あなたの「いいね」で「和」を世界へ

【福知山市観光】歴史&伝説スポットから福知山市グルメまで一挙紹介!

f:id:kyotoside_writer:20210903150550j:plain

明智光秀とゆかりが深く、有名な鬼伝説も残っている福知山市。歴史と伝説に加え、B級グルメや新スポットなど面白いものが盛りたくさん! これまでKYOTOSIDEでご紹介してきた、編集部厳選の福知山市おすすめスポットをまとめてみました!  

今はお出かけが難しい時期ですが、またきっと旅に出られるタイミングが来ると信じて、今は記事と画像でお楽しみくださいね。

【新型コロナウイルスの感染拡大防止対策にご協力お願いします!】
・基本的な感染予防対策(マスクの着用・手洗い・身体的距離の確保など)を徹底してください。
・屋外の活動も慎重にしてください。
・発熱等の症状(発熱、咳、のどの痛み、息苦しさなどの症状)がある場合は、外出を控えてください。

福知山市ってどんなまち?

f:id:kyotoside_writer:20210903150655j:plain

「本能寺の変」で主君の織田信長を討った戦国武将・明智光秀とゆかりが深い福知山市。
悪役のイメージが強い光秀ですが、福知山では城下町を開拓し、治水や税金免除などの善政を行った良き領主として知られています。現代では、福知山の基礎を築いた人物として、慕う人が数多くいます。

f:id:kyotoside_writer:20210903154036j:plain

また、近年盛り上がりをみせている「鬼」ともゆかりが深く、大江山の鬼伝説をはじめ、「日本の鬼の交流博物館」など、鬼にまつわるスポットも魅力的。
京都駅からJRで約2時間ほどの距離にある、歴史と伝説が色濃く残るまちなんです。

福知山市おすすめ観光スポット

明智光秀が築いた福知山城 

f:id:kyotoside_writer:20210903150945j:plain

天正7年(1579)頃、明智光秀が丹波を平定した折に築城した「福知山城」。その3年後には「本能寺の変」が起こり、羽柴秀長、有馬豊氏らが城主となりました。寛文9年(1669)から明治維新までの約200年は、朽木氏が13代にわたり城主として福知山を治めていましたが、明治6年(1873)の廃城令で石垣と銅門番所のみを残して解体。昭和61年(1986)に江戸時代初期天守閣の様式を忠実に再現した天守閣が復活し、2017年には「続日本100名城」に選ばれています。

f:id:kyotoside_writer:20210903151032j:plain

そんな福知山城にあるのがちょっと面白い自動販売機。本丸広場には福知山限定の「明智光秀が話す自動販売機」が置かれています。お金を入れたら「ときは今! 明智光秀、ここに見参!」など、光秀ファンならずともワクワクする様なセリフが!!  隠しフレーズもあるのでぜひ試してみてくださいね。

www.kyotoside.jp

“かわいい”に癒される♡福知山市動物園

f:id:kyotoside_writer:20210903151149j:plain

北近畿や山陰で唯一の動物園でもある「福知山市動物園」。大きな動物園ではないですが、動物に触れたり、エサをあげられるなど、動物を身近に感じられる楽しい工夫が園内にはたくさんあります。 園内のほとんどの動物にエサがあげられるので、もぐもぐシーンを間近で見られるのも人気の秘密です。

www.kyotoside.jp

なげきの展望台!? 丹州観音寺

f:id:kyotoside_writer:20210903151240j:plain

関西を代表する花の寺として知られる「補陀洛山 丹州観音寺」。京都市内から車で約90分ほどの場所にあり、奈良時代の養老4(720)年に法道仙人によって開かれた丹波地方を代表する古寺です。
特に、紫陽花の時期には写真のような美しい光景が見られます。

f:id:kyotoside_writer:20210903151306j:plain

このお寺にはユニークな名前の展望台があり、その名も「なげきの展望台」。お寺の裏山の中腹にある、標高約80mのけして高くはない展望台です。“なげき”とつくからには、その展望台は「もしや怖い場所?」「それともすごく険しい場所?」などと考えてしまいますが大丈夫。“なげき”といわれる理由と、和尚様が教えてくれる展望台で「嘆けた」意味を知ると、幸せに気付けるかもしれない展望台です。

