あなたの「いいね」で「和」を世界へ

ここも? 畳にお寺!京都にしかないスターバックスへ行こう

冷た~いフラペチーノ®や本日のブレンドが美味しいスペシャルティコーヒーストア、スターバックス。お馴染みのスタバですが、京都なでは、京都だからこそというスターバックスが京都にあるのは、ご存じでしたか?「エッ! ここも?」という驚きのスターバッ…

京都にイギリスの田舎町!? 絵本の世界が広がるドゥリムトン村

豊かな森を背景にぽつぽつと建ち並ぶ、はちみつ色の建物たち。池にはカモのカップルがのんびり泳ぎ、畔ではヒツジがもぐもぐと草をはむ——。なんとものどかなその光景は、まるでイギリスの田舎町・コッツウォルズ♡ ファンタジーのような可愛い町並みに、思わ…

もはや芸術!職人の手から生まれる夏の和菓子を堪能する

まるで魔法のように職人さんの手の中から生まれる美しい和菓子たち。この芸術ともいえる手技を間近で見てみたいと思いませんか? そんなわけで今回は江戸時代創業の老舗和菓子店・亀屋良長さんを取材。8月の生菓子の中から「朝顔」と「夏まつり」を実際に作…

夏の夜空を焦がす祈りの火—京都 五山送り火—

8月16日の午後8時——。町を囲む山影がすっかり闇に溶け込むと、東の空に赤い線が灯り始める。刻一刻と表情を変えながら、静かに浮かび上がるのは、力強い「大」の文字。京都市に夏の終わりを告げる「五山の送り火」の始まりだ。 「五山の送り火」は、お盆に…

今、ハトの御朱印で話題の石清水八幡宮へ行ってみた〈8/10はハトの日〉

山の日の前日、8月10日は“ハトの日”ってみなさんご存知ですか?ハトの日”にちなんで八幡さんをご紹介します。どうして“ハトの日”に八幡さんかって?実は八幡大神のお使いはハトなんです!神様のお使いは動物の姿を借りて現れます。稲荷大社はキツネ、春日大…

探偵になって府立植物園に隠されたオルセー美術館の名画を探せ!

めちゃめちゃ暑い日が続いていますね。冷房のある室内にこもってた〜いという気持ちもすっごく分かりますが、外に出て、今しかやれない何かを楽しみたい!そんな気持ちもむくむくとわくのが夏という季節ではないでしょうか。そんな夏に是非オススメなお出掛…

【第二弾】昔の京都の写真、ここはどこ?

スタンダップパドル・カヤック 夏休みのウォーターアクティビティ6選

毎日暑い日が続いていますよね〜。「外は暑いけど、でもお出かけしたい!」そんな方にオススメなのが、水辺のレジャー。カヌー、カヤック、ラフティング、そして最近流行りのスタンダップパドル、シャワークライミングにサーフィンと、京都でも、いろんなウ…

この夏、絶対に行きたい!京都の絶景スポット 5選

いよいよ夏本番! 今年の旅の行き先は決まりましたか? 今回は、海や山など自然豊かな宮津市や京丹後市、南丹市など観光と併せて一度は絶対に観たい、京都の絶景スポット をご紹介します! どこも見逃せないスポットばかりですよ~。 その1 水の中を走る電…

舞鶴発着の豪華客船!コスタネオロマンチカで行くカジュアルクルーズ

今、世界中でクルーズ旅行が大ブーム!最近テレビでも目にする機会が増えてきましたね。これまで“クルーズ旅行”=お金持ちやハリウッドセレブあたりが楽しむもの、というイメージがあって、自分にはまったく縁が無いものだと思っていました。ところが…今回の…

京都の隠れ避暑地で発見!花の色が変わる不思議なお花畑

知る人ぞ知る、夏限定の絶景スポットが京都市左京区の久多(くた)にあります。まるで紫色の絨毯を広げたようなロマンチックなお花畑~♪ 7月末から8月5日ごろまでの間、夜明け前は青い紫、太陽の日を浴びると赤い紫に、花の色が変化するとっても不思議な…

情緒たっぷり♡古都の夏の夜を彩る「京の七夕」へ繰り出そう!

旧暦の七夕にあたる8月、京都の街なかで行われる夏のイベント「京の七夕」が今年も開催されます!「京の七夕」は、鴨川、堀川、二条城、梅小路公園、北野天満宮、岡崎という市内6箇所の会場ごとに趣向の違うライトアップが行われる、京都の新しい夏の風物詩…

西日本最大級!ホントに道の駅なの!? 丹後王国「食のみやこ」

その土地の名産品やグルメがわんさとある、ドライブの癒しスポット・道の駅。 お出かけすると、つい立ち寄りたくなりますよね。 今回注目したのは、海水浴場や絶景が満載で夏のお出かけにもオススメな京丹後市。 ここには、ホテルも併設した西日本最大級の道…

昔の京都の写真、ここはどこ?

