<周辺立ち寄りスポット>
・かに一番(花郷OKADA来園で割引あり)
木津温泉
夕日ヶ浦温泉
霜降りの滝

■■INFORMATION■■
花郷OKADA
京丹後市網野町木津岡田1502
TEL 0772-74-5005
9:30~16:30(最終入園16:00)
大人700円 小人350円 幼児無料
www.hokki.co.jp/hanago/

アンネ・フランクの父から贈られた「アンネのバラ」

綾部バラ園 @綾部市

見頃:5月下旬〜6月中旬

f:id:kyotoside_writer:20220408151927j:plain

あやべグンゼスクエア内にある「綾部バラ園」。見渡す限りバラの花々で埋め尽くされる光景がまるで異世界のように感じられますが、この見事なバラ園を作ったのは、総勢500名を超える市民ボランティアの方々です。
現在も、綾部市内のほか、福知山市や舞鶴市などの近隣市町から成る約180名のボランティアの力で維持されています。

f:id:kyotoside_writer:20220408151942j:plain

園内にはバラのアーチがいくつかあり、写真スポットとしても人気。中でも、トンネルの下で記念撮影をすると幸せが訪れるといわれている、ツルバラの「アンジェラ」のアーチがあるのだそう。そんなことを聞いてしまっては、写真を撮らないわけにはいきませんね♪

f:id:kyotoside_writer:20220408151955j:plain

また、数あるバラの中でも特に注目したいのは、「アンネのバラ」。これは、『アンネの日記』の作者・アンネ・フランクの父オットー氏から送られた苗木から育ったものなんです!咲き始めは黄金色の花を、そこから徐々にサーモンピンク、赤へと色が変わっていくので、何度訪れても違った美しさを楽しめますよ。

f:id:kyotoside_writer:20220408152010j:plain

こちらは小さな白色の花をつける「真珠貝」。ひとつひとつの花が、パールのように発色していて、中央に淡いピンクがあり、まさに真珠のような輝きを放ちます。たくさんの花が枝垂れのように咲く姿は圧巻ですね。
さらに、2019年には、開園10周年を記念して展望台が完成しました。園内をおさんぽした後は、上からの景色も楽しんでみてくださいね。

5月14日(土)~6月27日(月)には、「春のバラまつり」を開催!期間中はバラ苗や肥料の販売もありますよ。ぜひ、おうちでバラを育ててみてください~。

<周辺立ち寄りスポット>
グンゼ博物館
紫水ヶ丘公園
正暦寺
綾部ふれあい牧場

■■INFORMATION■■
綾部バラ園 
綾部市青野町亀無(あやべグンゼスクエア内)
0773-43-0811(あやべ特産館)
9:00~17:0
休み:火曜日(祝日の場合は翌日。春のバラまつり開催中は無休)
料金:無料

意外と穴場かも?道の駅で見られるバラ庭園

バラ庭園(ガレリアかめおか) @亀岡市

見頃:5月下旬〜6月上旬

f:id:kyotoside_writer:20220408152213j:plain

国道9号線沿いにある道の駅「ガレリアかめおか」では、亀岡市の名産品や、地元の野菜などを販売しています。この西側にバラ庭園が隣接しています。園内には約40種900本のバラが植えられていて、自由に鑑賞することができますよ。

f:id:kyotoside_writer:20220408152233j:plain

ひときわ目を引かれるのが、このフォトジェニックなバラのアーチ!ふんわりと香るバラの匂いに包まれながら歩けば、絵本の主人公になった気分になれるかも?こちらは駐車場からすぐのところにあるので、ぜひ立ち寄ってみてください。

<周辺立ち寄りスポット>
亀岡運動公園
サンガスタジアム
穴太寺
霧のテラス

■■INFORMATION■■
ガレリアかめおか 
亀岡市余部町宝久保1-1
0771-29-2700(一般社団法人かめおかコンベンションビューロー)
9:00~22:00
休み:なし
料金:無料

見頃を逃した人におすすめ!山頂のバラ園へ

ガーデンミュージアム比叡@京都市

見頃:6月中旬~7月/開園期間 2022年4月23日(土)~2022年12月4日(日)

f:id:kyotoside_writer:20220408152428j:plain

叡山電車から叡山ケーブルへ乗り換え、さらに叡山ロープウェイで山頂へ行くと現れるのが「ガーデンミュージアム比叡」です。標高840mの山の上にあるため、花の見頃は麓よりも1か月ほど遅く、バラは6月中旬から。「見逃した!」という方にはおすすめのスポットです。

f:id:kyotoside_writer:20220408152447j:plain

絵画: モネ『アルジャントゥイユの橋』

こちらの特徴は、名前にもあるミュージアム(美術館)要素がたっぷりあること!なんと、モネやルノワール、セザンヌ、ゴッホら印象派画家たちが描いた風景が再現されているのです。花を見ていると「絵画の世界にいるみたい」と感じることがありますが、実際に絵画とコラボさせるなんて、粋ですね~。

f:id:kyotoside_writer:20220408152510j:plain

絵画:モネ『庭のカミーユ・モネと息子』

ローズガーデンでは、180種のバラが見られます。また、このエリアではモネの『庭のカミーユ・モネと息子』(写真)や『昼食』、カイユボットの『プティ・ジュンヌヴィリエールの庭の薔薇』などの陶板画が見られますよ。

f:id:kyotoside_writer:20220408152526j:plain

絵画:モネ『昼食』

園内にはバラを含む1500種の花や樹木が植えられているので、1日かけてじっくり楽しめます。また、ショップではバラの雑貨やアロマなども販売するほか、印象派ガイダンスコーナーも。花鑑賞するとともに、絵画についても詳しくなれちゃいます!

f:id:kyotoside_writer:20220408152542j:plain

そして、山頂に位置するが故の景色も必見です。東南の方角を向けば、広大な琵琶湖が!京都市内にいつつ、こんなにも開けた風景を見られるのはここだけかもしれませんね。プチハイキング気分でバラの園を見に行ってみてはいかがでしょう?

<周辺立ち寄りスポット>
叡山電車・観光列車「ひえい」
・比叡山延暦寺
・比叡山展望台

■■INFORMATION■■
ガーデンミュージアム比叡
京都市左京区修学院尺羅ヶ谷四明ヶ嶽4番地
075-707-7733
10:00~17:30(入園は17:00まで)※秋は~17:00(入園16:30まで)
休み:木曜(5/5、8/4・11・18・25、11/3・10・17は営業)
料金:大人1200円 ※11/24~12/4は600円(小学生以下は半額)
HP:http://www.garden-museum-hiei.co.jp/

 

 

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!