f:id:kyotoside_writer:20210903151324j:plain

せっかくなので縁起物もいただきたい♪  そんな方は幸運をいただける「だるまみくじ」がおすすめ。持ち帰ってもお寺にお供えしてもOK。お供えする場合は、だるまに1つ願い事を書いて本堂の格子に納めてくださいね。

www.kyotoside.jp

www.kyotoside.jp

高速回転しながら巡行?? 奇祭「額田のダシ行事」

f:id:kyotoside_writer:20210903151437j:plain

江戸時代から伝わる秋の豊作を感謝する「額田のダシ行事」。このお祭りでは、山車(ダシ)が高速回転しながら巡行する一風変わった巡行が見られます。回転する山車は全国的にも珍しく、西日本では唯一といわれています。その仕組みは山車の構造が上下二段構造になっていて、上段部分がぐるぐると回転しているそう。京都府登録無形民俗文化財に指定されている、夜久野町の額田地区に伝わるお祭りです。

www.kyotoside.jp

福知山市に伝わる鬼伝説

安倍晴明も登場! 酒天童子の鬼伝説

f:id:kyotoside_writer:20210903151617j:plain

京都の鬼伝説といえば「酒天童子伝説」が有名です。
平安時代の陰陽師である安倍晴明の占いにより、大江山に住む鬼退治のために集められた、源頼光をはじめとする6人の討伐隊。彼らは「神便鬼毒酒」で酔わせて眠らせた鬼たちを殲滅し、頼光が名刀・鬼切丸で酒呑童子の首を切り落としました。
最も古いものでは14世紀の南北朝時代に描かれた『香取本大江山絵詞』(重文)にも記されています。
大江山ではこの他にも、大江山最古の鬼伝説「日子坐王の伝説」、聖徳太子の弟にあたる「麻呂子親王の鬼退治伝説」と3つの鬼退治伝説が伝えられています。

www.kyotoside.jp

鬼について知りたい!! 日本の鬼の交流博物館

f:id:kyotoside_writer:20210903151739j:plain

鬼伝説が残る福知山には、鬼に特化した博物館があることをご存知でしょうか?
酒呑童子の鬼伝説の舞台でもある大江山の麓、大江町には国内のみならず世界中の鬼の文化・芸能を展示する「日本の鬼の交流博物館」があり、鬼への追求を深める貴重な資料が閲覧できる「鬼文化研究所」も併設されています。

www.kyotoside.jp

酒天童子伝説の舞台、大江山

f:id:kyotoside_writer:20210903151837j:plain

3つの鬼退治伝説が伝えられている「大江山」には、現在もいくつか鬼にまつわる痕跡が残っています。「鬼の足跡」や「頼光の腰掛岩」といった鬼伝説を感じられるスポットを探しながら散策してみるのはいかがでしょうか?

f:id:kyotoside_writer:20210903151855j:plain

また、大江山の8合目にある「鬼嶽稲荷神社」では、秋から冬にかけて美しい雲海を眺めることができます。乳白色の雲海に朝日のオレンジ色が滲む景色は、目が離せないほどの美しさ。時間や気候、気象条件が揃った時のみ見られる、まさに奇跡の絶景です。

www.kyotoside.jp

なんだか面白いぞ! 福知山市グルメ!!

大名や天皇にも献上されていた!! 大江山 鬼そば屋の「鬼そば」

f:id:kyotoside_writer:20210903152048j:plain

福知山市雲原は150年以上続く鬼そばの発祥の地。手打ち挽きぐるみの十割そばで、極々太であることから「こわい生(き)そば」と呼ばれていました。「こわい」とは方言で「硬い」の意味。それを旅人が鬼伝説とつなげ「生(き)」を「鬼(き)」と勘違いし、「鬼(おに)そば」と呼ばれるようになったそうです。
大名や今上天皇に献上してきた「鬼そば」の伝統を、今も唯一続けられている「雲原大江山 鬼そば屋」の鬼そば。鬼にまつわるスポットと一緒に訪れたい福知山グルメのひとつです!!