光と色彩のカーニバル!この夏見に行きたい海の京都の2大ライトアップ

梅雨もまもなく明けそうで、いよいよ夏本番ですね!今年の夏は、どこで思い出作りますか?(*^^*)今回は、夏のお出かけにぴったりな、“海の京都”が誇る2大サマーイルミネーションをご紹介します!京都北部の“海の京都”エリアの、天橋立と赤れんが倉庫を舞台に…

灯籠流しやライトアップも♡夜空を染める花火と“もう一つの明かり”

夏のお楽しみの一つといえば「花火」! 関西ではびわ湖花火やPL花火、天神祭奉納花火などが有名ですが、京都府下にもステキな個性派花火がたくさんあります。 今回は、数ある京都府下の花火イベントの中から、灯籠流しやライトアップなど、「もう一つの明か…

お稚児さんは歩かない!? パンツは白! 〜祇園祭のヒミツ〜

7月の京都といえば、もちろん「祇園祭」。 町中にコンチキチン♪とお囃子が流れると、京都人はウキウキそわそわ。お店のディスプレイなども祇園祭仕様に変えられ、市街地はお祭りムード一色に包まれます。 日本三大祭の一つにも数えられ、今や海外にも知られ…

お寺とハートのアツい関係とは!? “ハート窓”の正寿院へGO!

「参拝者みんながこんなに笑顔であふれているお寺は見たことない」正寿院を取材で訪れたときの第一印象でした。 【地図データ:google】 宇治市と滋賀県・信楽(しがらき)の間に位置する宇治茶の産地の一つ、宇治田原町(うじたわらちょう)。そこに今、カ…

毎月第4日曜開催!「福知山ワンダーマーケット」に行って来ました♪

みなさん!「福知山ワンダーマーケット」をご存知ですか〜?福知山にある「新町商店街」で昨年10月からスタート。毎月第4日曜限定で開催されているんですよ!!!!一体どんなマーケットなの〜?ということで、6月25日(日)に開催された「福知山ワンダーマ…

【☆KYOTO SIDEクイズ☆京都好きなら全問正解!よーく見ると京野菜が隠れています!】

1泊2日で行く。祝!日本遺産「丹後ちりめん回廊」の旅③【最終回】

2日目は、まず日本三景の1つ天橋立へ。丹後ちりめんの行商人も宮津に来た時には訪れたに違いありません。潮風を堪能した後は、ちょっと足を延ばして、丹後ちりめんの大産地である網野町、それから丹後ちりめんが一堂に集まってきた峰山町へ。(1日目前半 …

大ブーム!絶品「ほうじ茶」スイーツ5選 ♪宇治茶を楽しみ尽くそう

今、日本中で「ほうじ茶」ブーム!!緑茶を高温で焙じた香ばしいお茶、それが「ほうじ茶」です。お茶のメッカ京都では、抹茶、ほうじ茶、玉露、煎茶、玄米茶・・・と、上質なお茶を使ったさまざまなスイーツと出合うことができます。お馴染みの濃厚な“抹茶も…

丁寧な手仕事が生み出す「レジェンド缶詰」〜竹中罐詰ものがたり〜

伝説は青果卸店から始まった 通もうなる「レジェンド缶詰」として全国的に知られる竹中罐詰。ぱかっと蓋を開ければ、金色のオイルの中に一糸乱れずイワシが並び、食べればその上品な味に思わずため息が漏れる。オイルサーディンをはじめとする「天橋立シリー…

1泊2日で行く。祝!日本遺産「丹後ちりめん回廊」の旅②

1日目の後半は宮津市へ移動。宮津はかつて大きなお城があり城下町として栄えた町。また丹後ちりめんの景気に加え、北前船の寄港地となったことから、丹後ちりめん関係の人や北前船の船員さん達がたくさん訪れ、大変な賑わいだったのだとか。町には京都市につ…

1泊2日で行く 祝!日本遺産「丹後ちりめん回廊」の旅①

京都府北部の丹後地方を訪れると、どこからかガチャン、ガチャンという機織りの音が聞こえてきます。丹後は古くから織物が織られてきた地。特に江戸時代に発祥した絹織物の「丹後ちりめん」は、着物の代表的な生地として、明治頃に大変な人気となり、さらに…

煌めく夏の夜空に願いを込めて…貴船神社の七夕笹飾りライトアップ

もうすぐ七夕ですね!織姫と彦星が年に1回、天の川に橋をかけて逢瀬を叶えるというロマンチックな夜…子どもの頃に、願いごとを短冊に書いて飾りとともに笹に吊るしたという人も多いのではないでしょうか?日本人には馴染み深い夏の行事です。 京都の貴船神…