www.kyotoside.jp

福知山で人気のB級グルメ! 粉もの屋の「ゴム焼きそば」

f:id:kyotoside_writer:20210903152157j:plain

モチモチとした食感が特徴の「ゴム焼きそば」。そもそも焼きそばなのに「ゴム」ってどういうこと? 疑問が浮かぶ謎のネーミング。その秘密は麺の製造工程にあるそうです。
中華麺をせいろで蒸した後、水洗いをして、さらにもう一度蒸すことで麺が化学変化を起こし茶色に変わり、もっちりと弾力ある麺になるそう。茶色い見た目とモチモチした弾力が「輪ゴム」のようなので「ゴム焼きそば」と命名されたのだとか。
店によって味付けは異なりますが、JR福知山駅北口すぐにある「粉もの屋さん」は幅広い世代に喜ばれるイタリアンテイストが特徴。店自慢のトマトソースを使ったゴム焼きそばはペロリと食べちゃう美味しさです♪

www.kyotoside.jp

コインランドリー×カフェ!? CALIFORNIA LAUNDRY CAFE & CO.の「タマゴサンド」

f:id:kyotoside_writer:20210903152248j:plain

JR福知山駅から歩いて約15分。コインランドリーと西海岸スタイルのカフェが融合した「CALIFORNIA LAUNDRY CAFE & CO.」。インスタ映えしそうなオシャレな空間に設置された、スウェーデン製の洗濯機と乾燥機はとてもハイセンス♡使い方が分からなくても隣のカフェスタッフに聞けるから安心です。
洗濯の待ち時間じゃなくても立ち寄りたくなるカフェは、開放的ある西海岸スタイルでフードメニューも豊富。厚焼きたまごとボンレスハムを挟んだ「タマゴサンド」は、バターを塗ってカリっとしたトーストに、オリジナルの辛子マヨネーズが良い仕事をしている逸品です♡♡♡

www.kyotoside.jp

スケボー×カフェバー!? GF8(GOLDFISH8)の「日替わり」飯

f:id:kyotoside_writer:20210903152345j:plain

ドアを開けると店内にはテーブルと椅子が配されたスペースと大きなスケボープール。JR福知山駅から歩いて約15分ほどにある「GF8」は大人が安心して食事とスケボーを楽しめる居心地の良い空間。現状、スケボーは会員と招待制による利用のみ。そしてこちらでは、出店者さんにカフェスペースを貸し出すスタイルで営業されているため、日替わりで“いろんなお店”のお料理が楽しめます。なかでも「BUTCHER CAMP」のハンバーガーは絶品! 肉の高いクオリティに加え、肉の配合率や、3種のソース開発など試作に試作を重ねてできた逸品です!
※出店者さんや営業時間はGF8の公式インスタグラム(https://www.instagram.com/gf8_okukyoto/)でチェックしてくださいね!

www.kyotoside.jp

サクサク感がクセになる♪ AGE BUNBUNの「揚げパン」

f:id:kyotoside_writer:20210903152529j:plain

福知山市のゆらのガーデン内にある揚げパン専門店「AGE BUNBUN」。揚げパン作りが得意なオーナーがパンを通じて福知山を知ってもらおうと、地元の美味しい食材をメニューに使用。お店の人気No.1は、甘さ控えめのあんこの中にお餅が入った「あん揚げパン」。そしてネーミングから福知山城の石垣を思い出してしまいそうな「石垣ハート揚げパン」は、ナッツのアクセントが効いたチーズケーキ風。使用されている油は限定品種のヘルシーなキャノーラ油なので、揚げパンなのに油っこくなく、サクサク感がクセになりそうです。

www.kyotoside.jp

通称どんプリ! 丼ぶりに見立てたユニークなアン.ドンプリの「どんぶりプリン」

f:id:kyotoside_writer:20210903152657j:plain

直径10センチほどの両手鍋のような器に入ったラーメンや海鮮丼、とろろ蕎麦…。これ全部スイーツです♡ SNSでも話題のユニークな「どんぶりプリン」を作っているのは、スイーツの名店「カタシマ」で26年間腕を磨いたオーナーパティシエの豊谷さんが営む「アン.ドンプリ」。
例えばラーメンのようなどんぶりプリンは、カスタードクリームで作った麺にキャラメル寒天ジュレのスープ。焼豚は生チョコ、海苔はチョコレート、たまごは生クリームとミカンと完璧にスイーツ♡ ユニークかつかわいい「どんぶりプリン」。あなたはどれがお好みですか?

www.kyotoside.jp

お土産にもおすすめ!

完全予約制&テイクアウトのみ! シャルムの「アップルパイ」

f:id:kyotoside_writer:20210903152818j:plain

京都府内では珍しいアップルパイ専門店「アップルパイの店 シャルム」。完全予約制&テイクアウトのみで提供されるシャルムのパイは、アップルパイ、アップルカスタード、アップルおさつ、黒豆、ブルーベリー、おさつ(さつまいも)、あんこ、アプリコットの8種類。なかでも看板商品のアップルパイは長野県産の信州りんごを使用した、飽きのこない美味しさです♡

www.kyotoside.jp

世界を獲ったチョコレート! 洋菓子マウンテンのボンボンショコラ

f:id:kyotoside_writer:20210903152912j:plain

1978年創業の「洋菓子マウンテン×CELLAR DE CHOCOLAT by Naomi Mizuno」のオーナーシェフ・水野直己さんは2007年に開かれた世界一のチョコレート職人を決めるワールドチョコレートマスターズで、アジア初の大会総合優勝を果たした実力者。受賞作品のボンボンショコラ「杏と塩」は、いわば世界を獲ったチョコレート。杏の香りが口いっぱいに広がり、杏ガナッシュの酸味とミルコチョコレートの甘さを感じた後、最も硬いとされる死海の塩がキレよく後味をスッキリさせる。これはまさに至福のチョコレートです!!

www.kyotoside.jp

大江山グリーンロッジの「鬼ぎり弁当」

f:id:kyotoside_writer:20210903152958j:plain

大江山の鬼退治伝説にちなみ「鬼を斬る」で「鬼ぎり弁当」。お弁当のフタを開けた瞬間に覗く、鬼の顔に模された盛り付けに思わず頬が緩んでしまいそう。梅ときゃらぶきのおにぎり2個に鮭塩焼き、鶏照り焼き、ゆで玉子、ちくわ磯辺あげ、たくあん、きゅうり浅漬けなどのお漬物、全5種類。5個以上からの予約制なので、購入希望の場合は受け取り日の4〜5日前のご予約がおすすめです。

www.kyotoside.jp

オーナーの「栗」愛が詰まった足立音衛門の逸品! 「天 銀寄」

f:id:kyotoside_writer:20210903153036j:plain

福知山に本店を構える栗スイーツの名店「足立音衛門」。足立音衛門の代名詞ともいえる「栗のテリーヌ」と名付けられた栗のパウンドケーキは、他の栗のケーキに比べ220g多い420gもの栗をたっぷりと使用しています。なかでも、「天 銀寄」で使用される栗は、丹波農園の最高級大粒丹波栗「銀寄」を使用。パッケージの文字もオーナーの足立さんによる手書きで、最初の一個からシリアル番号が記載されている足立さんの「栗」愛が詰まった逸品!!

www.kyotoside.jp

福知山音頭を表現した素朴な味わい♡千切屋の「踊せんべい」

f:id:kyotoside_writer:20210903153124j:plain

大正9年創業の「千切屋」の看板商品は「踊(おどり)せんべい」。一子相伝で焼かれている踊せんべいは、小麦粉や卵といったシンプルな材料で作られていて、クッキーのような甘味と食感♪ かつて明智光秀が福知山城を築いた折、領民たちが石材や木材を運ぶのに「ドッコイセドッコイセ」と手振り足振り、面白く歌い出したのが始まりとされる「福知山音頭」にちなんだもの。福知山では土産に使われることも多い名菓です。

www.kyotoside.jp

究極のトマトジュース!小林ふぁ~むの「とまとのじゅ~す」

f:id:kyotoside_writer:20210903153214j:plain

食塩・砂糖・添加物や水を一切加えずに、小林ふぁ~むで作られた完熟トマトをそのまま使った、トマト100%のジュース。爽やかなトマトの香りと、ふんわりとした甘味が口の中でひろがります。酸味のバランスもよく、トマト本来の美味しさがダイレクトに伝わってきます。トマト好きはもちろん、苦手な方でも飲みやすいまろやかな口当たりになっています。

www.kyotoside.jp

季節ごとに訪れたいおすすめスポット!