京野菜シルエットクイズ 挑戦しておくれやす

旅で出逢う人−美山の移動式スーパー店主・中島輝彦さん−

みなさんは最近、旅をしましたか?旅のお楽しみのひとつは「予期せぬ出逢い」ですよね。美山での取材中、わたし達KYOTO SIDE編集部は、ある一人のユニークなおっちゃんと偶然出逢いました。 これはその時の旅の日記です。 チャーミングなおっちゃん“テルさん…

江戸時代のガイドブックにも載った! 知る人ぞ知る穴場・松花堂庭園

ご存知でしたか?八幡市に国の史跡・名勝に指定されている日本庭園があるんです! その場所の名は「松花堂庭園・美術館」。江戸初期に活躍した文人僧・松花堂昭乗ゆかりのスポットで、園内にはせせらぎあり茶室あり、自然あり……。市内の有名な庭園と比べて人…

まるで物語の世界…可愛すぎるカフェ♡はーばりすとくらぶ美山

かやぶきの里・美山での取材中に、緑に囲まれた素敵なガーデンカフェがあるとの情報を聞きつけ、立ち寄ってみたKYOTOSIDE編集部。そこで、乙女心をくすぐる素敵な出合いがありました^^ 到着してすぐ目に飛び込んできた、白や青、オレンジに黄色と鮮やかに咲…

京都はんなり歳時記〜恋が叶う!?三室戸寺のハートの紫陽花〜

梅雨時は植物たちがすくすく育ち、生命力に満ちは触れる季節。せっかくだから傘の端を少し上げて、自然を楽しみながらお出かけしてみましょう♪ 艶やかな木の葉や輝く苔、雨だれに揺れる花々にきっと元気をもらえるはず。今回オススメするのは、今から1200年…

秀吉や利休も愛でた♥天王山の絶景 ~435年前の6月13日は天王山の合戦~

「天下分け目の“天王山”」「夏は受験の“天王山”!」 天王山といえば、こんなキャッチコピーを思い出します。みなさんもよく目にしますよね^^ 秀吉VS光秀の「山崎の合戦」。主戦場となった大山崎町は、淀川と天王山にはさまれた隘路(あいろ)で、交通の要衝…

いま一休寺がアツい!!実はアート&グルメなSPOTだった♥

京田辺市にある酬恩庵。アニメでお馴染み、トンチの一休さんが晩年を過ごしたことから通称、一休寺と呼ばれるようになりました。新緑のモミジに包まれた参道は素晴らしい景観。取材してみると、実はグルメ&アートが目白押しのHOTなスポットでした!! ART#…

1本の竹からどうやって茶筅を作る?奥深き竹の世界に迫る

皆さん、茶筅(ちゃせん)や和傘が1本の竹から作られているということを知っていましたか?世紀の発明王エジソンの偉業である白熱電球の開発の裏に、京都の竹が関わっていたことは?京都市洛西竹林公園に併設されている「竹の資料館」で、知っておいて損はな…

400年の歴史を持つ宇治の茶陶器「朝日焼」で陶芸体験♪

京都府宇治の「朝日焼」。みなさんご存知ですか?レポート企画を考えるにあたって、あれこれリサーチしていたら・・・宇治で陶芸体験できんの!? 京都といえば清水焼は知ってるけど、朝日焼?朝日焼ってどんなん?うわ〜〜っ!なんかめっちゃステキやん♪しか…

京都の夏の始まりに欠かせない!「夏越祓」と「水無月」

気が付いたら、あっという間に6月。一年も折り返しの地点までやってまいりました。日本では古くから1年のちょうど折り返しに当たる6月30日に上半期の罪やけがれを払い、残り半年の無病息災を祈る「夏越祓(なごしのはらい)」という神事が行われてきたって、…

初夏の夜の風物詩 ほわんと灯り舞い踊るホタルのスポット8選

初夏の夜、水辺でぽわっと灯りがともり、ふわふわと漂いだすものがいたら、それはホタルによる自然のイルミネーションです。ホタルは生き物ですし、場所や天候の関係で必ずしも見ることができるものではありません。出やすいと言われているのが、風がない蒸…

甘い香りに包まれて…美山で乙女チックカモミール詰み体験♥

「美山にカモミールを詰みに来ませんか?」そんな素敵なメールが来たのは、GWがあけてからすぐのこと。連絡を下さったのは、以前お世話になった美山の料理旅館きぐすりやの若主人。なんでも、自家栽培しているカモミールの花を、毎年人を募って手摘み収穫し…

君の名は…?世にも奇妙な竹が生息する洛西の竹林☆パラダイス

その見た目、インパクト大。まずお目にかかったことのない、奇妙に膨れた節(ふし)を持つこの植物は、れっきとした竹の一種。しかも、“京銘竹”とされ、京都の特産品でもあるこの竹をあなたは知っていますか?竹の名は「キッコウチク(亀甲竹)」。かつて、…

新緑のるり渓で森林浴♡マイナスイオンたっぷりハイキング

日々お疲れ気味のそこのあなた!たまには身体を動かしてみませんか?^^運動が苦手だというあなたにオススメしたいのが、ハイキングという名の森林ウォーク。京都府南丹市のるり渓では、約4キロに渡る散策コースを歩きながら渓谷の美しい自然を満喫できます。…

【KYOTO SIDEクイズ】京都好きなら全問正解!ここは一体どこでしょう!?

知ってますか?宇治茶の一大産地・和束町。究極の新茶を飲もう!

日本茶の歴史を辿ると、お茶を飲む習慣を広めたのは建仁寺の僧・栄西。「茶は養生の仙薬なり」と、薬として中国から持ち帰ったのが始まりといいます。1191年、鎌倉時代のことでした。 ♪夏もちーかづく八十八夜~トントン。茶摘みの唄にあるように、八十八夜…

「日本で最も美しい村」で出合った絶景&神秘的な2大遺跡!in和束町

宇治茶の生産で有名な和束町は「日本で最も美しい村」連合に加盟し、失われつつある古きよき日本の美観や文化を保存し、継承しています。 【写真提供:和束町役場】 まるで時が止まったかのような美しい風景に突如現れる遺跡は、とても神秘的で魅力たっぷり…

びっくり、橋が回る!天橋立の珍スポット、その名も廻旋橋

日本三景のひとつ「天橋立」。京都市の次に、府内で観光客が多く訪れる場所ですが、今この天橋立で観光客の注目を集めているのが「天橋立廻旋橋」と「天橋立パーク&クルーズ」です! 廻旋橋(かいせんきょう)とは天橋立と文殊堂のある陸地をつなぐ橋なので…

華やかで高貴な香りに酔いしれる…麗しのローズガーデン6選

【写真提供:ガレリアかめおか】 桜の季節は終わりましたが、日本にはまだまだ美しい花がいっぱいあります。プロポーズなど恋人に贈る花の定番といえば、そう!バラですよね〜♪バラの花言葉には恋や愛にまつわるものが多いことが関係しているのかもしれませ…

葵祭でアルバイト!? 斎王代の選び方は?? 〜葵祭のヒミツ〜

5月15日は京都三大祭の一つに数えられる葵祭の日です。 平安装束に身を包んだ総勢約500人、全長約800メートルの行列が都大路を練り歩く姿は、王朝絵巻さながら。当日は一目見ようとする人々で沿道が埋め尽くされます。 さて、そんな有名な葵祭ですが、ふと疑…

期間限定!新茶摘み体験♥ ~茶摘みでプチプチ、おもひでポロポロ~  

KYOTOSIDE編集部さかもとです。近年世界から大注目の高級ブランド茶「宇治茶」。その約半数を生産している和束町(わづかちょう)で新茶摘み体験が開催されると聞き、友人と参加してきました。 「摘む」という行為。幼き日にみたジブリの映画『おもひでぽろ…

鮮やかな新緑が彩る大パノラマ〜嵐山〜

“山紫水明”という言葉がぴったり合う嵐山。平安時代に貴族の別荘地だったこの場所は、悠久の時を越えて今も変わらず、人々の心を惹きつけています。桜や紅葉も良いですが、この新緑の時期は澄みわたる清流、青々とした竹林など、情緒あふれる京都らしい風景…

闇夜に浮かび上がる幻想的な青い光〜“夜の宝石”を探しに〜

京都府与謝郡伊根町、230軒の舟屋が並び立つ伊根湾には、闇夜に美しく光る“夜光虫”が生息しています。夜光虫は春先にかけて発生する海洋性プランクトン。伊根湾では毎年、海の水温が上がる5月下旬頃に発生します。大量に発生した夜光虫は、波を受けるなどし…

お寺で極上アロマセラピーを体験してみた❤

通勤や通学時は電車やバスの中でスマホを見て、仕事中はずっとパソコンとにらめっこ。お昼休みにはLINEして、家に帰ってまたスマホでネットサーフィン…なんて、画面漬けの日々を送っていたら、眼はしょぼしょぼ。肩がガッチガチに(泣)。長岡京市にある柳谷…

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!

あなたの気になる記事が他にもあるかもしれません

ブラウザの戻るボタンを再度クリック頂くと元のページに戻ります。