【春】昼と夜の美しさに魅了される京都府緑化センターの桜

f:id:kyotoside_writer:20210903153311j:plain

約56種類114本もの桜が咲きほこる「京都府緑化センター」。夜には約100mのアプローチの両側に並ぶ八重紅しだれ桜がライトアップされ、幻想的な美しさを堪能できます。センター玄関前の築山にある、円山公園の桜を接ぎ木した由緒あるシダレザクラも必見です。

www.kyotoside.jp

【春】京都府天然記念物の才ノ神の藤

f:id:kyotoside_writer:20210903153355j:plain

推定樹齢1200年を誇る府の天然記念物「才ノ神(さいのかみ)の藤」。京都府自然200選にも選ばれている美しい藤棚です。自生したヤマフジが約30メートル四方に渡って艶やかな藤棚が広がり、ふんわりと漂う甘い花の香りにひとときの癒しの時間が楽しめます。

www.kyotoside.jp

【夏】まるで花浄土のようなあじさいが愛でられる丹州観音寺

f:id:kyotoside_writer:20210903153434j:plain

6月になると約100種、1万株もの紫陽花が咲き乱れる「丹州観音寺」。その見事さから別名「あじさい寺」としても知られ、多くの参拝客が訪れます。美しく彩られた花手水をはじめ、仁王門から続く参道や七観音巡りの小径は紫陽花の道へと変わります。

www.kyotoside.jp

【夏】田畑に咲く夜久野町小倉のひまわり畑

f:id:kyotoside_writer:20210903153528j:plain

地元の営農組合の人々が作り始めた夜久野町小倉の「ひまわり畑」。大きい規模ではないですが、田んぼ1枚分(約10a)の畑に約1800本のひまわりがびっしりと植えられています。夏の太陽の下、山や田畑の緑の中で元気に咲くひまわりの姿は、暑さもぶっ飛ばしてくれそうな気持ちにしてくれます。

www.kyotoside.jp

【秋】枯山水との競演が美しい長安寺の紅葉

f:id:kyotoside_writer:20210903153606j:plain

“丹波のもみじ寺”として知られる「長安寺」。広い境内を彩る紅葉は風情があり、心経堂近くにある樹齢約600年に及ぶ「授乳のイチョウ」は必見! また、重森完途作の「薬師三尊四十九灯の庭」では、枯山水と紅葉の競演が楽しめます。

www.kyotoside.jp

【冬】興雲寺に美しく咲く樹齢400年のツバキ

f:id:kyotoside_writer:20210903153647j:plain

約150種200本の植栽されたツバキが咲く「興雲寺」。一重、八重、唐子咲、牡丹咲、獅子咲等と多彩な品種を楽しむことができます。なかでも同寺の固有種である一重の筒咲きツバキ「興雲寺」は必見。樹齢400年の境内一の古株で、桃紅色に咲く美しい花は見る者の心を魅了します。

www.kyotoside.jp

【冬】雪を纏う冬の福知山城

f:id:kyotoside_writer:20210903153727j:plain

小高い丘の上に立つ風格漂う「福知山城」。明智光秀が丹波の拠点として築いたのが始まりですが、現在のお城は昭和61年に再建されたもの。美しい天守閣をもつ福知山城ですが、冬の雪を纏った姿はさらに格別。静寂の中に“キリッ”とした美しさを感じさせてくれます。

www.kyotoside.jp

編集部おすすめの福知山コース

明智光秀ゆかりの福知山を巡る

f:id:kyotoside_writer:20210903153930j:plain

福知山といえば明智光秀は外せません。福知山城をはじめ、城下町や光秀にちなんだスイーツなど、明智光秀を巡るおすすめコースをご紹介。出発前にまずは観光案内所へ! 手荷物を預かってくれるだけでなくレンタサイクル(普通・電動)も利用することができます。街中には昭和のモダンなビルが残っているので、秀吉スポットと共にのんびりと街並みも楽しんでくださいね。

www.kyotoside.jp

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

Copyright © KYOTO SIDE. All Rights Reserved

PICK

いいね!してkyotosideの更新情報を受け取ろう!